com-position aujourd'hui 200303

3 mars 2020, mardi

 

新型コロナウィルス感染症がひろがるなか、東九条のハトバカフェで、次年度の総合基礎実技の課題の打ち合わせ。

「耳」という面白いテーマがやっと浮上した。

 

本日のコン・ポジション。

本日のコンポジション

#大阪市西区江之子島 

 

黄色の線の残り方がいい。

 

 

 

l'angle de la lumière

1 mars 2020, dimanche

 

3月になった。

今年は暖冬で、庭の梅の開花がいつもより半月ほど早い。

梅

2月18日。

梅

3月2日。

 

この暖冬は気候変動と無縁とは思えない。

南極の氷が溶け、太平洋の海水温も上がる。

今年の夏〜秋も日本は巨大台風に襲われるのだろうか。

 

季節の変化は太陽光の角度も変える。

窓から差しこんだ光が梁に当たって反射し、照明がないのに照明具が灯っているように見える。

光

こんな何気ない現象に、地上に生きていることを何だか奇跡のように感じる。

 

-----

造形の根本モチーフとして、「屋根」を発見したとき(2013年)、そもそもぼくはその傾きに、「角度」に魅かれたのではなかったか。

「屋根は傾いていなければならない」という自明の理を個展のDMに書き込んだが、それは屋根の傾きに水と重力を持つ惑星上の存在の原理を直感したからだ。

ここに光を加えると、角度が一切を貫く原理であると気づく。

それは、存在の根源的いやむしろ形而上学的な「逸れ」ないし「偏向」につながっている気がする。

この宇宙は「逸れ」とともに出現したのだ。

いいかえると、エピクロスのいうクリナーメン(偶然の偏向)が、この宇宙を物質的なものとして存在させる契機になったのだ。

物質以前に素粒子レベルのクリナーメンが生起したのだろう。

物理学者でも哲学者でもないので、この辺りを論述する気は毛頭ないが。

(3月3日)

 

---

不思議な偶然。

深夜に上のように記した翌朝の朝日新聞(2020年3月4日)に、素粒子物理の村山斉さんが次のように書いていた。

「宇宙が誕生して1兆分の1秒のさらに1兆分の1の時、もう一つ相転移があったと私は考えている。この時にニュートリノの重さが生まれ、物質と反物質のわずかなずれを作り、私たちを完全消滅から救ったのだ。この相転移は急速だったので、ひびが生じた。これを宇宙ひもという。大きなエネルギーが原子よりも細いチューブに詰まって長く伸びている。いわば「宇宙のひび割れ」だ。」

 

メルロ=ポンティも感覚の哲学をつきつめたあげく、écart(ずれ)のことを語っていた。

物理学の未解決問題は、ニュートリノに質量を与える仕組みらしい。

ぼくはスピンだと思う。回転は「角度」の問題。

感覚と宇宙、哲学と素粒子物理学が究極的に交わるのも「ずれ」、すなわち角度の発生においてだ。

 

春3月、光なく光る場所を見上げて、存在の始原を夢想する。

 

 

nettoyage du canal Takasegawa vol.28

26 février 2020, mardi

 

夜、春の崇仁テラス設置と川掃除のフライヤーを出稿する。

上に崇仁地区の古写真、下に高瀬川の大島桜とテラスをあしらうのは、去年のフライヤーと同じだ。

川掃除という同じことを繰り返しているので、フライヤーもフォーマットは変えずに毎回中身を少しずつ変えるやり方をとっている。

テラスが作品でないのと同様、このフライヤーもデザイン作品ではない。

とはいえ、いろんな要望を受けるので、レイアウトの定着に時間がかかる。

 

今回は、崇仁小学校に入れる最後の月なので、新しい団地に引っ越してこられた地元の人たちを中心に配ろうと思う。

部数を350部にした。

 

高瀬川保勝会チラシ

 

高瀬川保勝会チラシ

 

だれかポスティングを手伝ってほしいものだ。

崇仁高瀬川保勝会は人手不足・情宣不足だ。

ぼくはいつもそういうものにまきこまれ、下働きデザインをしている。

 

com-position aujourd'hui 200225

25 février 2020, mardi

 

本日のコン・ポジション

本日のコンポジション

#質問用紙のウラに落描き

 

com-position aujourd'hui 200223

23 février 2020, dimanche

 

本日のコン・ポジション

淡路駅のカルカヤ

淡路駅のカルカヤ

#江之子島の雑草(大阪市西区江之子島2丁目1)

 

阿波座駅7番出口を出たところの阪神高速の橋脚の根元に、立ち枯れた雑草のかなり大きな株がひとつ。

金網で人が近づけなくなっているので、刈り取られずにすんでいる。

com(共に)position(位置する)にふさわしい光景にちょっとうれしくなる。

 

雑草はメリケンカルカヤと思われる。

メリケンカルカヤは、北アメリカから外来したイネ科の多年草。

茎が地際で枝分かれしてして株になり、高さ50〜100cmの大株となる。9月〜10月頃、茎全体に穂をつけ、種子はわずかな風で広範囲に散布される。根が地中にしっかりと生えるためなかなか手では抜くことができず、対処が難しい雑草だそうだ。

何よりの特徴は、こんなふうに立ち枯れしたまま春までみにくく残り、また新しい茎を出すことだ。根元をよく見ると、すでに緑の葉が出始めている。

 

Google mapで2016年秋に撮られたストリートビューに元気な姿が写っている。

金網が設けられたときから根付いたのだろう。

立入禁止区域は都市に自然が入り込む<孔>なのだ。

だがその自然も野生の自然ではなく、人間が生み出すグローバルフローによってかき乱された自然だ。

メリケンカルカヤは「要注意外来生物」と指定されている。

阿波座駅のカルカヤ

Google mapのストリートビュー(2016年10月)から