Faire les "Noren" du bains publics de la ville de Kyoto

27 août 2019, mardi

 

カードは印刷予算が3万円しかないというので、上質180gを使う。

2日納品コースであげて昨日届いた。

色合いや印刷具合は沈みぎみだが、そんなに悪くない。比較するものがないからだれも粗印刷とわからないだろう。

「紙はいいものを使わないといけない」というVD専攻の某教授の声が聞こえるが無視。

 

本日は出国前日、内のれんと外のれんをしあげる。
支給されたラパンという目の粗い布に直接描く。

素人さんゆえ布選びがまちがっているが、染めたりする時間ないので無視。

まちがった布の上にアクリル絵具で直接ドローイング。

のれん

のれん

のれん

のれん

数年前から手がけている「2と5」のシリーズ。

5つの円のみで画面を構成する。布の風合いを活かすようにして。

 

余った絵具で紙に描いたら、どんどん悪くないドローイングができる。

5 circles というドローイング集をつくりたい。

そんなことを考えている自分は本来の自分に近づいている。

この描くことの身体的な実感は、芸術を取り巻く時代の閉塞感に抵抗しうるか。

 

のれん

外のれん。

こちらは奈良時代の「古地図」から抽出した線のモンタージュ。

ところどころ具象的なモチーフをまぎれこませる。まとめようとせず、分裂生成するドローイング。

 

これらののれんをかける京都市立楽只(らくし)浴場(千本北大路)は、今回のれんを頼まれたほかの市営浴場とともに、生活環境を改善しようと同和地区に設けられた。その管理は委託業者にまかされていて、その業者の一つから制作を頼まれたのだ。

 

だがこの楽只浴場は9月いっぱいで閉鎖になる。だからのれんも1ヶ月の命。この仮設感はぼくらしい。

頼まれた中のひとつの崇仁第3浴場も来年3月末で閉鎖される。

崇仁の市営団地が京芸移転のために取り壊されるからだ。

京都新聞が取材したいと言ってきている。担当は毛利愛実子だから、うまくこなすだろう。

 

ぼくは明日はもうマレーシア。

例によってまた旅の準備ができていない。。。

 

petits dessins

22 août 2019, jeudi

 

崇仁の共同浴場など、京都の市営浴場を管理している都総合管理株式会社というところから、

京都芸大の学生さんといっしょに、6つの浴場ののれんとポストカードをつくってほしいと頼まれた。

7月に打診があり、9月に締切り。むちゃくちゃなスケジュールだ。

アートで浴場を飾り、地域活性化につなげたいという。

どこかで聞いたようなセリフだが、材料代や多少の謝礼はもつというし、

いつも社員が崇仁高瀬川保勝会の川掃除に参加してくれているので、しぶしぶ承諾した。

のれんの方は、東九条のBooks+Cafe SOLの2階の改装を一緒にやってる大学院修了生たちが引き受けてくれた。

ぼくはポストカード(何に使うのかわからない)と、9月いっぱいで閉じるという薬只浴場ののれんを担当。

 

久しぶりに絵をたくさん描いた。絵を描くときは、デザインや立体制作とは異なる脳の部分を使う。

昔、petits dessins とか petits collages とか称して、毎日何か描いていた。

本来の自分を取り戻せる・・・か?

petits dessins

 

petits dessins

パリ時代にたくさんつくったコラージュ+ドローイングから、浴場(の構成要素)にかかわりそうなものを。

 

petits dessins

水のゆくえ。

 

petits dessins

 

petits dessins

 

petits dessins

自分らしいpetites dessins.

petits dessins

 

petits dessins

 

petits dessins

maison-arche(家=箱船)のモチーフから。

 

一度、建築的な大きさでつくったことがある。

そうか、同じくらい好きな絵画と建築を行き来するには、同じモチーフを展開すればいいのか、と描いていて気付く。

屋根、水、河原、不安定な大地、どれも「アンチ土地」なのだ。

petits dessins

 

同じモチーフのものを何点か描いたら、また別のモチーフへ。

このモチーフからモチーフへの展開の部分にまだ首尾一貫性がない。

「屋根」と「水のゆくえ」がテーマなのだが、納得できていない。

ほかのことは気にせず、ず〜と絵を描いていたいのだが、ほかのことが気になるのが、自分の「掟の門」(同僚の若手哲学者・永守伸年さんが教えてくれたカフカの短編)なのかもしれない。

 

これからのれん制作。

 

Au revoir l'Ecole primaire Suujin

21 août 2019, mercredi

 

柳原銀行記念資料館から頼まれた秋の特別展「さよなら崇仁小学校」のチラシとポスター2種のデザイン、東北から帰宅後に取り掛かる。

 

デザインは、今回の展覧会のメイン出品物である音声レコードの盤面の五線譜の5本線を発展させて、構成した。

競技トラック、レコード盤の動き・・・

苦労したのは、昭和7年の運動会の記録映像から子供たちの運動する姿を抽出し、切り出すこと。

ほかにもいっぱい切り出したが、使ったのはとりあえずこれだけ。

 

それにしても1932(昭和7)年、この年の前後、崇仁小学校に何かが起こっていた。

伊東茂光校長の働きによるのか。差別を跳ね返すべく、とても高い教育レベルだったらしい。

資料館スタッフの奥山典子さんに教えてもらった当時の動きをもとに、チラシのウラ面にエピソード欄を勝手に作った。

人見絹枝が死の前年にコーチに来ていたとは。

 

土壇場でのタイトルの大きな変更(「崇仁小学校」→「崇仁校」)が入りかけたが、拒否できてよかった。

 

 

 

 

伊東茂光校長時代のエピソードを書いておこう。

---

1930(昭和5)年 崇仁小学校が,大阪毎日新聞運動部に所属していた人見絹枝からコーチを受ける。

1931(昭和6)年 崇仁校本館落成式。記念に大公孫樹を植え,校歌「我等の歌」をつくる。

1932(昭和7)年 「静室」を作り,静座して伊東校長の講話を聴いた。10月,全日本女子オリンピック大会学童の部400mリレーで優勝。差別に負けないために始めた陸上競技の最初の到達点。

以後,この大会が終わる1934(昭和9)年まで毎年日本一を達成。地元の熱心な応援もあり,崇仁小学校大運動会も開催される。

---

 

・ ・ ・

崇仁高瀬川保勝会の川掃除チラシも同時進行でデザイン。深夜に出稿。

 

崇仁高瀬川保勝会チラシ

 

崇仁高瀬川保勝会チラシ

 

藤尾まさよさんが原稿を書いてくれたので、取材などいかなくて済んだ。

 

toit déchiré

20 août 2019, mardi

 

近年、異常気象で雨の降り方が半端ない。

つちのいえが心配になって見に行く。

土浮庵の竹屋根はまたしても無事だった。

だが、母屋のつちのいえのカンヴァス屋根の部分が大きく破れていた。

つちのいえ

カンヴァス布にろう引きして仕立てた屋根だが、もうぼろぼろだ。

後期に取り換えねばなるまい。

 

つちのいえ

土壁は雨水に弱い。

雨が滴り落ちるだけで、固く締まった表面もえぐれる。

 

あらためて「屋根」の根源的な庇護性を思う。

一生のテーマだ。

 

Ramasser des images_4

12 août 2019, lundi

 

大島魚協文庫

気仙沼湾に浮かぶ大島に「大島漁協文庫」がある。

明治期からの気仙沼の漁業の資料を漁協で保管していたが、3.11の震災で被災した。

それらの資料を神奈川大学常民文化研究所が修復し、収蔵施設を同大学建築科の重村力研究室が設計した。

管理をされている大島小学校元校長の菊田栄四郎先生に中を見せていただいた。

 

大島は、2011年8月3日に訪れたことがある。Maison-ArcheをVoice Gallery に設置していたときだった。

亀山から港まで、焼けたロープウェイ跡をたどって降りた。

自動車が逆立ちしていた民家で地元のおじいさんの片づけを手伝ったことがある。

かつて大島に滞在した高村光太郎は、この地に理想郷をつくろうとしたという。

何か不思議な縁を感じる島だ。

 

気仙沼 鶴亀湯

今年7月26日、3.11震災による荒涼たる空き地が広がる気仙沼港魚市場前に、トレーラーハウスによる鶴亀湯・鶴亀食堂がオープンした。クラウド・ファウンディングで応援していたので、行ってみる。

ウッドデッキでいくつかの店をつないでいる。店はどれもトレーラーハウス。全体でみねしお横丁というらしい。

みねしお横丁

トレーラーハウスを搬入する様子。今年6月。(鶴亀湯のTwitterから)

 

気仙沼 鶴亀湯

陸(おか)に帰ってきた漁師向けなので男湯の方が圧倒的に大きい。隣接して、鶴亀食堂がある。

のれんを見ると、頼まれている京都市営浴場ののれんづくりの件を思い出す。

気仙沼 鶴亀湯

トレーラーハウスを改装した鶴亀湯のなか。

大きな神棚の下に掛かるのは油絵(カンヴァス)。

気仙沼 鶴亀湯

トレーラーハウスのサイズは基本2.5m x 11m。

 

くるみ

クルミの木というのをはじめて見た。

くるみ

乾燥すると、クルミの実らしくなる。例の堅い殻はさらに一皮むけた内側にある。

世界はまだまだ知らないことだらけだ。