ARTATA repérage_1

30 octobre 2016

 

schedule_Tata

 

今回の南モロッコ行きは、アトラス山脈を越えたところにあるタタという町とその周辺で来年に開催される予定の"ARTATA"という国際展のための準備事業にあたる。

モロッコのRabat出身の景観デザイナーで科学ジャーナリストのCatherine Tastemainさんが企画し、僕を含む6人の作家に参加を呼びかけた。

テーマは「風景と対話する芸術」----"Les Premières Rencontres Internationales Art-Action et Paysages de la province de Tata"

モロッコ人2人はともかく、ドイツ、フランス、イタリア、日本からの参加者にはまったく未知の土地なので、現地の風景の体験とと、地域の人々や職人との交流を通して可能性を探るというもの。

企画書は送られてきたが、ホームページもなく、雲をつかむような感じもあったが、旅費や滞在費を負担してくれるというので、思いきって行くことにした。アフリカの魅力に抗うことはできない。

日程は一番遠い日本から来る僕に合わせて調整してくれた。

 

 

真夜中にすべりこんだAgadirのHotel Oasisは、海岸の見える場所にあった。

Agadirはヨーロッパからの観光客が多いリゾート都市で、どことなくニースを思わせる。 

朝10時にホテルのフロントから電話があり、Catherineさんがホテルに迎えに来てくれたことを知る。

彼女らが宿泊している近くのHotel Igoudarに移動。

フランスから来たMara Fortunatović、ドイツから来たIlka Meyerの2人の女性アーティスト、それにパリから来たもう一人のCatherine Vincentさん(ジャーナリスト)を紹介される。

フランス語での挨拶はひさしぶり。耳がついていけるだろうか。

 

ホテルから少し歩いたBoulevard Hassan II沿いの丸い噴水のある広場に面してLa Fontaineというカフェがあり、みなでそこで朝食。

横にはなんとTour de Babelというカフェもある。南モロッコが「新シク開イタ地」展とつながっているではないか。

Agadir

 

Agadir

 

昨日の飛行機のキャンセルで、遅れてイタリアから到着した建築家/都市計画者のRoberto Zancanを空港まで迎えに行き、Tataに向けて出発する。

あと二人のモロッコ人アーティスト、M'Barek BouhchichiとAmina AgueznayはTataで合流することになっている。

ミニバスを運転するのは、Tataに住むLarbiというアラブ人のベテランドライバー。

ルートは国道10号線でAgadirからTaroudantへ、そこから109号線でアンティ・アトラス山脈を越えてTataへ。

総距離280キロほどと聞いた。

 

 

観光都市Agadirも、郊外に出れば、アフリカの都市開発を象徴するような、空漠たる土地と建物群のコントラストが目を引く。

 

 

 

山地に近づくと、たちまち見たことのないダイナミックな風景が広がる。

 

アトラス山脈は大陸衝突でできた造山山脈で、ジュラ紀の地層が圧縮されて激しく褶曲している。

褶曲線がそのまま露出し、山のシルエットを横断して、何層もうねる線が視野を囲む。

 

Taroudantは、Agadir から東へ約80km、北と東はHaut-Atlas山脈、南はAnti-Atlasに挟まれ、城壁に囲まれている。

マラケシュを小さくしたような感じの町だ。

 

Rampart de Taroudant

城壁は外側はきれいに修復されているが、内側は古く傷んだまま。

金網で近づかないようにされているが、金網の内側はゴミがいっぱい。

 

vers Tata

ランチを食べた国道沿いのレストランの前で。

 

Taroudantを出て、109号線に入ると、いよいよ南モロッコらしい赤い半砂漠の風景が広がる。

R109 de Tata

 

R109 de Tata

 

route 109 à Tata

 

route 109 à Tata

 

サバンナ・アカシアAcacia raddianaの木に山羊 Chèvre がなっていた。

 

 

à R109 de Tata, Maroc

 

à R109 de Tata, Maroc

Acacia raddiana。こんなトゲだらけの木にのぼって若葉をむさぼり食う山羊。

いや彼らが食っているのはトゲの方? とにかく有蹄類では山羊が一番好きだ。

 

vers Tata

 

タタへの道、109号線沿いの風景。大地の運動がそのままむき出しになっている。

 

 

 

夕暮れどき、涸れて水がなくなった川に沿って走る。

こうした川跡もしくは雨期にしか水が流れない川を、"oued(ウェド)"という。

半砂漠の北アフリカ特有の地理現象で、アラビア語に由来する。

この後、何度もウェドに出くわすことになる。

 

----

Tataに着いたときは、もう日が暮れていた。

泊まった宿は、Hotel Relais des sables

空港で入国カードに係員がモロッコでの滞在地として適当に書いてくれたのと同じホテルだった。

 

http://relaisdessables.com
Avenue des F.A.R., 12 P30, Tata, Maroc
+212 5288-02301

 

 

 

南モロッコへ au sud Maroc

29 oct 2016

(はじめてスマホで投稿)

もっかパリのシャルルドゴール空港でカサブランカ行きの飛行機待ち。
手荷物チェックにお茶を持って入れないので、手前の椅子で休憩。
空港内は、パーティションで通路を区切って移動を制限している。

昨日は準備でほとんど徹夜だったので、頭がぼうっとしている。

飛行機内で見た映画、フランス人の中年男が言葉の通じない異国のアルメニアの田舎の村で救世主に間違われる話が面白かった。

ヨーロッパでもどこでも田舎は面白い。
これから行くモロッコのタタはどうだろうか?

 

(スマホはここまで)

 

---------

KIX 11:00 (AF 291)- 16:15 Paris CDG 19:00- (AF 1496) -21:05 Casablanca 

 

Casablanca 空港について飛行機の出口で渡されたのは、Royal Air MarocのAT417の乗り継ぎ券。

予約したAT421便がない! どうなっているのか? 

2時間も早くAgadirに着いてしまった。

誰もいなくなったAgadir空港のカフェで、ネット接続にも難儀する。

 

いくら待っても迎えが来ず、空港の外で夜を明かすのはいやなので、唯一残っていたタクシーでアガディールの町中へ。

だがアガディールについて、事前の情報入手はゼロに等しい。

新空港らしく町から30kmも離れている。運転手は悪くないが、250DHもかかる。

幸い教えてもらったホテル Hotel Oasis(ワジスと発音)が空いてた。

 

パリからカサブランカへの夜間飛行

パリからカサブランカへの夜間飛行

 

カサブランカ空港で

カサブランカ空港の夜間乗り継ぎの手荷物検査はたった一人で担当していて、通るのにすごく時間がかかる。

 

カサブランカ空港で

カサブランカ空港の待ち合いロビー。

 

カサブランカ空港で

なんと予定の飛行機がない。。。

 

カサブランカ空港で

カサブランカ空港でアガディール行きに乗り継ぐ。

飛行機のなかで名前を呼ばれたので、何かと思ったら、出口でひとつ早い便の切符を渡される。

 

アガディール空港

アガディール空港に着いたのは真夜中。迎えはだれもいない。

予定便の到着を待ったが、やはり誰も来ない。

警備員に一番近い町中のホテルを聞き、一台だけ残っていたタクシーで町に向かった。

 

Hotel Oasis

Boulevard Mohammed 5, Agadir 80000, Morocco

400DH(朝食付き)

 

それにしても、どんな異国の町でトラブルにあっても平然としている自分の性格にあきれる。

 

 

 

 

 

 

山桜狂い咲き fleurs de cerisier en automne

2016/10/17(lun)

 

庭の山桜が先週木曜あたりから狂い咲きしている。

 

 

南モロッコで使うため、Zuikoのコンパクトな望遠レンズ ED14-150mmF4.0-5.6 II を購入。ためしに撮影。

 

--------

広告が増えてきたexciteのブログから脱出をはかる。

JUGEMブログのテンプレートを編集して、広告(recommend)を削除できた。

ヘッダーのサイズや色の変更とかにとまどったが、なんとか成功。

千歳茶(#494a41)と岩井茶(#6b6f59)。

htmlとcssを勉強しておいてよかった。
 

記事の編集、日付の指定、画像表示やリンクなど、いくつか練習。

画像は巾を自動的に抑えるそうなので、巾960pxの画像をアップしてみる。

MacBookAirには大きすぎるが、編集画面でドラッグで縮小できた。

ブログは備忘録として重用しているので、早くマスターしなければ。

 

端をそろえる Aligner la fin

2016/10/8(sat)

 

 

 

漂流するアクアカフェ drift@KCUA-Cafe

2016/10/5 (wed)

 

2014年度から関わっている「漂流するアクアカフェ」は、京都芸大の移転に先立ってアートスクールのあり方を考える集いだが、今回は、森村泰昌さんの提案で、大学移転そのものをゼロから考え直すものになった。

 

台風接近のために、屋外にテラスを仮設するという楽しいことはできなかった。

代わって、大学会館のサロンにブルーシートを敷き詰め、小山田徹さんからでかい木製テーブルをお借りして、工事中的な空間をしつらえた。

学生時代に自治会で活発な活動をしていた松井利夫さんを特別ゲストに迎え、鷲田清一学長にも飛び入り参加していただいた。

 

「そもそもなんで大学移転なん?」

 

森村さんの思慮と、松井さんの毒舌が冴える。

 

僕も学生時代は学校なんか行かなかったと言いたかったが、現役学生の手前、それはがまん。

「学校」や「大学」への根強い不信を秘めたこんな教員がいてもいいのだろうか。