construction une baraque pour remiser les matériaux de la Terrasse_1

17 mai 2020, dimanche

 

遠隔授業が始まって、猛烈に忙しい。自分のふだんの授業に加えて、総合基礎があるからだ。

だが、《崇仁テラス》の撤去まであと半月なので、資材置き場をつくっておかねばならない。

 

11時半、崇仁着。

崇仁テラス

久しぶりに《崇仁テラス》に行ってみる。初夏らしく草が茂ってきている。美しい。

崇仁テラス

大島桜にはサクランボがたくさんできている。

 

崇仁小学校の体育館周りに置いてある木材を共同浴場奥の敷地までピストンで運ぶ。

木材といっても製材したものではなく、高瀬川の岸辺から切り出した樹木だ。

車に載らないから担ぐ。

移動距離は200mくらいだが、去年9月にマレーシアのオラン・アスリの森で、切り出した7mもの重い木材を担いで、広いプランテーションを通り抜けたことを思い出す。

 

資材置き場

材木を買うのがいやなので、辺りに生えている木でまっすぐなのを探して切り倒すが、そのときのぼくの目つきは、きっとぼくらを案内してくれたオラン・アスリの棟梁アトさんが森の中で木を探すときの目つきと同じだろう。

まっすぐなのがなかなかないなと思って、現場に来てみると、結構ある。

ふと世界のすべてが材料に見えてくる。

 

アトさんは、プランテーション化のために住んでいた森を追い出されるまでは、とても豊かで平和な環境だったと言っていた。

遠くに買いに行かずとも、必要なものが身の回りですぐ手に入ったと。

きっと森の木や生き物たちと仲良く共生していたのだろう。

そんなとき、生きる環境そのものが資源の宝庫に見えるのだ。

「資源」の語を辞書で引くと、「人間が利用できるもの」という定義に出会うが、まちがいだ。

「人間を共に生かしてくれるもの」を「資源」というのだ。

 

ブランクーシが船でニューヨークに近づいたとき、摩天楼がみな材料に見え、自分のアトリエにも同じものがいっぱいあると言った。

ここでの「世界の材料化」は、自然資源を収奪し尽くす大企業のそれとは正反対だ。

大地の上で大地とともに生きるホモ・ファベルにとっての「世界の現われ方」をいうのだ。

そこには生かされていることの幸福がある。

 

ダ・ヴィンチは自らを「経験の弟子」と称した。

たしかに人が書いた本を読まずとも、手を使っての制作経験から無限にさまざまなことを学べる。

経験から学ぶときは、一人であることが大事だ。人がおらずとも、木や道具、川や風など、話し相手は制作現場に無数にいる。

一人で水面をのぞき込みデッサンするダ・ヴィンチを想うこと。

 

資材置き場

切り出した樹木を垂直に自立させるために、久しぶりに幹のチーズ切り。

 

資材置き場

まっすぐ立った。

このわざは、一人きりで樹木を使って建築的構造物を建てるときに必要で、《Maison-Arche》で開発した。

開発したといっても、だれもこんな作り方はしないだろうから、まったくの個人方言だが。

 

資材置き場

巾420cm、奥行120cm、高さ190〜180cm。番線と針金を使って、とりあえず骨組を立ち上げる。

 

資材置き場

4mの足場板を納めるのに、桁に使える木の長さが少し足りなかったので、木を差し込んで物置の壁に当てる工夫をする。

まだ番線でとめていないのに、結構がっしりした。

一週間後に来たら、倒れていたりするかもしれない。

 

資材置き場

以前は廃品置き場になっていたが、すまいまちづくり課の人が片づけてくれたという。

作業用テーブルとベンチを持ち込むと、何やら居心地のいいスペースになった。

 

Bairei Kouno et Lévi-Strauss

12 mai 2020, mardi

 

コロナ禍で大学に来れない新入生たち135人に、「総基礎パック」と称して、課題関連の道具や材料を郵送する。

それで作らないといけないと勘違いさせてはいけないので、一緒に同封する付録をA5二つ折りでつくった。

幸野楳嶺、京芸の前身・京都府画学校設立の立役者と、クロード・レヴィ=ストロースを小さい紙面に同居させる。

こういう小さな楽しみごとができるから、デザインはやめられない。

 

総基礎パック

総基礎パック

総基礎パック

10時すぎ、洛西郵便局に運び込む。大矢一成先生と3歳の娘さんが手伝ってくれたおかげで、運送が一回で済んだ。

 

déménagement de l'abri_2

9 mai 2020, samedi

 

昨日は総合基礎のガイダンスを1時間ほど行った。

Google Classroomのビデオ会議システム Meet を使って、比較的スムーズにいったように思ったが、スマホしか持たず、WiFi環境も満足でない学生が何人かいることが判明。

授業は一番弱い立場の学生に合わせてやらなければ格差を生む。

オンライン授業の前提は学生がWiFi環境を持っていることだが、それに障害がある以上、遠隔授業を簡単に行うわけにいかない。

いろいろ手を打たないといけないが、崇仁高瀬川保勝会の掃除用具・テラス資材置き場の移設も今月中に片づけないといけない。

 

よって本日も物置の移設作業の続き。この日じゅうに組み立てを終わるつもりで取り掛かった。

小屋の位置は6日に決めたが、後ろの木が屋根をつけるときにじゃまになることに気づく。

小屋を動かすより、木を切ることを選んだ。

物置移設

物置移設

気づかれませんように。

物置移設

切った木は資材置き場の柱に活用するつもり。

物置移設

組み立て図は新しい製品のものしかないので、分解したときの記憶を頼りに、まず柱を立て、次に上枠の前後をわたす。

物置移設

プレファブはビス孔がそろわないといけないが、古いので鋼板がゆがんで孔がなかなかそろわない。

特に左前の柱の下がやっかいで、何本もビスのねじをつぶす。

構造がしっかりしていたらビスの2〜3本はうまくとまってなくてもいいか、と、どんどん進める。

 

途中、ヤン・ソルさんと造形大の女子学生らが見にやってくる。

誰にも知らせてないのに、なんで作業してるのがわかったのかな??

 

屋根板の載せ方・組み合わせ方もわかり、壁板も三面にとりつけたところで、重大な過ちに気づく。

物置移設

上枠の前側の付け方がまちがっている。

最初につけたところなので、やり直すには屋根板をはずして、柱だけの状態に戻さないといけない。

へこむ。

 

・ ・ ・

5月10日、前日のリベンジ。

 

いったんつけた屋根板を全部はずし、壁板や上枠左右もはずす。

物置移設

上枠前をひっくり返す。

物置移設

はずした屋根板を再びとりつける。

物置移設

午後4時前、やっと完成。番号キーをなくしたようだ。

物置移設

物置から敷地の端のフェンスまで約9m。4mの足場板が目安。ここに今月中に《崇仁テラス》の資材置き場をつくる。

 

高瀬川保勝会の単なる「掃除用具+資材置き場」だが、いい場所になりそうだ。

この新幹線の高架が通ったのが1964年。

それまでこの地には小家屋が密集していた。地名は東七条屋形町

東京オリンピック〜新幹線のために撤去されて、空き地になった。

一時期、アパートが建っていたが、それも二年ほどまえに撤去された。

"Terrain vague (あいまいな土地)"というフランス語にこれほどふさわしい場所はない。

 

déménagement de l'abri

6 mai 2020, mercredi

 

5月4日(月)、物置の分解を続ける。

鋼板製物置は、イナバ、ヨド、タクボの3大メーカーがシェア80%を占めるという。

いずれも戦後急成長した。3社の物置を比較するサイトはたくさんあるが、これはヨドの物置。

ガリバリウム鋼板と上吊り式扉が特徴だそうだ。

いずれにせよ、手づくり派の自分には無縁の工業製品。

古いので、ダウンロードした現行の組み立て図面とちがう。

注意深く覚えながら分解しないと、組み立てに難儀しそうだ。

ヨド物置分解

前回、はずれなかった柱と上枠右の接合部分。鋼板に強度を持たせるため、複雑な曲げ方をしている。

開発者の声が聞こえそうだ。

ヨド物置分解

上枠のツメを柱の切欠きに引っかけて留める。鋼板ならではの留め方だ。

去年9月にマレーシアの先住民オラン・アスリの棟梁に教えてもらった縄(ラタン)での柱・梁の固定法からはるかに遠い。

なんでこんなことに工夫するのか。別の時間の使い方はないのか。丸太と番線(あるいは縄)でいいではないかと思う。

ヨド物置分解

屋根をはずしにかかる。

物置分解

上枠左右をやっとはずす。

物置分解

上枠前後もはずす。

柱はビス2本でとまっている。

物置分解

次は床板をはずす。

物置分解

床板の組み合わせ。曲げてはめ込む。薄い鋼板の曲げ強化の仕方も興味深い。

物置分解

下枠は分解せずに手で運ぼうと思う。

工業製品の鋼板だけでできたプレファブ物置の横に、自然木と番線で資材置き場をつくるという計画。まだ半ば。

 

5月6日(水)

 

5月5日は雨模様だったので、一日置いて、部材を車で移設地に運ぼうと思う。

物置移設

片づけ完了。しばし空白のヴォリュームを味わう。

物置分解

部材はホンダ・スパイクに満載して2回搬送。物置移設

元崇仁小学校と移設先の崇仁第2共同浴場は、JRを挟んで隣り合う。

浴場の敷地の奥には、崇仁小学校の中を横切った高瀬川の流れがそのまま続く。

さっそく下枠を仮置きしてみる。

物置移設

川沿いの鉄柵から8mくらいの位置。ブロックを置いて、水平を出す。

物置移設

上を新幹線が通り、JR奈良線と東海道線、高瀬川に挟まれた隙間のような土地。

なんとも不思議な空白の場所だ。

物置移設

雨が降ってきたので、この日は位置を決めて、屋根材をかぶせて終わる。

 

 

toit incertain

4 mai 2020, lundi

 

toit incertain

toit incertain

《toit incertain ふたしかな屋根》2013 前と後ろから