tigre - harimau

29 septembre 2019, dimanche

 

昼すぎ、Books+Cafe Sol の改装現場に行くと、中川君が一人で作業していたので、予定を変えて1時間ほど手伝う。

10月には完成するか。

 

午後2時すぎ、電気蜻蛉の林ケイタさんのコーディネイトで、報恩寺(上京区小川町寺之内)を見学する。

8月末からのマレーシア遠征のため、三嶽伊紗さん、今村源さん、日下部一司さんらに1ヶ月遅れたことになる。

入口に自分のあずかり知らないポスターがあってびっくりする。

報恩寺

 

見上げれば野太い木造軸組がすごい。

報恩寺

ご住職じきじきに懇切丁寧に案内いただく。

報恩寺

中庭に大きな鯉の池がある。サギが鯉をおそうので、網をかけたという。

報恩寺

本堂の前に枯山水の庭がある。樹木で幸い見えないが、すぐ西側を走る堀川通の車の音が聞こえる。

門の向こうにまっすぐ旧参道があり、上立売通にでる。


知らなかったが、報恩寺は『鳴虎図』なるもので有名。

中国請来品で、明の画院にいた陶佾(とういつ)が描いたという。後柏原天皇(在位1500-1526)から賜った品で、立体感のあるリアルな描写を気に入った秀吉が寺から借り出して聚楽第に飾ったところ、夜に虎が鳴いたので、すぐに寺に返却したという。

秀吉と縁が深かった寺らしく、複製の鳴虎図の前に信長像と秀吉像の掛軸がある。

所蔵の厨子入りの千体地蔵、大黒天、阿弥陀三尊などはいずれも重文。

平安後期の古い梵鐘が隣接する墓地にあり、これも重文。なので大晦日しか鳴らせない。

東門の前に川なしの石橋があり、川跡は小川通の名の由来となった小川のものという。

さらに黒田長政が死んだ客殿寝所もあり、辞世の句が示してあった。

 「このほどは浮世の旅にまよひきて いまこそかへれあんらくの空」

 

虎、梵鐘、小川跡。いずれも生あらば音が聞こえるはず。

 

不思議な縁を感じるのは、マレーシアでの虎体験だ。

虎がいるといわれたジャングルで実際に出くわしたわけではないが、虎はマレー語で"harimau ハリマオ"という。

それで『怪傑ハリマオ』の歌をうろ覚えで口ずさむと、マレーの人たちが知ってるという。

https://www.youtube.com/watch?v=dpUaQhZhevY

https://www.youtube.com/watch?v=CiEJde_30oo

 

『怪傑ハリマオ』のモデルは、谷豊という昭和初期にマレーで活動した盗賊という。

谷豊は、幼少時にクアラ・トレンガヌに両親と住み、マレー文化を愛し、イスラム教にも帰依した。

1930年代は盗賊団として異母妹を殺した華僑をおそい、マレー各地を転々、戦中は日本陸軍にはめられて諜報員として協力、マラリアで30歳で死んだ。

日本の東南アジア侵出の歴史のことは不勉強でよく知らないが、『怪傑ハリマオ』の背後にその歴史があることは察せられる。

 

なぜか東南アジア、とくにマレーシアやボルネオの話になると、幼い頃を思い出す。

祖父・井上昇はボルネオで銀行の支店長をしていて、現地の人によく水牛にのせてもらったという話をよくしてくれた。

「あきちゃんも大きくなったらボルネオに連れていってやる」と。

そういうときの祖父の遠いまなざしをぼんやり覚えている。

うちにテレビはなかったが、それが『怪傑ハリマオ』の主題歌が近所から聞こえる頃ではないか。

関東大震災の難民として西日本に流れてきた祖父は、どこか浮世離れしていて、日本社会になじめなかった気がする。

50歳で結核をわずらい、あとは風呂で死ぬまで病院暮らしだった。

ボルネオは祖父の魂が還っていきたい幻想の地だったのではないか。

そのノスタルジアがいつのまにかぼくに乗り移って、南の地への憧憬をかき立てるのではないか。

 

 「このほどは浮世の旅にまよひきて いまこそかへれあんらくの空」

 

 

forêt chez moi

19 septembre 2019, jeudi

 

15日に帰国して、マレーシアでの体験をまとめた「マレーシア・ノート」をこのブログにつくっているのだが、情報量が多いうえ、調べながら書くので時間がかかる。授業が始まるまでにやっておかないといけないとあせる。

だがそれとは別に、ふと庭のクスノキを見て、思い立ったことがある。

オラン・アスリの森の記憶、Atok棟梁の敏捷な身のこなしがまだ熱をもって脳裏に焼き付いている。

棟梁はあきらかに木や森を見る視線がちがった。

ぼくも漠然と木や森を見るのではなく、その木肌や枝ぶり、木の質、樹葉のあり方、枝と枝、木と木のあいだの空間を、しっかりとつかめるようになりたい。

それでクスノキに2階のデッキから橋をかけて渡り、一人たたずめる居場所をつくることにした。

虚空庵

虚空庵

虚空庵

居心地は悪くない。今後、背もたれや手すりを工夫しよう。

弧空庵と仮に呼んでおこう。ぼくと木の関係を変えるささやかな居場所。

虚空庵

 

rencontre avec l'Orang Asli|Cahier Malais_2b

29 août 2019, jeudi

 

国立博物館の東隣に、マレー民俗博物館と、オラン・アスリ工芸館があった。

前者の中には、マレーの伝統的な衣食住と文化がジオラマなどを使って展示されていた。

凧(Wau)、編もの、金工、木工、音楽と楽器、遊具など。マネキンが西洋人ぽいのが残念だ。

マレーシア国立博物館

マレーシア国立博物館

マレーシア国立博物館

チョンカ Congkak はコーナーを設けてアピールしていて、見学者がゲームしていた。

やり方を知らないが、モロッコなどでも似たものを見たから、イスラム圏を中止にいろんなヴァリエーションで広く普及しているのだろう。遊具もまた工芸品だ。

ほかにフィーチャーされていたのは、お手玉に似たBatu Serembonなど。

 

マレーシア国立博物館

マレーシア国立博物館

前庭に移設復元されていた木造宮殿 Istana Satu(Istana=宮殿)とそのインテリア。黒と黄色の空間が美しい。

英国統治下の19世紀末に半島東海岸のクアラ・トレンガヌ Kuala Terengganu に立てられたお妃用の宮殿で、大工3人が釘も使わずに建てたと説明にあった。トレンガヌは木工芸のさかんな土地と聞く。

使われている木材がchengal シェンガルというマレー半島特有のもっとも堅い木で、のちにあちこちで出くわすことになる。

 

オラン・アスリ工芸館

隣接するオラン・アスリ工芸館。うしろにクアラルンプールの高層ビルがそびえる。

オラン・アスリ工芸館

入るとみんぱくの所蔵品よりはるかに大きく立派な木彫群が迎えてくれる。マーメリ Mah Meri 族のものが多い。

オラン・アスリ工芸館

これもマーメリ族のもの。Sembuarの精霊とあるが、Sembuarって?

『水木しげるの妖怪探検〜マレーシア大冒険』にも出てこない異形の造形。

これもマーメリ族。

これはジャー・フット(Jah Hut)族。

木彫の精霊はマーメリとジャー・フットのが大半だったが、いずれもみんぱくのコレクションに勝る。

オラン・アスリ工芸館

これらの制作は森の精霊や祖先の霊とつながり、祈りの儀式や伝統医療のシステムのなかで用いられる。

オラン・アスリ工芸館

オラン・アスリ工芸館

森の木を切り出す映像が流れていて、木を選ぶのと処理するのは神聖な行いのようだったが、肝心の木を切る場面ではチェンソーを使っていて、驚いた。

下の三つは、オラン・アスリの行政上の三区分。ネグリト negrito、セノイ senoi、ムラユ・プロト(ムラユ・アスリ)melayu proto。マーメリもジャー・フットも、ぼくらが会う予定のトゥミアールも、セノイに分類される。

だが、みんぱくの信田教授によれば、「マレーシア独立以前、ひとつの民俗範疇としての<オラン・アスリ>という用語は存在していなかった。」この用語は1966年に政府によって公称とされたが、彼ら自身は自分たちを一つの同種集団とは見なしていなかった。ネグリト、セノイ、ムラユ・アスリという民族意識ももっていない。(信田敏宏『周辺を生きる人びと〜オラン・アスリの開発とイスラーム化』)

名付けというのはつねに外側からなされるカテゴリー化と不可分だ。

 

オラン・アスリ工芸館

漁具。これらも「先住民の宝」だ。

オラン・アスリ工芸館

吹き矢をかまえるマネキン。楽器や衣装、織物のコーナー。

オラン・アスリ工芸館

オラン・アスリ工芸館

ブンガ・モヤン bunga moyang と呼ばれる装飾工芸品。

椰子の葉を折ったり編んだりしてつくり、冠婚などの儀礼の場でからだや場所を飾る。

椰子の葉の折り紙だ。みんぱくでの展示やワークショップで重要になる気がする。

入手できるか、つくり方はわかるか?(→

オラン・アスリ工芸館

オラン・アスリ工芸館

高床式の長屋(long house)のまえだろうか。踊り子と演奏者たち。(撮影年代と村は別?)

 

オラン・アスリ工芸館

国立博物館と民俗資料館のあいだに、竹製の小屋が数件建ててあった。休憩所だろうか。

写真で見たオラン・アスリの竹小屋に似ているので、工法をチェックする。

オラン・アスリ工芸館

竹の床もこうして丸竹を割ってつくるのか。梁に丸太を使っているのに気付く。

とっさにみんぱくでの建築には、つちのいえでやったように、構造的な強度が求められる部材には、竹の中に足場丸太をつっこんで補強するやり方を思いつく。

オラン・アスリ工芸館

屋根は竹を半割りにしたのを組み合わせたものと、椰子の葉 palm leafを使ったものを複合させている。

オラン・アスリ工芸館

椰子の葉の編み方。

 

とにかくマレーシア第一日目は博物館と工芸館でたっぷり吸収して過ごした。

 

ダマンサラ大通りJalan Damansara を渡る長い歩道橋の向こうは、パーデナ植物園 Taman Tasek Perdanaなどがあるレイク・ガーデン。入り口まで行って、時間ないので引き返した。

マレーシア国立博物館

ホテルに帰ったら、みんぱくに送る仮提案書を作成せねばならない。

 

Muzium Negara Malaysia|Cahier Malais_2a

29 août 2019, jeudi

 

先住民オラン・アスリの集落に行くというのに、出国ぎりぎりまで『地球の歩き方』すら目を通せないほど忙しく、マレーシアのことをまったく勉強できていなかった。

ペラ Perak 州に移動するのは9月1日なので、それまでできる限り現地でマレーシアのことを勉強しておこうと、まずはKL(クアラルンプール)セントラル駅の西側にあるマレーシア国立博物館 Musium Negara に行くことにした。

 

駅の西側といっても、KLは自動車中心に都市開発したらしく、駅の向こうに出るには地下や空中の通路をぐるぐる迂回しないといけない。都市開発がまちがっているというか、やりすぎている。

あとで知ったが、マレーシアは2020年に先進国入りをめざしたという。

map

 

国立博物館

博物館の建物は、マレーシアの伝統建築のスタイルをふまえて建てられ、正面両側の壁にはモザイク壁画が描かれている(1963年完成)。壁画はマレーシアの伝統的な暮らしの場面を描いているが、なぜかイラスト調で安っぽい。

国立博物館

5RMの入館料を払って館内に入ると、学校からの見学者でにぎわっていた。

イギリスに植民地化されていたから、あちらのミュゼオロジーが教育や国民啓蒙に応用展開されている気配。

壁はライムストーンと思いきや、実は板に彩色していた(要確認)。

床の材料を確認するのをわすれたが、じつはのちにもっとも気になったもののひとつが、高床式住居を伝統に持つマレーシア人の床への意識。

マレーシア国立博物館

博物館は、1階にA)先史時代、B)マレーシア王国時代、2階にC)植民地時代、D)現代 の都合4つの展示室がある。

Aギャラリーはプレートテクニクスの説明から始まり、マレーシアを地質時代から俯瞰させてくれて、たちまちのめり込む。

説明パネルによれば、東南アジアは12万年周期で氷河期を繰り返し、20000年前に始まる氷河期は今より海面が120mも低く、マレー半島とスマトラ、ボルネオ、ジャワ島は地続きで、いわゆるスンダランド(Sunda platform)と呼ばれる陸地だった。当然、動植物相(fauna and flora)は同じになる。人類も行き来して交わっただろう。

18000年前から暖かくなって海面が上昇し、10000年前〜6000年前は今より3m高いくらいになった。考古学調査から、12000年前ころ、人々はマレー半島やボルネオの山地の石灰岩の洞窟などに移り住んだことが明らかになっている。

マレー半島にはまた、起源が1億3千年前にさかのぼる世界最古の熱帯雨林があるそうだ。

熱帯雨林が大地を覆う石灰岩質の大地に多くの川が流れ、峡谷や洞窟に富む豊かな環境を織りなす。オラン・アスリの祖先はそうしたで環境で、狩猟採集の暮らしをしていたようだ。

歴史以前の次元から見ると、今の時代の国境や文化のちがいが溶け落ちて、縄文とも地続きの1万年まえのアジアの風景が浮かび上がってくる。プロジェクトへのモチベーションがあがる。

 

トバ火山の火山灰が展示されていたのが、最初不思議だった。

トバ・カタストロフ理論で知られるスマトラのトバ火山は、70000〜75000年前に火山爆発指数8の巨大噴火を起こし、地球を覆う火山灰は平均5℃の猛烈な寒冷化をもたらした。人類を1万人規模にまで減少させ、ネアンデルタールとホモ・サピエンス以外の人類を滅ぼしたとされる。

パネルを読むと、ペラ州Lenggong峡谷のKota Tampanの遺跡からはその火山灰とともに、つくりかけの打製石器が大量に見つかったという。

 

マレーシア国立博物館

マレーシア国立博物館

トバ火山噴火前後の打製石器群(一部未完)。

 

ケランタン州のGua Chaにも、新石器時代のもっとも重要な遺跡があって、Gua Chaの大洞窟(20mx120m)で1954年に見つかった45体の遺骨の状況が展示されていた。

 

ギャラリーの奥には、ペラ州Lenggong峡谷の洞窟での生活がジオラマで再現されていた。

マレーシア国立博物館

マレーシア国立博物館

レンゴン Lenggong 峡谷の洞窟で、ほぼ全身骨格が見つかったペラ・マンの遺骨のレプリカ。

約1万年前、死亡時が40〜45歳の男性で、指に先天性の中節骨短縮症を被っており、一人きりできわめて丁重に葬られていたとある。当時としては長生きだったのだろう。呪術師か指導者的立場の人物?

オラン・アスリの祖先であり、東南アジアと太平洋に住む人々の祖先でもある。

 

行く先がペラ州のオラン・アスリの集落だ。シュシが案内してくれるというのもレンゴン渓谷の洞窟壁画と推測される。

欧州でもそうだったが、家屋を作り出す以前、狩猟採集民だった人類にとって、洞窟は普遍的な住空間だった。

これはえらいところに行くなと思う。

 

マレーシア国立博物館

日本の縄文期にあたる土器も展示されていたが、縄文土器の特異さがきわだつ。

マレーシア国立博物館

さまざまな墓制。甕棺もあった。墓の造形はいつも面白い。彫刻芸術の頂点の一つと思う。

 

----

B・Cギャラリー:初期マレーシア王国群からマラッカ王国時代〜植民地時代

 

マレーシアの歴史メモ:

マレーシアの歴史はよくマラッカ王国が興った14世紀末からと記述されるが、博物館では2世紀ごろから半島やボルネオなどで、それなりの社会体制をもった王国が各地に成立したことが示されている。

・7世紀〜14世紀、スマトラ島のマレー系海上交易国家シュリーヴィジャヤ王国が半島にも大きな支配力をもつ。主教は仏教=ヒンドゥ教。

・13世紀〜アラブ商人やインド商人と共にイスラム教伝来、それまでに普及していた仏教・ヒンドゥ教を脇に追いやった。

・1396年 マラッカ王国成立、1414年に国王がイスラム教を受け入れ、「国王=スルタン」の呼称が定着、海上交易を軸に栄華をきわめる。

マレーシア国立博物館

↑「マラッカのイスラム化はアラブ人との交易をいっそうさかんにした」(ジオラマのキャプションから)

マレーシア国立博物館

↑マラッカにある旧ポルトガルの要塞 A Famosaのレプリカ。小さな門の家 Porta de Santiagoは今も残り、東南アジアに現存する最古のヨーロッパの建築遺跡。マラッカの展示の充実ぶりはマレーシアにおけるマラッカの重要性を示す。だが今回はマラッカには行かない。

 

・1511年 ポストガルがマラッカを占領。マラッカ国王はシンガポールに近いジョホールに逃れる。

・1641年 オランダがポルトガルを駆逐してマラッカ占領。マレー半島は小国分立状態。

・1824年 英蘭協定によりマラッカ海峡をはさみ東側(現マレーシア)を英国領、西側(現インドネシア)がオランダ領とする(クソ植民地主義! 前年の1823年にはシンガポールがイギリス領)
・1896年 マレー連合州が結成、マレー半島全域が英国植民地となる。イギリスの手によって、内陸にスズ鉱が開発され、鉄道が敷設、ゴム園も鉄道沿線に開かれ、イギリスの市場と直接結びついて発展した。

・1942〜45年 日本軍による占領(クソ大日本帝国!)

・1945年〜 再びイギリス領になる

・1948年〜60年 マラヤ共産党の反乱とマラヤ危機

 (マラヤ共産党は戦前・戦中に反英・抗日運動を展開していた。党員や支持者は華人が多い)

・1957年8月31日 「マラヤ連邦」として完全独立(8月31日は独立記念日)。

・1963年   シンガポール、ボルネオのサバ、サラワクを加えて「マレーシア連邦」成立
・1965年 シンガポールが分離独立 現在のマレーシア形成。

(後略)

 

絵柄が面白い青白陶器

マレーシア国立博物館

博物館のうしろに隣接するカフェでおそい昼食。

驚くべきことにハエがまったくいない。野良猫がたくさんいる。

 

Kisho Kurokawa et Kuala Lumpur|Cahier Malais_1

28 août 2019, mercredi

 

Kuala Lumpur

インドシナ半島上空を通過。海外は2年ぶりだが、座席のモニターの地図表示が進化している(マレーシア航空 MH53)。

 

Kuala Lumpur

Kuala Lumpur

マレーシア国際空港の設計は黒川紀章(1998年)。

「森の中の空港、空港の中の森」というのがコンセプトらしく、十字路の交差展に円形アトリウムを設け、滝のあるジャングルを再現している。ブリッジを支える柱の素材はプラスチック。

 

Kuala Lumpur

きれいなカーブが反復する屋根のデザイン。内側は幅の狭い板木を使用。集落の屋根を参照したのか?

施工は大成建設と聞く。

空港の設計は1998年で、有名なペトロナスツィンタワーと同じ年。

マレーシアは前世紀末にバブルだったのか。

 

Kuala Lumpur

クアラルンプールセントラル駅の駅舎のデザインも黒川紀章(2000年)。

方向が皆目わからず、駅のデザインを撮影する余裕もない。ショッピングモールに向かう入口。

 

いみじくも来春、展覧会に協力するみんぱくの設計も黒川紀章。

その図面をデータで持ってきている。

ぼくらがつくる予定のオラン・アスリ集会所のイメージスケッチと展示企画書を求められているためだが、その宿題をまだやっていない。オランアスリの森に行くまでにできるか。

 

Kuala Lumpur

ショッピングモール内で道に迷う。

世界中にあるショッピングモールはどこも吹き抜けのアトリウムを設けている。

これ見よがしな空洞のスペクタクルはグローバル資本主義の象徴。

Kuala Lumpur

スマホの地図はいいかげんで、信じると自分の居場所を勘違いする。頼ってはいけないと思って、モバイルのWifiを持ってこなかった。

が、思わずネットにつながったスマホに頼ってしまい、CITI HOTEL@KL SENTRAL に着くまで30分以上うろうろする。身体感覚がマヒ。

着いてみたら、Jalan Thambipillay(jalanはマレー語で「道」)には低級・中級ホテルが林立している。

 

Kuala Lumpur

近くのパンジャブ料理店でおそい夕食。

チャパティ Chapati (ナンより大衆的)とチキンカレー、野菜カレーとコーラでちょうど10.00 RM(約280円)。

めちゃ安くてうまい。いいことがあるか。

rempeyek

ホテルの並びにスーパーがあり、とても地域色が濃さそうなお菓子を買う。

Rempeyek という、ピーナッツを小麦粉生地でカリカリに揚げたお菓子。これは名前を知りたくて写真を撮ったが、買った方はビニール袋にざっくり入っただけだった。マレーシアやインドネシアの大衆的食品らしい。