expérimentations dans la classe

14 decembre 2018, vendredi

 

毎年12月になると、芸大の「造形計画」の授業の最終アウトプットのかたちを定めていかないといけなくなる。

通常の座学とちがって試験やレポートはなく、授業内容と直結した造形実験や作品提出、ときにそれらをまとめた展覧会やアートプロジェクトのかたちをとる。

 

今年度の造形計画1の方はアートブックをつくって展覧会をするが、造形計画2の方は「地・図」というテーマでやってきて、風景に対して前期は「水平」、後期は「垂直」のアプローチをとっている。

「垂直」ないし「上下」の問題は、「地面を見上げる」という個人的な制作のモチベーションになっていて、芸術分野での参考はまとまったかたちではない。参考書などないなかでの手探りの授業で、履修した学生には迷惑かもしれないが、授業で実験できるのがぼくが芸大にいる唯一の理由なのだと開き直る。

 

風景でないもの(見えないもの)を風景(見えるもの)にするのが「道」で、道こそ作品の理想のモデルなのだが、風景における垂直性となれば当然、山や谷など地形が問題になる。そこを辿る道は、おのずと坂道や階段のかたちを採る。

「階段」は「きざはし」を指し、「はし」は梯子の「はし」であり「橋」である。「階段」とは「等間隔にきざまれた橋」を意味する。「梯子」も等間隔の段からなるが、「梯子」を水平に倒せば「橋」になり、斜めに固定すれば「階段」になる。「橋」がこちらとあちら、此岸と彼岸という異なる次元の世界をつなぐものであるとすれば、「階段」もまた異なるレベルにある世界をつなぐ「刻まれた橋」である。

雪舟天橋立図

そう考えていると、雪舟の『天橋立図』(国宝、京都国立博物館蔵)が再び気になってきた。

 

「橋・立」という地名もそうだが、複数の紙を貼り合わせた下地、視点も不明で、実景ではありえない不思議な風景のモンタージュ、地図と絵のあいだのように地名を書き込んだ作品だが、右上の山に描かれているのが西国三十三所の第二十八番「成相寺」と知って、「巡礼」ということを思いついた。

"pèlerinage"も"pilgrimage"もラテン語の"peregrinus”を語源としており、その基本的な意味は「通過者」とか「異邦人」だ。「巡礼」は宗教的行動だが、その根幹には俗なる日常的空間から離れて聖なる非日常的空間に赴き、また日常に還ることがある。巡礼する「通過者」、聖なる世界の「異邦人」がたどる道は、坂や谷、山や川など、起伏と断絶に富み、坂道や階段に満ちている。

そう考えると、身近な空間に「橋」や「階段」をポイントにしたもうひとつの「道」をつくることで、見知った世界を見知らぬ世界に変えることができる、と思いついた。

で、授業で、近年なじんでいる4mの足場板を学内のあちこちに運んで、「坂道」や「橋」をつくる実験を行った。

巡礼

もう一つの道。Alternative Path / autre route. 

巡礼

峡谷をわたる。Passing over the vallery / Traverser sur la gorge.

巡礼

幸い概念的日常からすぐ離脱できる感受性を持つ京芸生にはバカにされずに少しは面白がってもらえたように思う。

 

巡礼というのがわかりやすいので、芸大内にもうひとつの巡礼道を設定し、キャンパス空間を異化せよ、という課題にしたが、はたしてどうなるか。。。

観光

観音観光。音と光。聖なるものと俗なるもの。生と死。

 

・・・・・

金曜午後は、大学院のゼミ授業「造形計画特講」。

 

こちらは履修学生の志向によって毎年内容が変わるが、基本設定は、それぞれの制作に関わる関心事をもちよって、それを参加者で検証・共有するワークショップないし造形実験を行うということ。

今年は、さまざまな議論や小さな実験をくりかえすなかで、「不在」や「欠如」「不完全」のテーマが浮かび上がってきた。

これも、作品を固定的な「実体」ではなく「機能する空虚」としてとらえたい自分としてはやりやすいテーマ。

実験制作の課題は学生から出してもらいたいが、京芸生は遠慮がちなので、なかなかピリッとしたのが出てこない。それでぼくの方から「補・欠〜欠けていると思うものを補う」という課題を出した。

たまたま履修生の環境デザインの白石さんらが芸祭のときにつくったHaribarなる小屋が未完成性をはらんだ悪くないデザインで、執着があるらしい。それで、事務局から撤去を求められているが、芸大内は芸術のためなら人に迷惑をかけなければ何をしてもよい、創作実験に使うという計画書を提出せよ、とけしかけ、ようやく履修生たちが動き出した。造形計画

造形計画

うまく蓋を開ければ、本来、創造力あふれる芸大生たちだ。

木曜には、松村さんが彫刻専攻のモチーフになっている山羊を連れてきて、カフェをゲリラ的に行い、空いた空間を「補う」人を募集した。

この日は、学生たち自身がこの場で鍋会を行い、小屋の空虚を「補った」。

食器も用意していたが、その場で箸、皿、コップが「欠けている」として別の代替物で「補う」即興ワークショップを誰ともなく言い出し、楽しい時空間が開いた。

造形計画

どの「補・欠」も面白かったが、自分の陶の作品を「受け皿」として使う毛利さん(先月、高瀬川の崇仁テラスで二人展を開いた子)の提案に虚をつかれた。

作品が「器」であれば本来それは「欠如」をはらみ、何かを容れる=補うことで充たされる。

実際に器ということに限らず、作品というものの本来のあり方=この世のうつろとしての作品を示唆された。

 

課題というのはだいたい自分がやりたいことと地続きだ。「教育」のことなど考えていない。

これもぼくが芸大にいる上での一貫したスタンス。

 

la terre viole la mer

14 decembre 2018, vendredi

 

12月14日(金)朝早くから、政府は米軍基地滑走路建設のため、名護市辺野古沿岸部への土砂投入を始めた。

反対する沖縄県民の声を無視して強行する安倍政権。日本中が右傾化するなか、国民の大きな反発は招くまいと読んだのだろう。

20代の頃は奄美独立闘争にも入り込みかけた身としては、沖縄は早くこんな日本の国から独立した方がいいと考える。

いや、独立云々は近代国家以後の考えなので、本当は「国家」なしの社会のあり方を構想提起した方がいいのだろうが、ぼくの仕事ではない。柄谷行人あたりに「Association」を論じておいてもらった方がいい。

辺野古埋立

辺野古埋立

警察は抗議に参加した車椅子の人も暴力的に排除した。マスクの仮面をつけて。(毎日新聞報道から:上・下とも)

辺野古埋立

辺野古埋立

しかし、青い海を土砂が埋めていくさまは本当に痛ましい。

土の使い方を完全に間違っている。大地を削って得た土は大地に返すべきで、すべての生きものの故郷である海を侵食すべきではない。

 

海は自分から生まれた大地が自分の顔を埋立てていくさまをどのように見ているか。

「さよなら人類」のうたを歌わねばならない。

 

le nettoyage du canal Takasegawa vol.15 et la déconstruction de la terrasse de Suujin

1-2 decembre 2018, samedi et dimanche

 

備忘録をまとめて。

毎月第1土曜日は、崇仁高瀬川保勝会の川掃除。

今回は翌日に崇仁テラスを解体することにして、12/1と12/2に作業日を集めた。

川掃除

12月1日、はじめて塩小路通より北側の高瀬川を掃除する。

崇仁の共同浴場を管理する「都総合管理株式会社」の人たちが手伝ってくれた。京都アートカウンシルの宗由美子さんも。

2019年1月26日(土)に開催予定の第2回「川デツナガル」シンポジウムの打ち合わせ。

いつものことながら、藤尾まさよさん以外、崇仁地域に住む人は川掃除にも話合いにも参加しない。

保勝会や自治会との関係がわからないので、あとで山内政夫さんに聞いてみる。

地域の人どうしの対立とか、いろいろややこしい歴史があるらしい。

他所者としては、そういう点がもっとも関わりたくない点だ。

保勝会倉庫

崇仁高瀬川保勝会

元崇仁小学校内の高瀬川沿いに並ぶ倉庫の一つが崇仁高瀬川保勝会で使えることになった。

これは今後の活動のヴァージョンアップにつながる。

 

2 decembre, dimanche

 

午前10時、前日に中村伸之さんが進めておいてくれた崇仁テラスの解体をすすめる。

崇仁テラス

崇仁発信実行委員会の藤尾まさよさんが忙しいなか今回も手伝いに来て下さった。

「自分でやってみないと気がすまない性質なの」といいながら。

藤尾さんは元崇仁小学校の卒業生で、人権意識の向上をめざして、地域発信マガジン『崇仁〜ひと・まち・れきし〜』の刊行など、精力的な活動を続ける。ここでもおっさんはだめで、めざめた女性ほどエネルギッシュ。

 

崇仁テラス

崇仁テラス

次の『崇仁テラス』設置は来春になる。

北側に3mほどずらせたから、大島桜が今年よりよく味わえるだろう。

だが春には西側の団地の建設もさらに進んでいるだろう。

 

KYOMO

2015年に《Tracing Suujin》の二つ目のパートを設置したKYOMO京町家普及センターが消えている。

天井の梁につけたままにしたアルミの《高瀬川》もいっしょに解体撤去されたと思われる。

 

場所とともに消える作品。持ち帰らなくてよかった。

 

Lettre d'Ismail

26 novembre 2018, lundi

 

大阪の"+1 art"での年末チャリティ企画展に今年も参加する。

今年のテーマは、『なくなりそうなことば』。

民博の吉岡乾氏の著書『なくなりそうな世界のことば』(イラストは西淑氏)に触発されての企画という。

ギャラリーオーナーでアーティストの野口ちとせさんが手づくりで小さな箱をつくり、それを作品の器として出品者に提供する。

 

自分は言語学者ではないが、先住民の文化や技術に関心があるので、どう取り組むか、考え込んでしまった。

少数民族の言語が消えるのには主に二つの理由があると思う。

一つはその民族そのものが絶えること、もうひとつは別の支配的な制度や教育によってその言語が強制的に駆逐されること。

これらはともに背景に猛烈な勢いで進むグローバリズムがある。

このグローバリズムは資本主義を基軸とする西洋近代の価値観に根ざしているが、これに対する激しい政治的反抗が、2001.9.11のテロに始まるイスラム原理主義の動きだろう。チャリティの宛先もマララ基金である。

そう思うと、作品の出発点を、2001年9月に小野和則さんと倉敷のサロン・ド・ヴァンホウでやった「光の記憶」展にまでさかのぼらずにはおれなくなった。

あのときは、展覧会準備中に、9.11の世界貿易センタービルへの自爆攻撃が起こり、急きょ展示内容を変更したのだ。

そのときの出品作のひとつに『イスマイルの手紙』というのがあった。

Letter of Ismail

自爆したテロリストの両親宛の手紙が和訳されて読めることがあり、その言葉を短いフレーズに分解して、スライドで障子に投影したのだ。作品はほかにドローイングや映像があったが、個人的には『イスマイルの手紙』に今後の可能性を感じていた。

 

典拠がどこかに行ってしまったが、幸い言葉は残っていたので、今回はそれを石膏片に載せることにした。

手紙の文章から切り離されて孤立させられた言葉を、石膏片を背景に見る/読むことは、手紙そのものを読むよりもさまざまな想像を誘う。

Letter of Ismail

Letter of Ismail

ランダムに箱につめる。

 

石膏が水を吸うので、水転写シートを使うのがむずかしかった。

締切時間から15分遅れで搬入。

河原木さんと、マララに対するタリバーンの幹部アドナン・ラシードの書簡(「近代教育は西洋グローバリズムを伝統社会に持ち込むだけだ」)の話をする。

本当にむずかしい問題だ。

だが、イスマイルの背中越しに、世界への違和感のまなざしが自分の中にあるのを否定することができない。

ぼく自身も土地なき難民の孫なのだ。洪水や荒涼とした原野のイメージがいつもからだのなかにある。

 

Letter of Ismail

 

nettoyage du canal Takasegawa vol.15

21 novembre 2018, mercredi

 

仕事の合間を縫って、12月1日の川掃除のチラシをデザイン、この日、芸大の研究室から無事出稿をはたす。

 

崇仁高瀬川保勝会191121

崇仁高瀬川保勝会191121

11月3日の「川デツナガル」を見ていない人にもわかるように、イベント内容をコンパクトな報告書ふうにまとめた。

 

崇仁高瀬川保勝会が地元の人との交流ができないため、せっかくフライヤーをつくってもどこまで配布してくれるのか。

(地元の人というのは、高齢化して地域のことに関わる気持ちも体力もない人たちのこと。)

外からいくら旗を振っても動かない。

逆に言うと、ぼくがつくるポスターやチラシ、そして《崇仁テラス》やワークショップが、かろうじて実体のない崇仁高瀬川保勝会の顔つきに実体らしきもの(=旗)を与えているだけなのだ。

文字通り、「カバー」としてのデザイン。

ポスターやチラシが外部の人にいい印象を与えているとすれば、それなりに役立ってはいるが、実体のないものに仮の実体を与えているだけとすれば、デザインの根本的意義から考え直さないといけない。