Ramasser des images_2

8-10 août 2019, jeudi, vendredi et samedi

 

十和田から久慈へ。

 

十和田市現代美術館

くとうてん。東京から移住したデザイナー夫妻が営むクラフト店(→)。

ふつうの空き家に印象的なロゴの垂れ幕。予備知識もなく、魅かれたが、閉まっていた。

来春までというから縁がなかったということだろう。

十和田市現代美術館

手前の消防署では訓練中だった。ビルの背丈をはかるメジャー付き。

十和田市現代美術館

十和田市現代美術館(設計:西沢立衛、2008年開館)。外壁は金属系サイディングボード。

通路や展示空間のフラットルーフがきたなく汚れている。屋根は傾けないといけない。

 

十和田市民交流プラザ

十和田市市民交流プラザ(隈研吾設計、2015年)の外壁のディテール。

地元の杉のハメ板を隙間をあけて外壁に貼っている。

板をどうやって固定してるかを見ると、木材ではなく錆び止めした鉄の中空角材にビス止め。ビスが簡単に効くのか。

 

久慈もぐらんぴあ

久慈市のもぐらんぴあ

1994年に国家石油備蓄基地の作業坑を利用してつくられた「地下水族科学館」。

3.11の大震災で被災したが、2016年4月に再開館。

石油文化ホールと水族館を組み合わせたきわめてユニークな施設。

左手前は、一人あたり一日の石油消費量が4リットルもあることを1リットルの牛乳パック4個で示している。

わかりやすく楽しく展示しようという意欲が横溢してほほえましい。

 

もぐらんぴあ

手堀りからシールド工法まで、トンネルを掘る技術の変遷を示すコーナーもある。

トンネル技術、石油の備蓄の仕方、さかなに触れる水族館、さらに「北限の海女の素潜り」のデモ。

それぞれ無関係なカテゴリーのぶっとんだ同居。おしゃれにこだわらないのがいい。

 

琥珀博物館

久慈琥珀博物館。これは江戸時代の琥珀採掘坑道跡。

久慈は、バルト、ドミニカと並ぶ琥珀の世界三大産地の中で最古の8500万年前の琥珀鉱脈をもつそうだ。

「穴」を気にしていると、あちこちで「穴」に入り込んでしまう。

 

Ramasser des images_1

7 août 2019, mercredi

 

風邪を引いたらしく、過剰な忙しさのストレスもあって睡眠不足で体調不良。

旅に出てイメージの断片を拾い歩く。

雲

日本のどこかの空の上で。雲が「上」という文字を書いている。

ねぶた

ねぶたの内側を初めて見る。(青森空港にて)

青森県立美術館

青森県立美術館の三和土(タタキ)の床と突き固めた土壁、ホワイトキューブの対比。

三和土の技術や黒っぽい土素材の詳細は不明。審査員の藤森照信さんはどう見たか。

ひび割れの補修の仕方に難あり。ひびは土の本性。崩れる心配ないなら補修する必要はない。

巡回展「こどものための建築と空間展」にて。

青森県立美術館

青森県立美術館で一番気に入ったディテール。竣工して10数年間、このままだったか。

青森県立美術館

外壁と同じ薄い赤レンガに白の塗装。残り部材を告知用に転用し、建築の仕組みをさらりと見せている。

三内丸山遺跡

木組みの部分。梁を受ける斜めの部材は枝ではないが、本来は枝だったのか。ここに枝があれば梁が水平になるという位置に取り付けたのか。しかし掘って組むというような道具と技術がない当時はどうやって? やはり同じような高さに枝を見つけたことが大きいのでは?

縄代わりに巻き付けた蔓が切れている。そもそもこれだけの部材を当時どうやって上に引きあげたのか。

柱間は約420cm、つまり1辺4.2mの立方体を3x3個積み上げている。(三内丸山遺跡にて)

三内丸山遺跡

来春みんぱくでつくるオランアスリの建物の壁にはヨシズを使うのはどうか。竹を編む時間はない。

三内丸山遺跡

集落の道路(幅約7〜12m、東西約420m、南北370m)は地面をけずってつくられていたという。

高さと材質における地面との決定的な差異が、単なる「道」と「道路」を区別する。

土とモルタル?に木っ端を混ぜて押し固められた縄文偽装道路。

三内丸山遺跡

柱材を円錐に組むときは頂点でどう合わせるかがむずかしい。

岩偶

初めて見る岩偶。これは日本最大。集落が増える縄文時代前期。

やわらかい凝灰岩質の泥岩でつくられ、頭部はないが肩と胸部があり、衣紋のような線刻がある。

岩偶

土や石は、あらゆる思いをそこに刻む縄文時代のコンピュータ。

 

国際芸術センター青森

足場板をよく使うので思わず反応してしまう。(国際芸術センター青森にて)

足場板で道なきところに道をつくる・・・昨秋、京芸の授業でやった。

国際芸術センター青森

円形テラス。室内の作品のかたちと呼応。(三原聡一郎作品)

国際芸術センター青森

地下におりる階段に竹でアーチを組んでトンネルをつくることを考える。京大桂キャンパスと交渉しなければ。

 

酸ケ湯温泉

酸ケ湯温泉

Google Chromeのアーススキャンの画面を見ているようだ。(酸ケ湯温泉にて)

 

la tonte et l'abattage d'arbres_2

2 août 2019, vendredi

 

このところ草刈りや伐採ばかりしている。

まず芸大の池のまわり。次いで崇仁高瀬川。そして今度はつちのいえの丘

 

つちのいえの丘は、総務課が業者に出した草刈りの指定場所からはずされている。

だが、「テーマ演習」のひとつとして、オープンキャンパスの対象だし、マムシが出るとか聞いたので、アクセスの道を整備しておく必要がある。で、正午前から一人、炎天下のなか、草刈り機で作業を始めた。

つちのいえの丘

ジャングル化している。つちのいえの丘は本当に自然が元気だ。

つちのいえの丘

つちのいえの丘

つちのいえの丘

 

つちのいえの丘

つちのいえの丘

草刈り機は丸山製作所のBC20T

燃料はそんなに食わないだろうと思って半分強にしていたら、山すそまで刈ったところでなくなってしまった。

だが、水道への道もふさがれていたので、鎌と枝切り鋏で切り開く。

汗だくになったが、つらくはなく、楽しい。

熱中症などには縁遠い夏向きの体質でよかった。

だが15時からの「博士課程オープンリサーチプログラム」の途中で、脚がつった。。。

 

これから脳を絵画脳の方に切り替えねばならない。

6つの京都市営浴場ののれんづくりを指定管理者の都総合管理から頼まれたのだ。

 

Ka-wa-ra-mo-no

1août 2019, jeudi

 

この3月まで芸大の教務課長だった小森和幸さんが都市計画局すまいまちづくり課に移動し、東九条の高瀬川と脇の須原通り近辺の担当になった。

小森さんから、東九条の住民を集めて「高瀬川と須原通りへの想いを語る会」をするので来てくれと頼まれ、東九条の「地域・多文化ネットワークセンター」へ。例の付箋紙を使ったまちづくりアイデアワークショップ。小森さんが仕切っている。参加者は、地域に十分な見識をおもちで、はっきり意見を述べる方が多かった。東九条マダンのキン・クワンミンさんも来られていた。

 

秋に住民の意見をふまえたデザイン案提示、来年2月には基本設計とすすむ。

高瀬川沿いの修景は、河川整備課からすまいまちづくり課にイニシャチヴが移った。

だが縦割り行政で、区画ごとにばらばらに進めている。

高瀬川をトータルに考えてくれといっても耳を貸さない。

行政を相手にすると貧乏くじを引くことになるので、身を引いておこう。

 

崇仁に立ち寄ると崇仁テラス横のフェンスが撤去されていた。

まだ道路の整備があるので、低い柵をつけるらしい。

芸大移転で取り壊す市営団地の住民が入る崇仁団地新棟が全貌を表わした。

同じ仕様(デザインとはいえない)の団地が塩小路通りの北にも出来ている。

再来日した鄭波(ジェン・ボー)とばったり出くわす。

 

崇仁テラス

新幹線が通るのが見えるこの風景も、芸大B地区ができれば消える。

5階建ての建物は高さ22.5mもあるからだ。

テラスをつくったときから予想していたこととはいえ、空き地を流れていた高瀬川がビルの谷底になるのだ。

芸大移転の基本コンセプトを「テラス」としたのはぼくだから、忸怩たる思いにかられる。

 

このあと、東九条のハトバカフェで、アートブック・ユリーカの小西友紀子さんと海外の美術書の出版・流通事情などについて話す。

彼女はもうすぐチューリヒへ移住する。まもなく8月4日から最後のブックフェア。

ウェブサイトの充実ぶりがすごく、毎月20000件のアクセスがあるという。

 

6時半からは、近くのうるおい館で、崇仁自治連合会の人たちと芸大設計JVの大西麻貴さん、行財政局やすまいまちづくり課の職員らと打合せ。芸大の外構工事についてのプレゼンと住民の意見聴取。

地域としては消滅するに等しい崇仁の歴史と記憶をキャンパスの内外のデザインに埋め込んでいくこと。

外構工事はまちづくりと深く関わるので、芸大の建設費を削るのではなく、京都市から別途予算を出させる必要がある。

七条以南の高瀬川流域を「創造の河原」にせよと河原者はつぶやく。

だが、縦割り行政に居直る京都市には無理だろう。

 

気がつくと、もう8月。

 

la tonte et l'abattage d'arbres

27 juillet 2019, jeudi

 

アクアテラスプロジェクト

7月24日、京都芸大のキャンパス内で雑草刈りが始まっていることに気付く。

オープンキャンパス(8/4日)前に学内を多少きれいにしておくべく、総務課の施設担当が前任者から引き継いだ指示書を業者に託す。

この手続きを知らなかったので、2年前、つちのいえの丘の斜面がいつのまにか丸裸にされていて、苦情を言ったことがある。

「勝手に刈るな。ススキは屋根の材料なのだ」、と。

以来つちのいえの丘は草刈りの対象からはずされたようだ。

業者に渡した指示書をもらって、そのことが判明した。

アクアテラスプロジェクト

業者は大枝の大藪さんの親戚の植治造園。「うえじ」が大枝にもあるのかと思っていたが、「うえはる」と読むらしい。

草刈りと伐採とそれらの始末で、相場は知らないが、費用はびっくりするほど高い。

ぼくはなんでも自分でやる身なので、世間の常識を知らないらしい。

 

地図で微妙に色を塗っていないのが池のまわり。

だが、夏前で樹木も雑草も、ものすごい繁茂状態になっている。

2年来時間をつぶされている学内問題に対処するため、あることを思いついたので、1時間ほど池の周りの木や草を伐採した。

切るのは簡単でも、始末が面倒。だが大藪さんが伐採した木を持っていってくれるというので決行した。

 

アクアテラスプロジェクト

自然池と丸池をつなぐ水路が葉っぱで埋まって流れていなかったが、少し落ち葉を取り除くと水が流れるようになった。

アクアプロジェクト

 

アクアテラスプロジェクト

池と水路のあいだは20cmほど高低差があって、池の水が増えたら水路に水が流れるようになっていたが、水草の根と落葉が絡んで流れをふさいでいた。そこを切り開くと池の水が流れ出し、せせらぎがよみがえった。

 

15年くらい前だったか、事務局が池のまわりに柵をつけた。

学内を通る地元の子供が落ちたら危ないという理由だった。安全対策を言うことで管理強化する事務屋の発想だった。

教授会で反対したが、他のだれも反対せず押し切られた。

案の定、柵のために人々の池への関心は低くなり、まわりの樹木も放置状態になった。

そのころまで池にはポンプで空気を送り込んでいたが、ポンプはいつのまにか故障して、動かなくなった。

 

アクアテラスプロジェクト

ポンプの場所は設備課の山本さんに教えてもらった。おそらくだれも知らないだろう。

山本さんは芸大の職員ではなく、受託業者として施設管理を担当している。

ぼくが芸大の中で一番仲のいい人といっても過言でない。

 

アクアプロジェクト

造園の大藪さんに、草を刈るなら水路の岩を見えるようにしてほしいと頼んだ。

刈った草木も持っていってくれた。

学食前は指定からはずれていたので、ぼくが自分で刈ることにした。

枝切りばさみを持っていったのではかどった。すごく切れて、ノコギリより効率がいい。

池を視界から遠ざけていた雑木が柵の内外で繁殖していたが、1時間ほどで片づけた。

伐採は視界を開く感じで心地よい。

 

 

アクアテラスプロジェクト

すっきりと池が見えるようになった。

雑木を伐採して、地面と水面、此岸と彼岸を視線でつなげるようにすることは、あまり時間はかからないとの実感を得た。

 

問題はこの柵を取り去り、かつての親水性を回復することだ。

学生が破傷風になるという水のよどみ、ヘドロやゴミのたまっているらしい池の底。

それらはこの柵が人々と池の生きた関係を断ち切ったことの帰結だ。

池をきれいにするためには、亀やスッポン、カエルや魚たちに気を使いながら、いったん水を抜く必要がある。

抜いても湧き水だから水は自然とたまる。

新しいポンプで空気を送り込んでたえず水を動かすことも必要だろう。

 

これらの作業の向こうに、"@KCUA-Terrace"は浮上する、だろうか。

綿密に計画を立てねばならない。