art, communauté et le vide dans la ville

3 novembre 2018, samedi

 

11月3日、秋晴れのもと、東九条マダンが元崇仁小学校で開催された。

東九条マダン

東九条マダン

崇仁高瀬川保勝会会長の山内政夫さんが提唱して、ようやく実現までこぎつけた。

本当に地域を越えた創造的まちづくりにつながっていくのか、ただ今年だけのアピールで終わるのか、それはこれからの問題。

地域の人間でない自分としては、頼まれて引き受けたことを美術家として確実に現実化していくまでが仕事。

芸大の人間はだれもこの地域とかかわる創作活動しないから、仕方ない。

ただしデザイン科の先生は課題の授業をここでやって、地域貢献をアピールしている。呼ばれて演奏する音楽学部も同じ。

移転プレ事業と称したstill movingも今年は開催されない(のか?)。

 

先週から一人で川の上への展示作業を始めた。3人の学生(2名京芸、1名立命館大)が部分的に手伝ってくれた。

元崇仁小学校内高瀬川

11月1日、6mに接いだ35mmの角材を川の上に吊るす。

手伝いは毛利愛実子さん(透明なすみか展)と伊藤真里衣さん(陶磁器4回生、元つちのいえメンバー)。助成金から謝金も渡す。

元崇仁小学校内高瀬川

河岸の落葉や枝を集めて掃除して、通路をきれいにしてくれた藤原祥太郎君(立命館大3回生)と東九条マダンの美術班のおっちゃん。

京芸移転後も高瀬川と体育館は残るから、ここは京芸の敷地内の特別な場所になる。

先取りして「高瀬川ギャラリー」と名づけることにした。

 

ワークショップで透明なテーブルクロスの原反に子どもたちが描いた絵は20m弱(5m×4枚)。

それを全部水平に吊るせたのはマダン前日の2日の午後5時。

中村伸之さんが樹木を切りすぎたので、ワイヤーを張るために再度木を立てねばならず、それで手間取った。

 

元崇仁小学校内高瀬川

帰宅して深夜にビニールの廃材に字を描き、3日の当日朝に幟に組立て、朝10時に橋に取り付ける。

元崇仁小学校内高瀬川

朝に即席でつくった矢印もつけた。

 

元崇仁小学校内高瀬川

なんとか展示が間に合った。

 

元崇仁小学校内高瀬川

高瀬川ギャラリー

元崇仁小学校内高瀬川

小学校内の高瀬川には木製の橋と平行に飛び石がついている。案の定、子供がいっぱい遊んでいる。

ここが高瀬川ギャラリーと東九条マダンのグラウンドとの接合部。

接合部は、上下の動きを誘う凹凸に満ち、川を渡るという体験ができる絶好の空間。

この空間の仕組みこそ、人間にとって根源的なのだと思う。遊具はいらない。

 

崇仁テラス

崇仁テラスでは、東九条マダンの事務局をつとめ、演劇をしている浜辺ふうさんが一人芝居を行った。毛利+山本「透明なすみか」展とのコラボレーションでもある。

 

 崇仁テラス

崇仁小学校から大勢の観客を引っ張ってきたのも彼女だ。

芝居の内容も、自分は日本人だが、東九条で生まれ育ったので、韓国・朝鮮人の文化になじんでいて、そもそも生きている個人としては、国籍などどうでもいいのではないか、という、まさしくテラスの哲学を地で行くもの。

展示台につかっている円形ベンチを一つはずして、文字通りベンチとして芝居の小道具に使っている。

芸大にほしいくらいのクリエイティブな子だ。(画像クリックで動画にリンク)

 

今回の彼女のパフォーマンスと芸大生らの展覧会の自然な融合を見て、テラスをつくってよかったなと心底思えた。

むくわれるというのは、こういうことをいうのだろう。

崇仁テラスという川の上に浮ぶ空き地は、所有者もなく、芸術を通して人間以前の自然に手をのばすための「無場所」なのだ。

横が工事現場という現在の設定もいい。

芸大移転を先取りする「テラス」。

とはいえ、じつは芸大が来たときには、さまざまな現実的条件が押し寄せ、このような抽象性をもった無場所は実現しないだろう。

 

Charpentier et jardinier

JUGEMテーマ:アート・デザイン

27 octobre 2018, samedi

 

川デツナガル」の準備のために、このところ合間を見て、元崇仁小学校内の高瀬川沿いの雑木・雑草を刈り取っている。

まるで庭師だ。

チェンソーもいいが、ノコギリで立ち木を切るのは快感だ。

元崇仁小学校内高瀬川

立命館大学三回生の藤原祥太郎君が、10月から熱心に手伝ってくれる。

産業社会学部で指導教官が東九条出身のリム・ボンという都市社会学者らしく、東九条のまちづくりを研究テーマにしたという。

芸大生とちがって作業的なことは初めてらしいが、川の流れを変えて水をきれいにする方法を教えたら、学習意欲旺盛でどんどん自分でやり出し、ほとんど毎日のようにやってくる。

崇仁高瀬川保勝会には地元の人は皆無で、芸大も遠いから、ほとんどいつも作業は一人でしているが、若者が手伝ってくれるというのは新鮮な体験だ。教員をしていても、学生を使うのは苦手なのだ。そもそも芸大生はほとんど女子だし。

元崇仁小学校内高瀬川

作業はまるで庭師のような気分。見通しがよくなった。

 

元崇仁小学校内高瀬川

吊るす子供のビニールペインティングは1.2×20m弱。

先日、ハトメをつけたばかり。吊るすには棒を使う。作業は11月1日午後〜2日の二日半。

ここは高瀬川ギャラリーと名づけよう。

川の中に亀を見つけた。あのクサガメの子供だろうか。

 

舟型テーブル

京芸院生の毛利愛実子(陶磁器M2)と山本紗祐里(染織M2)の二人展「透明なすみか」が、24日から崇仁テラスで始まった。

お菓子のケータリングをするというので、テーブルはいらないかと聞くと、ほしいというので、端材と切り出した自然木を脚にして二つの舟型テーブルをつくってやった。大工仕事だ。

段差をつけて自由に重ね合わせもできるようにした。

補強すればベンチに転用できる。石の重りをのせて川に入れたら、文字通り舟になる。まあ彼女らはしないだろうが。

とにかくアトリエで片付かない材木が少し減ったことがめでたい。

 

崇仁テラス

 

「崇仁テラス」は芸術作品ではない。

だが、「川の上に浮ぶつかのまの空き地」という性格は、都市空間のなかでの芸術の場所を象徴しているようにも思える。

都市空間と芸術活動を媒介するVoidとして。

 

Reconstruction de la Terrasse de Suujin vol.4

20 Octobre 2018, samedi

 

10月20日(土)〜21日(日)、崇仁テラスの4度目の再設置作業。前回の設置作業は7月30日と31日だった。

 

いつのまにかGoogle Mapの空撮に《崇仁テラス》が映っている。

崇仁テラス

西側の空き地に団地建設工事が始まりかけているから、撮られたのはこの4月だろうか。

 

立命館大学3回生の藤原祥太郎君(8月から保勝会に参加)、京都景観フォーラムの辻野隆雄さんに加え、テラスまわりで展覧会をする芸大院2の毛利愛実子さん(陶磁器)、さらに2時からはむらたちひろさんも手伝いに来てくれたので、20日でがっしりした躯体が完成した。

1年前は躯体は一人でつくった。若い人手があると本当に楽だ。

 

崇仁テラスづくり

午前10時〜11時半、資材を運ぶ。

西側の団地建設現場は、この日は幸いにもコンクリートの搬入がないので、道路が使えて助かる。

崇仁テラスづくり

昼飯前の情景。今回は少し北に寄せ、桜の木がかかるようにした。

崇仁テラスづくり

柱の12mmのボルト穴に虫が巣をつくっている。卵を産みつけたのか。土バチだろうか。

崇仁テラスづくり

崇仁テラスづくり

16時半。この日はここまで。はかどった。

 

21 Octobre 2018, dimanche

 

空き地

崇仁地区はどんどん空き地が増えている。塩小路高瀬川北側にあった古民家もなくなっていた。

terrain vague...

崇仁テラスづくり

前日に構造体ができたが、一部に筋交い(長さ205cm)が足りなかったので、朝早めにいって直す。

あとこの日は足場板をはるだけ。

きれいな水の流れが戻り、小魚(オイカワの稚魚?)の群れがいっぱい。

崇仁テラスづくり崇仁テラスづくり

オオシマザクラの影が、先日草を刈った部分の川面にぴったりはまる。

たえまなく移り変わる光と影、流れる水の音とかたち、そよぐ草花、飛来する鳥たち、ときどきそれらが奇跡的に同期する。

完璧な音楽だ。まったく野外はぜいたくな空間だ。

こうしたことを味わうために、年に三回、テラスをつくる。

Suujin Terrasse est un terrain vague sur la rivièrre comme une ouverture au miracle de l'Être.

 

崇仁テラスづくり

今回は1mほど北に寄せ、桜の木がテラスにおおいかぶさるようにした。

西側の団地建設は急ピッチで進んでおり、もう夏前の光景とはまったくちがう。

 

去年の秋にこのテラスのスケールモデルにした西側の空き地は跡形もない。

変化し続ける風景のなかで、川の上のテラスは定点観測装置でもある。