le concret et l'abstraction

22 mai 2017 (dimanche)

 

豊田市美術館に遠征。

 

手元に具体芸術研究所 Stiftung für Konkrete Kunst (Reutlngen) が1990年に出した展覧会図録『具体芸術 ART CONCRET』がある。

カバーに1930年にパリで出版されたArt Concret 誌創刊号の1節が復刻印刷されている。

 

ART CONCRET

 

-----

1) 芸術は普遍的である。

2) 芸術作品は実制作以前に精神によって全面的に構想・形成されていなけされていなければならない。それは自然の所与を受け入れるべきでないし、官能や感情の所与も受容すべきでない。われわれは抒情やドラマティシズム、象徴主義なども排したい。

3) 絵画は純粋に造形的な要素、すなわち面と色彩によって全面的に構築されていなければならない。絵画的要素はそれ自身以外の意味を持たない。結果として絵画はそれ自身以外の意味を持たない。

4) 絵画の構築もその要素も簡潔で視覚的に統制可能でなければならない。

5) 技術は機械的でなければならない。すなわち正確であり、アンチ印象主義的でなければならない。

6) 絶対的明晰さのために努力せよ

-----

 

ここにあるのは、主観的・感情的・個人的要素の排除ないし抑制が「普遍的」で「絶対的に明晰なもの」への道であるという信仰である。

それを彼らは「具体的 concret」と呼んだが、ここでの「具体」は、岡崎乾二郎が抽象芸術に望むような身体的認識に関わるものではない。2)に言うように、構想と制作は前者の先行と優位によって分離されているからである。

上記の原文が展示されていたが、内容をわかっているのだろうか。

モンドリアンと異なって、二流の追随者たちはきわめて安易に精神>肉体の西洋的二元論にあぐらをかく。

 

「具体」の語や概念の考察は、フルクサスが重視した「具体」の考察ぬきにありえないが、それも欠落していた。

萬鉄五郎の『仁丹』がなかったことも残念だ。

漱石については買いかぶりすぎだ。コンプレックスの裏返しか。

刺激を受けたのは、シュタイナーの積み木と、熊谷守一の計算ノートくらい。

 

美術史的なものとは異なる「認識」の表明は結構だが、実践的な立場から造形芸術の見直しに同じような関心を持つ者として、総論賛成・各論疑問という以上の感想を持ちえなかった。

これが疑似的な論証(意外と歴史家の手つきに似ていたのは皮肉というほかない)を伴ったキュレーション(展覧会構成)ではなく、表現の域に達していたら、ちがった感想をもったかもしれない。

 

別の一室で開催されていた「追悼・小嶋悠司」展で、久しぶりに小嶋悠司先生に出会う。

人間や動物の屍や切断された断片が混じり合うイメージの出所がどうしても納得できない。

朱色の線で形象をたどるのが浮いて見える。

 

芸術に関して、言葉で表明された他人の「考え」に充たされることはもうないだろう。

ダ・ヴィンチや宮澤賢治など、例外的な芸術家のは別として。

 

 

 

pressentiment

5月14日(日)

 

この春から勤務先の大学で、一番きらいで不向きな何とか組織委員会の委員長を欠席裁判でやらされ、

戦いの姿勢をとらないと、どんどん自分の時間が削られていく。

ギャラリーマロニエの小品展の作品も、搬入日前日になって、やっとまともに取り組めるような状況。

で、つくりだすと時間がないのにやっぱりのめり込む。

つくることが根っから好きなので、どんどん手を動かす。

いやしかし待てよ、と踏みとどまる。

工芸的に手の込んだ作品、特殊技術・特殊素材が多いなか、自分がやるべきことは、美術のもっと自由でシンプルな提示だろう、特殊素材も技術も使わずに、と自分に言い聞かせて。

 

昨年の「新シク開イタ地」展のために膨大な数をつくった「ふたしかな屋根」群で、アトリエが埋まって混沌としている。

これを再度制作プロセスに置き戻して新たな作品を生むことができれば、これ以上、ガラクタの数を増やすこともない。

そうだ、つくることを新しい循環の中に置き戻すことが自分がやるべきことではないか——そう思ってつらつら手を動かしていると、屋根が雨水を介して天と地をつなぐこと、自分が雨樋のかたちや素材にずっと関心をもっていることを思い出した。

(思い出すというのが、情けないところだ。それほど創作から離れた時点に芸大の仕事で追いやられているのだ。)

まもなく単純な手段で屋根から地面に垂れる雨水の造形ができた。

ふたしかな屋根:予感

屋根のかたちや傾き、支える仕組みから無数の絵画的建築的造形が可能との感触をもっていたが、

さらに屋根から落ちる水やその仕組みも取り込める感触をもった。

これはいいことか、悪い蛇足か、まだわからない。

それでサブタイトルに「予感 pressentiment」とつけた。

イエが流されて崩れるかもしれない。

 

 

2.5 dimension

4月9日(日)

 

ギャラリー・マロニエのグループ小品展『2.5次元』展の最終日。

2007年から続く企画展で、たびたび参加してきたが、今回のでシリーズ最終となるとのこと。

画廊主の西川さんから送られてきたDMには、2.5次元を立体と解釈する考えが掲載されていたが、ぼくはずっと絵画的なものと考えてきた。実際、展覧会タイトルの副題には「絵画考」とある。

なので、出品作品にコメントを求められたとき、「2.5次元をあくまで絵画的なものと考えてきた。立体作品になってはダメだというふうに」と書いた。

だいたい近年ずっと制作している「ふたしかな屋根」シリーズは、傾いた屋根の面そのものがテーマだ。

傾いた面には、絵画と立体、造形的なものと形而上的なもの、天と地、光と影、人間と自然、見えるものと見えないものといった、気になる命題のすべてが集まっている。「傾き」には見るものの身体も含意されている。端的に2.5次元そのものである。

 

今回は、東北に旅立つ直前の3月25日(金)に、過去のドローイングをもとに制作した。

材料費はほぼゼロ。

toit incertain

最終日のパーティで、画廊の方が購入されたことを知る。

「2.5次元展の記念に」と言われたが、価格が安かったせいもあるだろう。

だいたいぼくの作品は、一部の作家や画廊の人が気に入ってくれるが、一般受けするものでない。

 

2.5次元のシリーズ、個人で続けていこう。

 

 

Workshop dans le bois de chouette

12 mars 2017

 

Workshop_フクロウの森・観・光
Kishiwada Art Project 2017 : bamboo x art ⇒ encounter

 

14:00 - 16:00 「フクロウの森」を楽しむ方法をその場でつくりだす

 

準備_1 マップと作業用の画板をつくる(当日朝)

 

準備_2 オリジナルのフクロウ・マークで参加者用の名札をつくる(当日朝)

 

準備_3 現場の森の中で、竹を切ってサインの支持体をつくる(当日昼)

(奥は「稲を植える人(稲垣智子+植松琢磨)」の力作《Story of K》の一部)

 

日詰明男氏による《フィボナッチ・トンネル》(メイン会場 愛彩ランド)

 

13:30〜 岸和田市少年少女合唱団

 

フクロウの森 会場入口

 

午後2時、《フィボナッチトンネル》を通ってワークショップ開始。

以下、ワークショップ成果物

 

象鼻の丘

ヘビノキ(脱皮中)

五指橋

フクロウ梅

 

参加者の数や顔ぶれがわからなかったので、大人でも子供でもできることをしたが、

竹で箸や皿、おもちゃ、あるいはドームをつくるなど、もっと工作的なことをしてもよかったのかもしれない。

とりあえず「観光地図」をまとめて来場者に配布できるようにしよう。

 

 

Repérage_Kishiwada Art Project 2017

3 février 2017

 

3月の「きしわだアートプロジェクト2017:竹xアート > であい」で3月12日(日)に行うワークショップの下見に、愛彩ランドに隣接するフクロウの森(岸和田市三ヶ山町)に行った。

 

当初の企画では、愛彩ランドの芝生地が開催場所になっていた。
だが来てみると、道路を隔てた谷にあるこちらの森の方が魅力的だったので、こちらも使うことを提案した。
去年の7月16日のことだ。以来ごぶさたしていたが、年明けにポスターなどが送られて来て、企画の全体がのみこめた。

ぼくのワークショップの場所はこちらの森だ。


企画を担当する岸和田市文化国際課(マドカホール)の野村さんに案内いただく。

 

 

夏に来たときは緑豊かだったが、ずいぶんすっきりしている。

 

今回、森で何ができるかを確認するため、現場のことがわかる人の同行をお願いしたら、市の丘陵整備課の公文さんと渋川さんが来てくれた。

聞けば、この丘陵一帯は、以前モザイク状に地権が入り組み、放置竹林が広がって荒んでいたそうだ。

それに対処するため、岸和田市は、大阪府のアドブトフォレスト制度を使って、企業といっしょに森林再生に取り組んだ。

参加している企業は、奥(西)から順に、大日本住友製薬株式会社株式会社平田タイル株式会社カナエ

対応する部署が丘陵整備課。再生した森は「フクロウの森」と名づけられている。

フクロウが生息するのは、餌となる生きものが豊かな環境だからだ。

 

すっきり片づいているのは、このエリア担当の大日本住友製薬の社員さんたちが定期的に整備作業を行っているからだ。

いい家族リクリエーションになるのだろう。

 

 丸太橋をわたって尾根の方に上がってみる。

 

 

道はついていないが、なんとか尾根まで上ってみると、尾根に沿って道があった。

 

 

尾根道に土地の境界を表わす古い杭が打たれている。整備事業以前のものらしい。

尾根道を散歩道として整備して、ベンチなど置いて仮休憩所をつくるのはどうか。

 

 

 

伐採した竹を機械で粉砕している。

 

 

あちこちにふんわりした竹粉の丘ができている。

タケノコならぬタケノコナを使う手もあるなと思って、少し持ち帰った。

 

 

伐採した竹は使っていいらしい。これが確認できただけでも大きい。

 

 

今回の一番大きな発見は、池をみつけたこと。

愛彩ランドのまんなかにも池がある。同じようにこちらの辺鄙な池にも噴水をつけたら面白いだろう。

 

 

 

平田タイルが管轄する土地の奥に面白いものが二つあった。

 

 

骨組みだけになった竹の小屋。

 

 

横倒しになりながら、そのまま成長した大木。

枝が水平にのびている。ツリーハウスやブランコなどがすぐつくれそうだ。

いろいろまわりに線をつなぐことも。

 

 

道の駅・愛彩ランドでランチをいただく。

農産物直売所とバイキングスタイルのビュッフェが併設されている。

泉州野菜をふんだんに使ったヘルシーな食事が人気で、いつも大にぎわいという。

 

 

レストランで食べた彩誉という岸和田ブランドの甘いニンジン。買って帰ることにした。

 

ちなみに今回の「きしわだアートプロジェクト」は、国から降りた助成金がもとになってたちあがったそうで、広報物のデザインは、江之子島文化芸術センターの相談窓口を通じてデザイナーにやってもらったそうだ。

あそこの前身は大阪府立現代美術センターだ。今はいろんな行政的サポートも手がけているようだ。
最近の世の中の仕組みが読めてきた。

 

次に来るのは、ワークショップ本番の3月12日になるだろう。

どんな人が何人参加するのか、皆目わからないが、まずは自分が楽しいと思えることが大事。

作業レベルを何段階か用意しよう。