Hommage à M.Kosugi

30 octobre 2019, mercredi

 

フルクサス演奏会

 

塩見允枝子先生による公開式特別授業「時間と空間に分け入る〜フルクサス作品の演奏をとおして」

予想以上の入場者に、イスもプログラムも足りなくなり、あせった。

 

あらためて、自分は企画やプロデュース的な仕事に向いていないことを痛感する。

ポスターやプログラムをデザインしたり、小道具をつくったり、舞台美術を制作するのは楽しい。

だが手を動かさずに、人を動かすこと、あれこれ連絡してスケジュールや進行をまとめたり、会場で来場者に対応するのは、本当に苦痛だ。胃が痛くなる。ぼくはあくまで「モノをつくる人間」なのだ。

 

今回、塩見先生が小杉武久さんの<ディスタンス・フォー・ピアノ Distance for Piano>をプログラムに入れていた。

「離れたところにあるピアノに触れずになんらかの道具でそのピアノを鳴らす」というインストラクションだ。

塩見先生からすれば、亡き畏友への敬意の表現でもあったのだろう。

小杉さんは東京芸大時代、塩見允枝子らと「グループ・音楽」の活動をされていた。

 

いつどこでだったか忘れたが、小杉さんと一度、短かく話したことがある。

そのとき小杉さんの言葉が忘れがたい。

「すべては波だよ」、と小杉さんは言われた。

 

<Distance for Piano>のための小道具の制作を学生に求めたが、だれも反応しない。

それで準備に奔走していた28日(月)午後、2〜3時間かけて、身の回りのものを適当に組み合わせて軽くて丈夫な3mの竿をつくり、洗剤を入れる人形型のボトルと、フックをつけたミニカボチャを先から吊せるようにした。

吊るすのはヒモではなく輪ゴムを使い、反動で動くようにした。

遠くからゴムでぶらさがった小物体をピアノの鍵盤に当てて音を出すことで、人間の意図と演奏技術からピアノを開放するという小杉さんのねらいに応じるつもりだった。

人形ボトルかミニカボチャ1個か2個か、奏者は複数の選択肢から選べる。

ぼくなりの小杉さんへのオマージュでもあり、つくっているときはとても楽しかった。

(小杉武久さんに関してはいろんな人が書いている。影響力の大きな人だった。

訃報に接して書かれたもののなかで感銘を受けた記事の一つは、ele-kingという音楽関係者たちのサイトにある。→

 

3mと言うと塩見先生には電話の向こうで唖然とされ、美術学部の女子学生にはぶらさげたときに重すぎると言われた。

だが奏者となる作曲専攻の女子学生は、重たい方のミニカボチャ2つをつけた竿で「演奏」することを選んでくれた。

2つの重さの異なるカボチャを鍵盤のうえに下ろすとき、左右2つ以上の思わぬ音が、同時に、あるいはズレて鳴る。

そのことの面白さをリハーサルでつかんでくれたからだろう。

 

小杉さんのいう「波」は、上下に弾みながら揺れる竿の先端に来ていただろうか。

 

フルクサス演奏会

フルクサス演奏会

フルクサス演奏会191030

没になっても背中で笑うボトル人形。

 

Question de l'angle

26 octobre 2019, samedi

 

10月14日に引き続いて4人で報恩寺のリサーチ。

いわゆる「作品」をつくらずに、報恩寺の空間を体験する新しい視点を「地図」という形式で提示するという方向は決まったのだが、内容と形式がむずかしい。

つぶさに寺の中を見ていくうちに、なぜ報恩寺の事物どうしが多様な角度で関係しあっているかが少しわかってきた。

お寺の経営と維持をめぐる現代の困難さが反映しているようなのだ。

だがそのことは逆に、人の管理の手がゆるんだときに、モノがいかに魅力的に関係しあうかを教えてくれる。

これは「時間のレッスン」のときから感じていることだ。

それは、エピクロスのいうクリナーメン(偶然の小さな偏向)が発生するからともいえるように思う。

 

この日もっとも感動したのは、石庭にいっせいにキノコが生えている風景だった。

報恩寺

報恩寺

白砂はけっこう厚く敷き詰められているのだが、そのすきまに菌糸のネットワークができているのだろう。

今村源さんの好みの世界だが、ぼく自身もキノコたちの生命の讃歌が聞こえた気がする。

おそらく1週間もたたずにこの風景は消えるだろう。

エピクロス的クリナーメンが白砂の内側で無数に生じているように錯覚する。

 

ルイ・アルチュセールは晩年、「偶然の唯物論」を思考の足場にした。

「世界の形成以前には無数のアトムが平行して真空の中を落下しています。・・・そこにはどんな意味も実在しなかったし、原因も目的も理性も非理性も実在しなかったのです。それは、理性的、道徳的、政治的、美学的な、あらゆる目的論を否定するのです。・・・この後でクリナーメン clinamen が出現します。クリナーメンとは、どこでも、いつでも、どうにでも生じる無限に小さい偏向です。重要なことは、クリナーメンが真空落下のなかで原子の逸脱を引き起こし、隣の原子との出会いを引き起こすことです。そして・・・出会いが出会いを重ねることから世界が生まれるのです。・・・エピクロスが言っていることは、理性とか第一原因とかではなくて、偶然の偏向こそが世界の起源になるということです。」(『哲学について』今村仁司訳、筑摩書房、p.42-43)

 

この概念を思い出したのは、報恩寺での展覧会を「角度」というコンセプトで束ねることが賛同され、その導入文を書くよう頼まれたからだ。エピクロスもアルチュセールも研究する気はないが、偶然の角度、偶発的な斜行こそが存在の根底にあることを、ぼく自身確信している。

角度という観点、そこからあらゆる事象の発生を唯物論的に知覚すること、それはとてもクリエイティブな刺激を与えてくれる。

造形の神は角度に宿る。

 

-------

報恩寺の角度

 

誕生仏は右手を天に向けてあげているが、その角度はさまざまである。釈迦が誕生したとき、月は天頂に対してどのような角度にあっただろうか。その月は、約46億年前、テイアと呼ばれる火星ほどの原始惑星が原始地球に斜めに激突して生まれたといわれる。それはどんな角度だっただろうか。すべての存在の起源に偶然の角度がある。
信仰の空間も複雑で豊かな角度のネットワークで織りなされている。如来像と脇侍の角度、仁王尊像の四肢の角度、合掌する信者の手の角度、見上げることと見下ろすこと…。報恩寺の寺宝『鳴虎図』のくねる虎の尾と蛇行する水流。二羽のカササギの嘴の延長線は二本の松の分かれ目で交わり、虎の背に導かれた視線は起伏をたどって舌の先から水流に落ちる。変化する角度の連鎖が絵に息吹を与える。
報恩寺は、その信仰の空間や数々の名宝だけでなく、寺の日常を支えるさまざまな事物や風景もまた、こうした精妙な角度の戯れに富んでいる。角度に宿るのは、人、モノ、光、重力、空間と時間の偶発的であり必然的でもある関係である。その関係は、見る位置や方向によって現われたり隠れたりする。見る人もまた身体ごと角度の織物に織り込まれているからだ。
報恩寺の時空は、何よりも「見ること」に関わる術としての美術の本地に立ち返ることをわたしたちに要請する。「見ること」を促し、存在の偶然と必然に触れさせてくれるのは、何よりも角度である。/591字

-------

 

例えば、かつて山門にあった仁王尊像(右側の那羅延金剛)の足下。

報恩寺

山門が享保15年(1730)に類焼したとき、お墓のなかに立っていたという伝説があり、『墓飛びの仁王像』ともいうそうだ。

人心も荒廃した現在、人びとによるいたずらを防ぐため、粗末な仕切り壁の小部屋に配されている。賽銭箱も段ボールだ。

鎌倉彫刻の様式をとどめる寄木造の尊像で、修復すればいいのにと思うが、その見返りがないのかもしれない。

-------

 

展覧会は11月16日から。はたして「地・図」はできるか。

 

Onomichi - Kurashiki

20 Octobre 2019, dimanche

 

倉敷芸術科学大学での特別授業で山陽に出向いたついでに、FKSKの小野環さんが参加している尾道市立美術館の「ここからむこうまで」展へ。

尾道は何度か来たことがあるが、初めて載ったロープウェイで千光寺公園へ。

小野さんらの「もうひとり」もそうだったが、ほかの作家の展示でもブルーシートが多用された印象が残った。

2016年に神戸アートビレッジセンターでのインスタレーションでブルーシートを床に敷き詰めて海を表そうとしたとき、やるまえに少し躊躇があったが、今はブルーシートが積極的に使用されるようになっている。

災害が増えている状況、あるいは歴史の中で朽ちゆくものが増えている状況も遠くで反響しているのかもしれない。

 

小野さんと横谷奈歩さんが再生を試みている「高橋家」も、朽ちた屋根をブルーシートでカバーしていた。

 

尾道駅は改築されていた。アトリエ・ワンが手がけたらしいが、予算や条件の制約がきつかったのだろう。ちょっと悲しい出来栄え。

駅の屋上階に、カフェに併設してm3 hotel というのがつくられていて、泊まってみたい気もしたが、夜は倉敷泊。

 

 

21 Octobre 2019, lundi

 

午前中、倉敷の有隣荘へ。庭が小川治兵衛作と知って、がてんがゆく。

 

午後は倉敷芸術科学大学へ。ここでの特別授業も今年で最後になる。

岡山時代にお世話になった近藤研二先生の依頼なので、断れない。

「デザイン特論」という科目名で履修者はメディア映像学科の学生だが、デザインとは何の関係もない現代美術寄りのレクチャー+ワークショップ型の内容。

漫画やイラストを専攻する中国人留学生3人が参加していて、彼らの反応が興味深かった。

夜は、彫刻家の浜坂渉さんを交えて3人で倉敷のおでんや「新粋」で会食。

家計学園が倉敷芸術科学大学をつくるまえ、ぼくは頼まれるまま、浜坂さんといっしょにカリキュラムなどいろいろ提案した。

そのときは浜坂さんは浜松のポリテクニークで造形実習を教えていて、近藤先生は岡山のポリテクニークでデザインを教えていた。

1995年にぼくが岡山大学から京都芸大に移るとき、浜坂さんを倉敷芸科大に推薦して赴任してもらった。

その浜坂さんも今年度、近藤先生は来年度で退職。

ぼくの授業も今年で最後。

ひとつの時代が終わった気がする。

 

élagage autour de la étang_3

16 octobre 2019, mercredi

 

@KCUA-terrace

before(本家雅衣撮影)

@KCUA-terrace

after

 

この夏前、雑木で覆われた京芸の池のまわりを一人で剪定したことがあった。

池にテラス(@KCUA Terrace)をつくろうという構想のためだった。(→

当初は夏に池の水を減らして底の状態を確認することまで考えていた。

だが8月末からのマレーシア行きや共同浴場ののれん制作、この秋のイベントや展覧会が重なって忙しく、それは延期になった。

ところが先日、ぼくの構想を聞いた学生たちに呼び止められ、いっしょに池をきれいにしてテラスをつくりたいと提案された。

だれも池に関心を持たなくなっていたので、多少とも池の水面を見えやすくした成果かな、とうれしかった。

 

彼らと話してるうち、1995年に京芸に赴任してまもなく、学生たちの要望で "Gゼミ"という自主ゼミを立ち上げたことを思い出した。

そのときのメンバーとは長くつきあいが続き、彼らが卒業後もプロジェクトや展覧会をいっしょにやっている。

当時は「なっちゃん」と呼んでいた女子学生は今、呉夏枝(OH Haji)として国内外で大活躍している。

かつて声をかけてきたのは主に3回生以上だったが、今回は学部の1〜2回生。

Gゼミをやりだしたときは、インターネット黎明期で、スマホもSNSもなかった。

今はみなスマホをもち、SNSで連絡を取り合う。この点が大きくちがう。

ぼくが、なぞめいた面白いネーミングで連絡網をつくったら、と提案したら、さっそく「イケカエタイ」という名でLINEのグループを開設してくれた。

 

この日は最初の作業日。

昼休みに3つの剪定ポイントを検討し、そのうちのひとつに放課後着手した。

午後5時になるともう薄暗くなりかけていたが、1時間たらずの作業で、池の彼岸と此岸をつなぐ視線の「穴」を枝葉のスクリーンに空けた。学生たちは楽しそうだった。

総務課の若手職員も協力してくれ、いい滑り出しになった。

Gゼミのときのように、将来活躍するアーティストが現れてくれるといいなと思う。

 

@KCUA-terrace

 

Typhon Hagibis et la couleur bizarre

13 octobre 2019, dimanche

 

typhon

巨大台風19号(Hagibis)が接近中の昨日の日没前、屋外が赤味を帯びた不思議な色に染まった。

色温度2000Kぐらい? 太陽光の角度と水蒸気の関係? 

どういう仕組みかわからないが、映画の中にいるようだった。

typhon