Regardez des étoiles et le nettoyage du Takasegawa vol.8

mercredi 31 janvier 2018

 

この日は、皆既月食とスーパームーンとブルームーンが重なる約260年に一度の日。

同じ日に、今企画している展覧会「ほしをみるひと」のチラシができたのが奇遇。

自分でやらずに、デザイン科の辰巳先生にお願いした。だからよけい奇遇。

皆既月食2011/12/10

 

皆既月食は20時45分からはじまり、23時8分まで続いた。

途中雲がかかったが、欠け始めと月食の終わりは目で見ることができた。

なれないスマホのため、撮影はできなかった。なのでこの写真は2011年12月10日皆既月食のときのもの。

 

おそらく、今のように人間の文明が地球を覆い尽くしていなかった時代、
「ほしをみる」ことは人の生存に深くかかわっていただろう。
空はもっと広かったし、輝く星の数も比べ物にならないくらい多かっただろう。
地平線や水平線が人の生きる環境を縁取り、
人はほしをみることで自分たちの位置や行き先や過去や未来を把握しただろう。
ほしをみることは生存の確かな手がかりを得ることと不可分だった
 そして地球もまたひとつの星(惑える星)である。

そのことを誰よりも感得していた芸術家の一人が宮澤賢治だ。
「ほしをみるひと」は、藤原隆男先生の退任記念展でありながら、
そうした根本的なことを再確認する機会になればと思う。

 

---

第8回高瀬川の川掃除のフライヤーもこの日に納品された。

今年はメインに使う写真を変えた。

 

clean-takasegawa

 

こんなに人が集まればいいが。

 

 

関連する記事
コメント
コメントする