art et l'infrastructure de la société moderne

lundi, 29 janvier 2018

 

京都市上下水道局からの依頼で、南禅寺舟溜のインクラインのドラム室を見に行く。

 

インクライン・ドラム室

8年前(2010年)の琵琶湖疏水リサーチのとき、アーチ屋根のある見晴らしデッキの上に立って、噴水の水を指揮したことがある。

電動式のポンプではなく、高低差を活かしたサイホン式の噴水なので、バルブの開け閉めで噴水を操作できるのだ。

で、「閉めて」「開けて」と合図すれば、職員の人がバルブを開け閉めしてくれて、噴水が噴いたり止まったり。

指揮者気分だった。

今思えば映像を撮ればよかったのだろうが、用意してなかった。

 

そのデッキの下に今回相談を受けたドラム室があった。

 

インクライン・ドラム室

 

インクライン・ドラム室

ワイヤーが切られている。

奥のスペースは、動物園の石垣とのすきま。

 

長年放置されていたとはいえ、かつてここで傾斜鉄道を操作した。

 

インクラインの工事の完成は明治22年。

建設当初は、水車動力でドラム(巻上機)を回していたが、蹴上水力発電所の完成により電力使用になった。

巻き上げ用ドラムは、最初は蹴上船溜の上にあったが、のちにここ南禅寺船溜北側の建物に移された。

ドラム直径3.6m。35馬力(25kW)の直流電動機で回転させて、直径3cmのワイヤーロープを巻き上げて運転したという。

蹴上船溜の方には、直径3.2mの水中滑車(展示品)を水平に設置していた。

 

インクラインは蹴上舟溜りから南禅寺舟溜りまで約582m、高低差約36m。

するとワイヤーは全長2km近い?

 

インクライン・ドラム室

なんとドラムは木造だ。

 

インクライン・ドラム室

木造ドラムにロープの跡がくっきり残っている。

床の木造部分は操業を終えてから穴をふさいだもの。

 

インクライン・ドラム室

これがブレーキ?

 

インクライン・ドラム室

高圧電流をこんな場所で制御していたらしい。

 

インクライン・ドラム室

奥に作業員の休憩室がある。

 

インクライン・ドラム室

時計の跡は時の空白をものがたる。永遠の現在。

 

インクライン・ドラム室

 

インクライン・ドラム室

目の前にインクライン。こんなすごい場所があったとは。

 

インクライン・ドラム室

水道局の上田さんらは、ここに案内板を立てたいという。

しかし費用や工事の関係で、耐震補強ができないようなので、大々的な公開はできない。

この場所を保存しつつきちんと公開するには、いろいろと工夫が必要だ。

ただ案内板を立てて終わりではない。

それがなんと年度内にすませたいという。

う〜ん。

 

いつかここで作品展示をやってみたい。

湊川隧道もよかったが、役目を負えてなかば廃虚化したインフラ施設ほど、魅力的な空間はないと思う。

国交省が土木遺産などのインフラ施設を観光に役立てる旗をふっているそうだ。

だが、ここは大々的に公開できないというのがいい。

時間をかけて取り組みたいが、今は時間がない。。。

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする