Les résidences à Suujin démantelés

8 août 2020, samedi

 

崇仁市営団地の解体が進んでいる。

崇仁市営団地解体

崇仁市営団地解体

かつての崇仁新町のすぐ南側。

崇仁市営団地解体

旧・下京いきいき市民活動センターの建物に大穴が開いている。奥に崇仁第3浴場。

全体が京芸 Terrace Cの予定地。右下に旧高瀬川跡と崇仁第3浴場。

団地は27棟(左手前)と24棟(左奥)を残すのみ。新幹線が見える。

 

河原町通が下に潜る「フタカケ広場」。ここはTerraceCとBをつなぐ位置。

京芸の敷地ではないが、夏祭りなどが開かれていた場所なので、京芸と地域が共同で使える公共空間になればと思う。

TerraceBの予定地。奥の保育所は解体されるが、柳原銀行記念資料館はそのまま京芸の敷地内に残る。

左下から斜めに伸びる道は、旧高瀬川の流路に沿っている。いい水路がデザインされたらいいが。

崇仁市営団地地図

 

崇仁市営団地

京都駅ビルが見える。「ふたしかな屋根」の貴重な風景。

 

 

コメント
コメントする