Service commémoratif bouddhiste avec COVID-19

25 juillet 2020, samedi

 

朝10:30〜 Theater E9の「E9 2020」の2回目の公開稽古。

 

檀家になっている慶昌院から棚経の通知ハガキが届いた。

棚経通知

お寺もたいへんらしい。

ぼくは宗教には世俗からの超越を求めてしまう性質だが、イタリアの例を見てもわかるように、牧師も僧侶も信者も生身の人間である。

宗教的なものの手前に生身がうごめいている。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする