On a commencé les travaux de démolition

4 juillet 2020, samedi

 

柳原銀行記念資料館の山内政夫さんから頼まれ、秋の特別展のポスター・フライヤーのデザインの打合せで久しぶりに崇仁へ。

崇仁小学校

こんなに流量の多い高瀬川は初めて見た。

崇仁小学校

崇仁小学校の解体工事が始まっていた。塀も撤去され、フェンスが立てられている。

本当に資材置き場の移設は間一髪で間に合ったのだ。

崇仁小学校

柵越しに見る崇仁小学校のプールの最後の姿。

崇仁団地解体工事

京芸のテラスCが建てられる予定の崇仁市営住宅の解体も始まっていた。

崇仁団地解体工事

崇仁団地解体工事

崇仁新町の廃虚ごしに崇仁市営住宅の最後の姿を見る。

崇仁団地解体工事

崇仁団地解体工事図面

高瀬川の痕跡も結局つぶしてしまうようだ。せめてこの上に立つC地区の建物の床に高瀬川の痕跡を埋め込めと言ったのだが。
崇仁団地解体工事

解体工事は市営住宅の敷地の東側半分からはじめ、年内にすべて撤去を終える計画らしい。

来年1月から京芸の建設工事が始まる。

 

資材置き場

《崇仁テラス》の資材置き場を見に行く。豪雨で濡れてるかと思ったら、無事だった。

資材置き場

七条大橋をキレイにする会の看板が掛けられていた。

 

管轄するすまいまちづくり課から何の文句も来ないので、資材置き場移設は完全にうまくいったと思われる。

あとは物置にいつ絵を描くかだ。

 

京都市内でコロナ感染のクラスターが発生したらしい()。

来週、1回生たちが初めて京芸に登校してくるのだが、心配だ。

 

コメント
コメントする