construction une baraque pour remiser les matériaux de la Terrasse_3

31 mai 2020, dimanche

 

5月29日(金)

夕方、元崇仁小学校のプール脇で、比較的長いまっすぐな樹を入手。

資材庫の桁の樹をそちらに取り換える。

資材庫づくり

やっと4本の桁もすべて一本の樹でまかなえるようになった。

 

・ ・ ・

5月30日(土)

 

屋根をつくる前に、構造をチェック。

すべて太さも曲がり具合もまちまちの自然の樹なので、材木を組むようなわけにはいかない。

 

資材置き場づくり

柱を立てたまま、地面の設置面から高さ3cmのところを切断。少し低くして、屋根の傾斜を確保する。

資材置き場づくり

梁と梁に角材を渡して水平をチェック。ほとんどやり直しなしで水平が出た。

資材置き場づくり

アーチ状に曲がった桁と桁のあいだに垂木をわたす。いろいろ補助材を差しこんでゆがみや高低差を緩和する。

製材された材木を使わず、全体がアーチのままの方がデザインはよかっただろうが、

1)時間がない、2)長い良い樹がない。よってハイブリッド・ブリコラージュを続行。

資材置き場づくり

崇仁小学校の運動場側にあった「ミカエル君」の屋根材のポリカ波板10尺(3030mm)9枚を池田精堂君から横流ししてもらった。

資源(ひとを生かしてくれるもの)は天下の回り物。

それでも足りないので、10尺波板5枚を仕方なく購入。

長さ1600mmに切断して、どんどん屋根をはっていく。

二棟の右棟が幅65cmx7枚、左棟は6枚、重ね部分はひと波かふた波。

 

波板の残り(1430mmx14枚)は壁に使う。だが寸足らずで地面から50cmほど空く。

資材置き場づくり

後ろに樹木の幹があるので、波板が幹に当たる部分を切る必要がある。

やはりこういう不整形の材料と場所でつくるのは時間がかかる。

 

しかし総基礎のレクチャーでも言ったが、屋根ができていくと下に安心できる人間的空間がひろがっていくのは本当だ。

空間を質的に変容させる屋根の力は本当にすごい。

ほんとは自然の樹で曲面の屋根にしたかったが、高瀬川周辺は取り尽くしてもう適当な樹がない。

無償の「高瀬川製材所」はもう在庫切れ、ということだ。

デザインに欲を出すのはあきらめよう。

本日はここまで。

 

・ ・ ・

5月31日(日)

 

昨日の続き。

角材がどうしても足りないので、3m( 35mm角・2985mm)を6本購入(コーナンで1本308円・税別)。

 

資材置き場づくり

左棟も屋根の垂木を組んで載せる。左右が3800mmほどで右棟より少し狭い。

だがぼくの車では4mの角材は運べないので、2mの角材をつないで長くする。

屋根のポリカ波板も途中からブロンズに変わる。

ちぐはぐにかまわず作業を進める。

資材置き場づくり

資材置き場づくり

屋根ができた。だいたい屋根の高さが物置とほぼそろうとは思っていなかった。

台風対策に補強が必要だが。

 

資材置き場づくり

壁には残りのポリカ波板を使うつもりだが、そのために桟木を回さないといけない。

やはり長い材木が運べなかったので、3mの角材をつないで使う。

あいだに樹木の柱を一本立てたのが功を奏した。角材のつなぎの部分をその柱にビス止めして固定。

骨組みがどんどん丈夫になっていくのを感じる。

資材置き場づくり

ポリカ波板をすべてはるところまで行きたかったが、もう薄暗くなってきた。

資材置き場づくり

接いだ材木はみな種類がちがう。本当にありあわせの材料を切張りしている。

資材置き場づくり

天下の新幹線高架下に、ブリコラージュで大きな資材置き場をつくる河原者。

 

次回は壁にポリカ波板をはり接ぐ。天地が60cmほど足りないのをどうするか。

あと一週間ほどで高瀬川保勝会の道具・資材をこちらに移さねばならない。

コメント
コメントする