mémoire de la lumière

13 mars 2020, vendredi

 

5月末に予定している総合基礎の研修旅行の下見で、ひさしぶりに岡山を訪れた。

12日は、赤穂の塩の国(赤穂市海洋科学館)閑谷学校勝山町並み保存地区奈義町現代美術館と駆け足でまわって、最後の奈義町で小野和則さんと落ち合う。

小野さんには岡山時代(1990〜95年)にいろいろお世話になり、2000年、2001年には一緒に岡山で展覧会をやった。

もう78歳になるというのに、あいかわらずパジェロを乗りまわしておられ(現在は2台目、1台目は日本全国を走りまわって走行距離が94万キロ以上)、それに同乗して小野さんの自宅のある大佐町に向かった。

 

小野さんに誘われて一緒にやった「大佐町光の記憶」は、もう20年前になる。

当時の梅田町長が音頭をとって、「大佐町合併45周年記念事業」として行ったプロジェクトだった。

(1955年に刑部町など3町村が合併してできた大佐町は、2005年に新見市に合併された。)

 

2000年夏、今で言うアーティスト・イン・レジデンスにあたる町営の宿舎に泊まり込みながら、地域の環境そのものを文化財として提案することを企図して、川の源流を訪ねたり、石仏を調査したり、住民の古いアルバムから映像を起こしたりした。

二人展の会場になったのは、牛舎を建築家の丹羽英喜さんがリノベした「奥備中風土記館」だったが、小野さんによれば、ぼくらの展覧会が杮落としとなった風土記館は、今は閉鎖されているらしい。

1990年代はバブルの名残で、奈義町現代美術館のように「田舎の地に現代美術館」のような施設がいくつか生まれたが、福武財団の直島のような民間の施設とはちがって、公共団体が現代芸術に関わる公営の施設を維持することはまず無理だっただろう。

どう運営・展示していくかまで提案がまわらず、町役場まかせにしたのだから仕方ない。

 

小野和則さんは、制作することとアーカイブすることが重なる独特な作風をイタリア時代から継続している。

驚いたことに、小野さんは20年前の「大佐町光の記憶」のリサーチと提案の記録をきれいにファイル化していた。

小野和則と

ぼくはたしか「空の巻」担当だった。

 

小野和則邸

小野邸の2階のロフトは小野さんのアトリエになっている。

ぼくの昔の写真作品《Be twin -- Mr.N and Mr.D -- 》がかかっていた。

ぼくと小野さんは90年代、難波道弘さん(Mr.N)から難波産業のもと染織工場をアトリエに使わせてもらっていた。

 

翌日、小野さんとテキスタイル作家である奥さんの延子さんに、大佐の刑部川上流を案内してもらった。

小野和則と

県道112号線を北上、大佐ダムの近くにある「おーさ源流公園」に、寺田武弘さんの万成石の石彫を見つける。

岡山時代は寺田さんにも仲良くさせてもらった。

小野さんによれば、この作品はかつて蒜山公園にあったが、撤去される憂き目に会いかけ、この地に移設したという。そのことを寺田さん自身知らないらしい。

 

小野和則と

小野ご夫妻。御堂の滝の袂で。

 

大佐町

すごく意気込んだ文章。

 

大佐町

クマザサだ。東北の木地師が作業小屋の屋根に使ったりするものだ。

 

大佐町

いい茅だ。これも今やぼくには屋根材に見える。

 

フキノトウ

フキノトウが大佐ダムの北側の公園にがたくさん生えていた。

てんぷらにすれば春の味。

 

新型コロナウィルスの事件がなければ、この日は東京のNadiffで三島喜美代さんと対談している予定だった。

その中止の連絡を受けたのとちょうど同じ日に、久しぶりに小野和則さんから連絡をもらった。

その機縁で生まれた早春の再会と命の洗濯。

帰宅すると、増刷の面倒を見た三島さんの図録が届いていた。

今回の不思議な縁は、難波道弘さんの導きによるものだろうか。

 

コメント
コメントする