com-position aujourd'hui 200223

23 février 2020, dimanche

 

本日のコン・ポジション

淡路駅のカルカヤ

淡路駅のカルカヤ

#江之子島の雑草(大阪市西区江之子島2丁目1)

 

阿波座駅7番出口を出たところの阪神高速の橋脚の根元に、立ち枯れた雑草のかなり大きな株がひとつ。

金網で人が近づけなくなっているので、刈り取られずにすんでいる。

com(共に)position(位置する)にふさわしい光景にちょっとうれしくなる。

 

雑草はメリケンカルカヤと思われる。

メリケンカルカヤは、北アメリカから外来したイネ科の多年草。

茎が地際で枝分かれしてして株になり、高さ50〜100cmの大株となる。9月〜10月頃、茎全体に穂をつけ、種子はわずかな風で広範囲に散布される。根が地中にしっかりと生えるためなかなか手では抜くことができず、対処が難しい雑草だそうだ。

何よりの特徴は、こんなふうに立ち枯れしたまま春までみにくく残り、また新しい茎を出すことだ。根元をよく見ると、すでに緑の葉が出始めている。

 

Google mapで2016年秋に撮られたストリートビューに元気な姿が写っている。

金網が設けられたときから根付いたのだろう。

立入禁止区域は都市に自然が入り込む<孔>なのだ。

だがその自然も野生の自然ではなく、人間が生み出すグローバルフローによってかき乱された自然だ。

メリケンカルカヤは「要注意外来生物」と指定されている。

阿波座駅のカルカヤ

Google mapのストリートビュー(2016年10月)から

 

コメント
コメントする