index_nishioka_tsutomu_1989-2019

20 janvier 2019, lundi

 

西岡勉作品集

 

畏友・デザイナーの西岡勉さんから、作品集が届いた。

「1989年に美術館の仕事を始めて以降の制作物をまとめてみました」とある。

 

美術関係のポスターや出版物の仕事が、モノクロームの図版でコンパクトにまとめられている。

自費出版なのだろう。

西岡勉さんといえば、関西のアート系グラフィックデザインの第1人者だ。モノクロームでも見ごたえのある切れ味するどいヴィジュアルが展開するのはさすがだ。

彼のデザインの力は何よりも眼力にある。美術家の思考や作品を内側から理解して、それをクールなグラフィックに落とし込む手際はいつもあざやかだ。それを導くのが精妙な文字組。ぼくもグラフィックデザインをするので、彼の縦組みはいつも参考になる。

 

カバーの裏は写植の文字盤の写真。若いデザイナーは現物を見たことがないのではないか。

写植は90年代にDTPに座を譲ったが、西岡さんは2000年代になってもしばらく写植を使っていたらしい。

気心の知れた写植の職人さんがいたからと聞く。

デザイナーは昔は活字や写植の職人とコラボできた。DTPやデジタル出版は、そうした職人技術を滅ぼした。

ぼくが西岡さんと知りあったのは、大阪府建築士会の機関誌『ひろば』のデザインを手がけていたころだ。

当時はDTP普及以前。カッターと定規、色見本と写植見本帳だけで仕事していた。

 

西岡さんへのお礼のハガキに、「ぼくはまだ当分仕事がまとまりそうにありません」、と書き添えた。

 

 

コメント
コメントする