Au revoir, Docteur Nakamura.

30 decembre 2019, lundi

 

ペシャワール会報号外

ペシャワール会から会報の号外が届いた。

2004年からの会員だったので、ずっと会報を受け取っているが、こんなつらい号外はない。

中村哲先生の逝去が今年もっともショックで悲しかった。

先生はぼくの英雄だった。医者で河川工学の独学実践者で、真の哲学者にしてアーティストだった。

人間はここまで清く力強くなれる。

その極北の人は、地球温暖化による気候変動を全身で感じておられた。

建物の中=屋根の下ではなく、屋根の外に活動の場があったからだ。

2010年、京都国立近代美術館の前で制作中だった《アクアカフェ》のなかで、先生は「最近はアフガンでも気象の変化が激しくなった」とつぶやくように言われた。その言葉がずっと頭の中に残っている。

 

この号外には、先生の絶筆として、西日本新聞12月2日に掲載された「信じて生きる山の民」と題したエッセイが掲載されている。

そこには、ジャララバード北部クナール河流域の小さな村ゴレークを訪ねたときの様子が記されている。

訪問の目的は、PMSの「緑の大地計画」の最終段階の一環で、ゴレーク村に近いクナール河の河川工事の許可を得ること。

ゴレーク村は、平地で進む近代化・民主化から取り残され、周囲から孤立して昔ながらの風習で人々が暮らしている。

人を寄せ付けぬ保守強固な地と思いきや、神と人を信じることでしかきびしい世界を生きることができない村の人々の心は、意外にも清く澄んで穏やかだった。

先生が書かれている最後の一節を書き写しておく。

「近代化と民主化はしばしば同義である。巨大都市カブールでは、上流層のあいだで東京やロンドンとさして変わらぬファッションが流行する。見たこともない交通ラッシュ、霞のように街路を覆う排ガス。人権は叫ばれても、街路にうずくまる行き倒れや流民たちへの温かい視線は薄れた。泡立つカブール河の汚濁はもはや河とは言えず、両岸はプラスチックごみが堆積する。

国土をかえりみぬ無責任な主張、華やかな消費生活への憧れ、終わりのない内戦、襲いかかる温暖化による干ばつ――終末的な世相の中で、アフガニスタンは何を啓示するのか。

見捨てられた小世界で心温まる絆を見いだす意味を問い、近代化のさらに彼方を見つめる。」(p.12)

 

中村先生のいない2020年代がまもなくやってくる。

 

---

ペシャワール会はPMSの事業を継続する。職員も募集している。

12月17日、マルワリードII用水路沿いの植樹に現地の人々がボランティアで水やりを始めたという()。

行動で事業継続の意志が示されている。

 

 

コメント
コメントする