Faire des lettres

13 decembre 2019, vendredi

 

ぼくは来年度、総合基礎実技の委員長を務めないといけない。

研究室が資材でごったがえしているので、この日のミーティングのために廃材で棚を手作りした。

総合基礎

昼休みは、次年度の総合基礎の課題に関するミーティング。

よくできる作家=教員がそろっているので、アイデアは豊富だが、敷居の低い課題にどう落とし込むかがポイント。

 

・ ・ ・

4コマ目は大学院の造形計画特講ゼミ。

この日はVDの永井攻君による「文字をつくる」ワークショップ。

紙の上でやると思っていたら、パネルや虫ピン、ストロー、ビスケット、付箋紙を持ち込んでくれたので、3次元で考えることができた。

文字的造形文字的造形

ワークショップはぼく自身も参加する。自分とちがう発想からはじめて造形するのが何とも楽しい。

異質な発想にふれることは、自分自身の造形思考を見直すことにもつながる。

学生たちは文字のかたちの再現をめざして単素材でやる者が多いが、かたちではなく構造に着目すると、異種素材を組み合わせていろんな造形が自由にできることに気付く。

「上・中・下」にトライしてみた。見る角度も文字ごとに変えてみる。「中」がシンプルで気に入っている。

文字的造形

POT。

文字的造形

一番最初につくった「平らでない平ら」。「FLAT」というのも同じく付箋紙を丸めながらやってみた。

文字的造形

文字的に見えるかたちを自由に配するのには原始的な悦びを感じる。なぜだろう。記号の生成?

 

ともかく文字の(による)造形というのは、面や量塊による造形と並ぶ「線による造形」の根源で、とても可能性に富んだ領域だと思う。線から面へ、面から空間へと展開できる。

文字的造形

赤松学長にプレゼントするものができた。

京芸の大学名が話題になる昨今、これはつぶされるか、捨てられるか、それとも飾られるか。

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL