deux lunes

24 novembre 2019, dimanche

 

「発酵をよむ」展でお世話になった大阪の +1art の年末チャリティオークション展「小さなわたしたち」のための制作。

2つの月があるどこか別の惑星の風景画のエスキス。

2つの月

例によって、2と5から始める。
なぜかこの数字はぼくの大事な造形原理になっている。

2つの月

高低差(5段階?)のある地形、ふたつの月、水。
この惑星に水があるかどうかわからないが、とりあえず地球型とは異なる生命への希望として。
 

2つの月

植物らしきものを加える。
2.5次元というか、奥行きのある画面はとても面白い。

2つの月

箱は内径142mm。紙の一部を長めに切って、箱に入れたときにできる自然なカーブを取り込む。
箱は画廊主で作家でもある野口ちとせさんの手づくり。
ボックスアートという一ジャンルがあるが、今回は箱としてでなく奥行きのある画面と考えた。
 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL