élagage autour de la étang_3

16 octobre 2019, mercredi

 

@KCUA-terrace

before(本家雅衣撮影)

@KCUA-terrace

after

 

この夏前、雑木で覆われた京芸の池のまわりを一人で剪定したことがあった。

池にテラス(@KCUA Terrace)をつくろうという構想のためだった。(→

当初は夏に池の水を減らして底の状態を確認することまで考えていた。

だが8月末からのマレーシア行きや共同浴場ののれん制作、この秋のイベントや展覧会が重なって忙しく、それは延期になった。

ところが先日、ぼくの構想を聞いた学生たちに呼び止められ、いっしょに池をきれいにしてテラスをつくりたいと提案された。

だれも池に関心を持たなくなっていたので、多少とも池の水面を見えやすくした成果かな、とうれしかった。

 

彼らと話してるうち、1995年に京芸に赴任してまもなく、学生たちの要望で "Gゼミ"という自主ゼミを立ち上げたことを思い出した。

そのときのメンバーとは長くつきあいが続き、彼らが卒業後もプロジェクトや展覧会をいっしょにやっている。

当時は「なっちゃん」と呼んでいた女子学生は今、呉夏枝(OH Haji)として国内外で大活躍している。

かつて声をかけてきたのは主に3回生以上だったが、今回は学部の1〜2回生。

Gゼミをやりだしたときは、インターネット黎明期で、スマホもSNSもなかった。

今はみなスマホをもち、SNSで連絡を取り合う。この点が大きくちがう。

ぼくが、なぞめいた面白いネーミングで連絡網をつくったら、と提案したら、さっそく「イケカエタイ」という名でLINEのグループを開設してくれた。

 

この日は最初の作業日。

昼休みに3つの剪定ポイントを検討し、そのうちのひとつに放課後着手した。

午後5時になるともう薄暗くなりかけていたが、1時間たらずの作業で、池の彼岸と此岸をつなぐ視線の「穴」を枝葉のスクリーンに空けた。学生たちは楽しそうだった。

総務課の若手職員も協力してくれ、いい滑り出しになった。

Gゼミのときのように、将来活躍するアーティストが現れてくれるといいなと思う。

 

@KCUA-terrace

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL