Kisho Kurokawa et Kuala Lumpur|Cahier Malais_1

28 août 2019, mercredi

 

Kuala Lumpur

インドシナ半島上空を通過。海外は2年ぶりだが、座席のモニターの地図表示が進化している(マレーシア航空 MH53)。

 

Kuala Lumpur

Kuala Lumpur

マレーシア国際空港の設計は黒川紀章(1998年)。

「森の中の空港、空港の中の森」というのがコンセプトらしく、十字路の交差展に円形アトリウムを設け、滝のあるジャングルを再現している。ブリッジを支える柱の素材はプラスチック。

 

Kuala Lumpur

きれいなカーブが反復する屋根のデザイン。内側は幅の狭い板木を使用。集落の屋根を参照したのか?

施工は大成建設と聞く。

空港の設計は1998年で、有名なペトロナスツィンタワーと同じ年。

マレーシアは前世紀末にバブルだったのか。

 

Kuala Lumpur

クアラルンプールセントラル駅の駅舎のデザインも黒川紀章(2000年)。

方向が皆目わからず、駅のデザインを撮影する余裕もない。ショッピングモールに向かう入口。

 

いみじくも来春、展覧会に協力するみんぱくの設計も黒川紀章。

その図面をデータで持ってきている。

ぼくらがつくる予定のオラン・アスリ集会所のイメージスケッチと展示企画書を求められているためだが、その宿題をまだやっていない。オランアスリの森に行くまでにできるか。

 

Kuala Lumpur

ショッピングモール内で道に迷う。

世界中にあるショッピングモールはどこも吹き抜けのアトリウムを設けている。

これ見よがしな空洞のスペクタクルはグローバル資本主義の象徴。

Kuala Lumpur

スマホの地図はいいかげんで、信じると自分の居場所を勘違いする。頼ってはいけないと思って、モバイルのWifiを持ってこなかった。

が、思わずネットにつながったスマホに頼ってしまい、CITI HOTEL@KL SENTRAL に着くまで30分以上うろうろする。身体感覚がマヒ。

着いてみたら、Jalan Thambipillay(jalanはマレー語で「道」)には低級・中級ホテルが林立している。

 

Kuala Lumpur

近くのパンジャブ料理店でおそい夕食。

チャパティ Chapati (ナンより大衆的)とチキンカレー、野菜カレーとコーラでちょうど10.00 RM(約280円)。

めちゃ安くてうまい。いいことがあるか。

rempeyek

ホテルの並びにスーパーがあり、とても地域色が濃さそうなお菓子を買う。

Rempeyek という、ピーナッツを小麦粉生地でカリカリに揚げたお菓子。これは名前を知りたくて写真を撮ったが、買った方はビニール袋にざっくり入っただけだった。マレーシアやインドネシアの大衆的食品らしい。

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL