Faire les "Noren" du bains publics de la ville de Kyoto

27 août 2019, mardi

 

カードは印刷予算が3万円しかないというので、上質180gを使う。

2日納品コースであげて昨日届いた。

色合いや印刷具合は沈みぎみだが、そんなに悪くない。比較するものがないからだれも粗印刷とわからないだろう。

「紙はいいものを使わないといけない」というVD専攻の某教授の声が聞こえるが無視。

 

本日は出国前日、内のれんと外のれんをしあげる。
支給されたラパンという目の粗い布に直接描く。

素人さんゆえ布選びがまちがっているが、染めたりする時間ないので無視。

まちがった布の上にアクリル絵具で直接ドローイング。

のれん

のれん

のれん

のれん

数年前から手がけている「2と5」のシリーズ。

5つの円のみで画面を構成する。布の風合いを活かすようにして。

 

余った絵具で紙に描いたら、どんどん悪くないドローイングができる。

5 circles というドローイング集をつくりたい。

そんなことを考えている自分は本来の自分に近づいている。

この描くことの身体的な実感は、芸術を取り巻く時代の閉塞感に抵抗しうるか。

 

のれん

外のれん。

こちらは奈良時代の「古地図」から抽出した線のモンタージュ。

ところどころ具象的なモチーフをまぎれこませる。まとめようとせず、分裂生成するドローイング。

 

これらののれんをかける京都市立楽只(らくし)浴場(千本北大路)は、今回のれんを頼まれたほかの市営浴場とともに、生活環境を改善しようと同和地区に設けられた。その管理は委託業者にまかされていて、その業者の一つから制作を頼まれたのだ。

 

だがこの楽只浴場は9月いっぱいで閉鎖になる。だからのれんも1ヶ月の命。この仮設感はぼくらしい。

頼まれた中のひとつの崇仁第3浴場も来年3月末で閉鎖される。

崇仁の市営団地が京芸移転のために取り壊されるからだ。

京都新聞が取材したいと言ってきている。担当は毛利愛実子だから、うまくこなすだろう。

 

ぼくは明日はもうマレーシア。

例によってまた旅の準備ができていない。。。

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL