Ramasser des images_2

8-10 août 2019, jeudi, vendredi et samedi

 

十和田から久慈へ。

 

十和田市現代美術館

くとうてん。東京から移住したデザイナー夫妻が営むクラフト店(→)。

ふつうの空き家に印象的なロゴの垂れ幕。予備知識もなく、魅かれたが、閉まっていた。

来春までというから縁がなかったということだろう。

十和田市現代美術館

手前の消防署では訓練中だった。ビルの背丈をはかるメジャー付き。

十和田市現代美術館

十和田市現代美術館(設計:西沢立衛、2008年開館)。外壁は金属系サイディングボード。

通路や展示空間のフラットルーフがきたなく汚れている。屋根は傾けないといけない。

 

十和田市民交流プラザ

十和田市市民交流プラザ(隈研吾設計、2015年)の外壁のディテール。

地元の杉のハメ板を隙間をあけて外壁に貼っている。

板をどうやって固定してるかを見ると、木材ではなく錆び止めした鉄の中空角材にビス止め。ビスが簡単に効くのか。

 

久慈もぐらんぴあ

久慈市のもぐらんぴあ

1994年に国家石油備蓄基地の作業坑を利用してつくられた「地下水族科学館」。

3.11の大震災で被災したが、2016年4月に再開館。

石油文化ホールと水族館を組み合わせたきわめてユニークな施設。

左手前は、一人あたり一日の石油消費量が4リットルもあることを1リットルの牛乳パック4個で示している。

わかりやすく楽しく展示しようという意欲が横溢してほほえましい。

 

もぐらんぴあ

手堀りからシールド工法まで、トンネルを掘る技術の変遷を示すコーナーもある。

トンネル技術、石油の備蓄の仕方、さかなに触れる水族館、さらに「北限の海女の素潜り」のデモ。

それぞれ無関係なカテゴリーのぶっとんだ同居。おしゃれにこだわらないのがいい。

 

琥珀博物館

久慈琥珀博物館。これは江戸時代の琥珀採掘坑道跡。

久慈は、バルト、ドミニカと並ぶ琥珀の世界三大産地の中で最古の8500万年前の琥珀鉱脈をもつそうだ。

「穴」を気にしていると、あちこちで「穴」に入り込んでしまう。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL