la tonte et l'abattage d'arbres_2

2 août 2019, vendredi

 

このところ草刈りや伐採ばかりしている。

まず芸大の池のまわり。次いで崇仁高瀬川。そして今度はつちのいえの丘

 

つちのいえの丘は、総務課が業者に出した草刈りの指定場所からはずされている。

だが、「テーマ演習」のひとつとして、オープンキャンパスの対象だし、マムシが出るとか聞いたので、アクセスの道を整備しておく必要がある。で、正午前から一人、炎天下のなか、草刈り機で作業を始めた。

つちのいえの丘

ジャングル化している。つちのいえの丘は本当に自然が元気だ。

つちのいえの丘

つちのいえの丘

つちのいえの丘

 

つちのいえの丘

つちのいえの丘

草刈り機は丸山製作所のBC20T

燃料はそんなに食わないだろうと思って半分強にしていたら、山すそまで刈ったところでなくなってしまった。

だが、水道への道もふさがれていたので、鎌と枝切り鋏で切り開く。

汗だくになったが、つらくはなく、楽しい。

熱中症などには縁遠い夏向きの体質でよかった。

だが15時からの「博士課程オープンリサーチプログラム」の途中で、脚がつった。。。

 

これから脳を絵画脳の方に切り替えねばならない。

6つの京都市営浴場ののれんづくりを指定管理者の都総合管理から頼まれたのだ。

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL