Ka-wa-ra-mo-no

1août 2019, jeudi

 

この3月まで芸大の教務課長だった小森和幸さんが都市計画局すまいまちづくり課に移動し、東九条の高瀬川と脇の須原通り近辺の担当になった。

小森さんから、東九条の住民を集めて「高瀬川と須原通りへの想いを語る会」をするので来てくれと頼まれ、東九条の「地域・多文化ネットワークセンター」へ。例の付箋紙を使ったまちづくりアイデアワークショップ。小森さんが仕切っている。参加者は、地域に十分な見識をおもちで、はっきり意見を述べる方が多かった。東九条マダンのキン・クワンミンさんも来られていた。

 

秋に住民の意見をふまえたデザイン案提示、来年2月には基本設計とすすむ。

高瀬川沿いの修景は、河川整備課からすまいまちづくり課にイニシャチヴが移った。

だが縦割り行政で、区画ごとにばらばらに進めている。

高瀬川をトータルに考えてくれといっても耳を貸さない。

行政を相手にすると貧乏くじを引くことになるので、身を引いておこう。

 

崇仁に立ち寄ると崇仁テラス横のフェンスが撤去されていた。

まだ道路の整備があるので、低い柵をつけるらしい。

芸大移転で取り壊す市営団地の住民が入る崇仁団地新棟が全貌を表わした。

同じ仕様(デザインとはいえない)の団地が塩小路通りの北にも出来ている。

再来日した鄭波(ジェン・ボー)とばったり出くわす。

 

崇仁テラス

新幹線が通るのが見えるこの風景も、芸大B地区ができれば消える。

5階建ての建物は高さ22.5mもあるからだ。

テラスをつくったときから予想していたこととはいえ、空き地を流れていた高瀬川がビルの谷底になるのだ。

芸大移転の基本コンセプトを「テラス」としたのはぼくだから、忸怩たる思いにかられる。

 

このあと、東九条のハトバカフェで、アートブック・ユリーカの小西友紀子さんと海外の美術書の出版・流通事情などについて話す。

彼女はもうすぐチューリヒへ移住する。まもなく8月4日から最後のブックフェア。

ウェブサイトの充実ぶりがすごく、毎月20000件のアクセスがあるという。

 

6時半からは、近くのうるおい館で、崇仁自治連合会の人たちと芸大設計JVの大西麻貴さん、行財政局やすまいまちづくり課の職員らと打合せ。芸大の外構工事についてのプレゼンと住民の意見聴取。

地域としては消滅するに等しい崇仁の歴史と記憶をキャンパスの内外のデザインに埋め込んでいくこと。

外構工事はまちづくりと深く関わるので、芸大の建設費を削るのではなく、京都市から別途予算を出させる必要がある。

七条以南の高瀬川流域を「創造の河原」にせよと河原者はつぶやく。

だが、縦割り行政に居直る京都市には無理だろう。

 

気がつくと、もう8月。

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL