élagage autour de la étang_1

27 juillet 2019, jeudi

 

アクアテラスプロジェクト

7月24日、京都芸大のキャンパス内で雑草刈りが始まっていることに気付く。

オープンキャンパス(8/4日)前に学内を多少きれいにしておくべく、総務課の施設担当が前任者から引き継いだ指示書を業者に託す。

この手続きを知らなかったので、2年前、つちのいえの丘の斜面がいつのまにか丸裸にされていて、苦情を言ったことがある。

「勝手に刈るな。ススキは屋根の材料なのだ」、と。

以来つちのいえの丘は草刈りの対象からはずされたようだ。

業者に渡した指示書をもらって、そのことが判明した。

アクアテラスプロジェクト

業者は大枝の大藪さんの親戚の植治造園。「うえじ」が大枝にもあるのかと思っていたが、「うえはる」と読むらしい。

草刈りと伐採とそれらの始末で、相場は知らないが、費用はびっくりするほど高い。

ぼくはなんでも自分でやる身なので、世間の常識を知らないらしい。

 

地図で微妙に色を塗っていないのが池のまわり。

だが、夏前で樹木も雑草も、ものすごい繁茂状態になっている。

2年来時間をつぶされている学内問題に対処するため、あることを思いついたので、1時間ほど池の周りの木や草を伐採した。

切るのは簡単でも、始末が面倒。だが大藪さんが伐採した木を持っていってくれるというので決行した。

 

アクアテラスプロジェクト

自然池と丸池をつなぐ水路が葉っぱで埋まって流れていなかったが、少し落ち葉を取り除くと水が流れるようになった。

アクアプロジェクト

 

アクアテラスプロジェクト

池と水路のあいだは20cmほど高低差があって、池の水が増えたら水路に水が流れるようになっていたが、水草の根と落葉が絡んで流れをふさいでいた。そこを切り開くと池の水が流れ出し、せせらぎがよみがえった。

 

15年くらい前だったか、事務局が池のまわりに柵をつけた。

学内を通る地元の子供が落ちたら危ないという理由だった。安全対策を言うことで管理強化する事務屋の発想だった。

教授会で反対したが、他のだれも反対せず押し切られた。

案の定、柵のために人々の池への関心は低くなり、まわりの樹木も放置状態になった。

そのころまで池にはポンプで空気を送り込んでいたが、ポンプはいつのまにか故障して、動かなくなった。

 

アクアテラスプロジェクト

ポンプの場所は設備課の山本さんに教えてもらった。おそらくだれも知らないだろう。

山本さんは芸大の職員ではなく、受託業者として施設管理を担当している。

ぼくが芸大の中で一番仲のいい人といっても過言でない。

 

アクアプロジェクト

造園の大藪さんに、草を刈るなら水路の岩を見えるようにしてほしいと頼んだ。

刈った草木も持っていってくれた。

学食前は指定からはずれていたので、ぼくが自分で刈ることにした。

枝切りばさみを持っていったのではかどった。すごく切れて、ノコギリより効率がいい。

池を視界から遠ざけていた雑木が柵の内外で繁殖していたが、1時間ほどで片づけた。

伐採は視界を開く感じで心地よい。

 

 

アクアテラスプロジェクト

すっきりと池が見えるようになった。

雑木を伐採して、地面と水面、此岸と彼岸を視線でつなげるようにすることは、あまり時間はかからないとの実感を得た。

 

問題はこの柵を取り去り、かつての親水性を回復することだ。

学生が破傷風になるという水のよどみ、ヘドロやゴミのたまっているらしい池の底。

それらはこの柵が人々と池の生きた関係を断ち切ったことの帰結だ。

池をきれいにするためには、亀やスッポン、カエルや魚たちに気を使いながら、いったん水を抜く必要がある。

抜いても湧き水だから水は自然とたまる。

新しいポンプで空気を送り込んでたえず水を動かすことも必要だろう。

 

これらの作業の向こうに、"@KCUA-Terrace"は浮上する、だろうか。

綿密に計画を立てねばならない。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL