Salon mardi

9 juillet 2019, mardi

 

火曜サロン

 

京芸の研究者たちの横断的なプチ研究会である「火曜サロン」。

いつも芸資研のカフェスペースでやっていたが、芸資研主催の別の研究会とダブル・ブッキングであることが判明。

ぼくは担当ではなかったので、急きょ赤松玉女新学長に学長室を使わせてくれるよう頼んでみたら、すぐ快諾してくださった。

敷居の低い女性画家学長、というより長年の友たちなので、助かった。

 

この火曜サロン、学科系教員のあいだにほとんど相互交流がないため、まとまった将来構想も出せていなかったので、芸大内では浮いた存在だった。

しかしこのところ、優秀な研究者が学科教育系に赴任して、顔ぶれも変わっているので、思いついて提案したら、すぐに仏文学の中村翠先生や中国絵画史の竹浪遠先生らが肯定的に反応してくれ、2017年春からはじまった。

学内政治でヘゲモニーを取りたい芸術学研究室とそれに反発する一般教養の先生たちのあいだで、20年近く不和対立があった。そんな不毛な過去が霧消したことを感じて、ほっとしたものだ。

 

運営上の話題を話す公式の何とか委員会より、研究上の話題を話す非公式な集いの方がはるかに相互理解やアイデア創出に役立つ。

楽しく持続的に行うことが大事なので、持ち回りのホスト制にして、参加も自由とした。

知的活力のある人はやはりオープンで好奇心旺盛だ。近年、優秀な研究者が学科教育系に赴任しているので、京芸の未来の突破口は実技より学科から開けるかもしれない。

所属は共通教育、内実は実技系のぼくは、裏方に徹して、ロゴをつくり、看板やポスターをつくり、「ホテル養生」の廃材を使って長脚ベンチも2つつくって、芸資研に提供した。

ベンチ

2017年6月24日作。

デザイナーだなと自分でも思う。

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL