Œuf debout

30 juin 2019, dimanche

 

京芸の日本画を修了した高橋めぐみさんと児島優美さんから、「作品報告会」をするので来てほしいと便りがあり、指定の時間(16:30)に東山区本町のきっさこ和束へ。

高橋さんが修業中の庭師・小川治兵衛先生も来られていて、驚く。

きっさこ和束の2階のレンタルルームで彼女らが見せてくれた作品はそれぞれ一点だけ。

働き出すと、なかなかまとまって制作に取り組む時間はないので、二人で3ヶ月に一度、報告会を開くことにしたそうだ。

芸大を出て、働いたり住む場所が変わったりして、学生時代のように制作ができなくなるのは普通のことだ。

でも彼女らには制作を続けてほしいと思っていた。小川先生もぼくも彼女らの作品を丁寧に見て、丁寧に言葉をつむぐ。

児島高橋作品報告会

 

児島さんのは異なる草の群れを一つの画面に合成した情景画。カンヴァスに顔料や胡粉、クレパスを使って質感豊かに描いている。

高橋さんは、紙張りパネルに卵が一つ立っている絵を胡粉や蜜蝋を用いて描いている。抽象的象徴的な風情。

彼女は卵を立てるのが得意のようで、実際にみんなで卵を立ててみましょうと提案する。

で4人で卵立てに挑戦。高橋さんはさすがにスムーズに立てる。ほかの3人は悪戦苦闘。

だが、しばらくしてぼくも卵を立てることができた。生まれてはじめてだった。

 

卵立てる

 

きっさこ和束は、和束町に住むオーナーの奥さんの和束への想いを込めてつくられた和風喫茶で、空き家になっていたご主人の実家を改装したという。喫茶とレンタルスペースがある。

 

ぼくらが只者でないことを察知したのか、別棟に宿があるので、ごらんになりますか?と聞かれる。

路地の奥に「季楽」という一棟貸しの京町家の宿があった。ここもご実家の一部だったらしい。

相当傷んでいたらしい町屋を大胆に改装している。乃村工芸社が空間デザインを担当したそうだ。

 

季楽

宿という非日常的な空間は、デザインの自由度を高める。和束の風景を移すというコンセプトで、ディスプレイ会社らしい「見せ方」を徹底していて、奥さんは満足げだ。(*→乃村工芸社のサイト

 

きっさこ和束

奥さんが立つ芝生広場は、屋敷の火事あとらしい。相当大きなお屋敷だったのだろう。

たぶん火事が原因で和束に引っ越されたのではないかと推察する。

建物がなくなって光が入って明るくなってよろしいがな、と小川治兵衛先生。

森を見るように町を見られているのではないか。

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL