à Tokyo

15 juin 2019, samedi

 

大妻女子大学博物館で「東南アジアの狩猟採集民の生活」展というのが開かれている。

次年度みんぱくの特別展に協力するにあたって、何か参考になると思って久しぶりに上京した。

大妻女子大学博物館

大妻女子大学博物館

大妻女子大学博物館

生ものが使えないため、バナナの葉は印刷物。だから黄色くはならない。竹も使っていない。

庭師の人たちにたててもらったらしい。

 

サロン

アマンダン海域でいまだ狩猟採集民として暮らす「サロン」というのが圧倒的に面白かった。

9月に会うことになっているマレーシアの先住民オラン・アスリの暮らしはどうだろうか。

 

展示されていたパネルが面白かったので作り直してみた。

 

--

ちょうど1年前、東京都美術館のセレクション・グループ展に「複数形の世界のはじまりに」という名称で参加したが、そのときにゲストで来ていただいた白井美穂さんらが参加するグループ展「ヘテロトピア」が同じ枠内で開催されていて、その見学も兼ねてのことだった。友人のひらいゆうさんが参加している「エゴエメ・コレクティブ」も同じ枠内で開かれている。

 

都美のセレクション・グループ展は、団体展の多い都美術館の性格を横滑りさせ、現代美術の領域開拓と若手作家の登竜門的な性格を持っていたように思う。それが去年、ぼくら中堅が参加したあたりから年齢層があがって、ヘテロトピアもエゴエメも中堅以上の作家たちからなっている。

比較的大きな会場で作家主体のなんらかの企画展をする場所が国内に少ないこともあるのだろう。今年は『美術手帖』web版でもとりあげられている。昨年は事前にそういうメディアにとりあげられることはなかった。

 

--

いつも案内状を送ってくれる Gallery 38(渋谷区神宮前、Stephanie Quayleの熊の粘土彫刻)を初めておとずれる。入口でぐうぜん京都芸大生3人と出会う。

東京ではあまりまち歩きする余裕ないが、近くにはつっぱった建築をいくつか見かける。

だれの設計か?

MA2 Gallery(渋谷区恵比寿3-3-8) つっぱって軒がない。この日は大雨。

コンクリ打ちっ放しかと思ったら、内壁はコンパネに塗装していた。

屋上にラクダ。荒川区西日暮里のHIGURE17-15

 

去年の都美術館での搬入展示の際、日暮里のAirBnBに寝泊まりしていたが、作業に忙しくまったくあたりをうろつかなかった。

日暮里に富士見坂があったのを思い出した。

坂や崖が多い面白い地形がこのエリアに広がっている。

短時間の散歩だったが、ここが一番面白い物件だった。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL