Suujin et Zheng Bo

26 mai 2019, dimanche

 

ギャラリーアクアの藤田瑞穂さんから、招聘した中国人アーティストのジェン・ボー(鄭波)の崇仁でのワークショップに、地元に関わる人の参加が少ないと知らせを受け、気になっていたので、ワークショップの3日目に顔を出した。

案の定、地元に関わる人間は山内政夫さんと藤尾まさよさんだけで(間欠的参加)、あとは京芸関係者や移転に絡む建築・デザインに関わる若者ばかりだった。テラスづくりや川掃除でさえ地元住民は参加しないのだから、今後とも住民参加のまちづくりなど、絵に描いた餅にすぎないだろう。まちづくりは他所者がやるものだ。

 

ジェン・ボーのワークショップは、3日連続で、自己紹介を兼ねた参加者各人によるワークショップ→遠足→水平社宣言(1922)更新の試み、と続く。

いわゆるSocial Engaged Artの中国における旗手というジェン・ボーが、京芸移転先の崇仁地区に関心を持つのは当たり前だろう。

ちょうど彼が近年テーマとしている「雑草」が、ひとけの乏しくなった崇仁地区に目立つこともそれを促す。

 

崇仁

 

会場の崇仁小学校に着いたときは、もう彼の「平等」の考えについてのレクチャーが始まっていた。

ZhengBo_WS

このあと、「水平社宣言」を人間以外の生き物にも広げて、三つのチームで書き換える作業に移る。

 

ぼく自身もよくワークショップを頼まれてするので、人のワークショップに参加するのは、その進め方も含めて参考になる。

今回よかったのは、グループワークに入る前に、一人で作業する時間を与えたこと、そして10分間昼寝させたことだ。

特に昼寝は、頭脳を休め、心身をリフレッシュさせて、自他とのコミュニケーションを取りやすくする。

前日も遠足先の道端?で昼寝したと聞いた。Workに非Workを取り入れるので、N-Work-shopとでもいえるか。

昔松山でやった「眠りのレッスン」を思い出す。

参加者全員がクリエイティブになり、自分でも驚くほどの効果を上げた。

 

ZhengBo_WS

ぼくが入ったチームには、ジェン・ボー自身と、京大の伊勢武史准教授(森林生態学)も入っていて、意見の対立もなくすんなり進む。

ぼくが出したアイデアは、非生命も含めて地上の全存在が超新星爆発の残骸でできていて、すべての実在はつかの間の存在にすぎないこと、その認識がなければ真の万物平等の思想は成り立たないということだった。メモに記していたタイトルは「万物水平社宣言」。

「万物」と「水平」と「無常」はキーワードになった。だが日本の無常の考え方と老荘思想のちがいをジェン・ボーに説明するのがかったるい。宮澤賢治は法華経だし。

それに異質な文体と思考を一つの文章にまとめることはむずかしい。そもそも文章化にあまり興味がない。あとは発言を控えるようにした。

ZhengBo_WS

ぎくしゃくしながらなんとかでき上がった宣言案をもう一つのものにつなげて注釈もつける。

注釈部分はジェン・ボー自身が用意していたエコロジー思想を表す文章をそのまま筆写した。

筆で文字を書くという行為は中国人にはなじんでいるのだろう。筆書きの習慣の薄れた日本との違いだ。

 

自分のチームの文章中、「束の間の時間」という箇所に「間」が抜けて「束の時間」となっていたことに気付いたが、放っておいた。

展覧会場で印刷物になって配布された成果物にもやはり間が抜けて、マヌケなものになっていた。

ZhengBo_WS

 

・ ・ ・

1 juin 2019, samedi

 

定例の川掃除のあと、ギャラリーアクアでのジェン・ボー展のオープニングに行く。

1階が崇仁の学習室のような構成で、彼が崇仁で集めた資料やワークショップの記録が並び、2階に映像作品《Pteridophilia 1》。

4Kの映像が中国ではもう普通になっているのだろうか。

1階の学習室には、ぼくがデザインした《川デツナガル》のフライヤーや「われら山水河原者の末裔なり」展の図録も並べられていた。

ZhengBo_WS

 

一番興味深いと思ったのは、2階の廊下に展示されていた『上海野生食用植物』(1961年発行)の模写(2016)と、『台湾野生食用植物図譜』(1945年発行)の模写(2016)だ。

特に後者は日本語で書かれており、序文には次のようにあった。

「食糧戦に勝利出来れば此の戦争は我が方の勝利に帰することは明である。
此の重要な食糧戦の一助にと云う念願から台湾植物同好会が昭和十八年一月以来台湾の野生植物中食用に供せらうるものに付き、当会員協力のうえ、試験研究を続け、その数多きに達した。
…而して此の研究が完了したものの中より百種を選考して種類名を確め、且つ写生図を掲げ、これに解説を付し産地と分布を明にし、さらに食用法を加えて本書をなしたのである。」

 

ジェン・ボーは日本語が読めたのだろうか。

日本の植民地・台湾で食べられる植物が戦争に利用される。この一点の事実で、植物への視点は、単なるエコロジー賛美ではなく、不穏な歴史的政治的含意をまとうことになる。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL