trop des choses à faire

14 - 15 mai 2019

 

大学の仕事が忙しい。

 

5月14日(火)総合基礎第1課題合評。

総合基礎

総合基礎

新入生の最初の課題なので、いろいろ手伝ってやらねねばならない。

土壁づくりの素材と技術の提供も、後始末がついてくる。

ほかの先生方はうまい言い方で評価するが、この日はぼくは言葉が出ず、「準備と後始末は制作と同じくらい重要。いい始末が次につながる」としか言えなかった。

 

・ ・ ・

5月15日(水)

文字の造形的可能性を探求する造形計画1Aは、総合的キュビスムを実際に「演奏」する「ギターのレッスン」。ギターのレッスン

 

総合的キュビスムは、その後の抽象芸術や概念芸術はじめ、20世紀芸術の起点となったが、それを実際に実習させるのは、世界の美大のなかでもまれだと思う。歴史・理論研究と制作実践が切れているからだ。

総合的キュビスム_ギターのレッスン

こういう実習には説明資料や材料やモチーフの調達はじめ、いろんな準備が必要だが、全部一人でしなければならない。

"Aria de Bach"のタイトル文字を入れた楽譜を急きょつくり、コラージュ用の木目のシール紙を調達する。

総合的キュビスム_ギターのレッスン

 

だが芸大でやるのはこれが最後になるような気がする。

 

昼の13時からは、デザイン科2回生向けのデザイン基礎のレクチャー。

デザインは理論としてでなく、実務としてやってきたので、どう話したらいいのか、準備が徹夜になったが、まとまらなかった。

グラフィックからプロダクト、空間デザインまで、ぼくは何でも抵抗なく手を出しすぎる。

美術をやっていくうえでの必要性や関心の広がりからそうなったのだが、そもそも自分は基本的にアートとデザインを区別して定義することに関心がない。見境なくアイデアが生まれ、見境なくつくりたい、というのが根本にある。

 

このままでは、まとまらないまま人生が終わりそうだ。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL