vieux contes

30 avril 2019, mardi

 

世間は平成最後の日と騒いでいる。

総合基礎第4課題の『昔話集』上・下を出稿。

 

昔話は、ぼくをふくめて課題担当教員6名が選んだ。

ぼくはレイアウトとデザインを担当。上・下の冊子の命名は中国絵画史の竹浪遠准教授。

昔話集

昔話集

 

A5中綴じ冊子、上質紙にモノクロのオンデマンド印刷で各85部。3日納期で合わせて25000円。

文字校正が苦手なので、ぜったい誤字がどこかに残っている気がする。

 

高校時代、通知表で国語だけがどうしても4以上に上がらなかった。

文章解釈が苦手なのだ。トラウマになっているといっていい。

詩は好きだが、小説などめったに読まない。

何か基本的な教養というか、根本的な常識が欠けたまま、生きてきている気がする。

そんな人間がこんな課題をつくる。

といってもほかの常識ある先生方が適切な昔話を選んで下さっているので、ぼくは縁の下のお手伝いという立場だ。

 

連休中に無事届くか。

 

・ ・ ・

出稿後、久しぶりに大阪に出て、市立美術館でやっているフェルメール展を見に行った。

すごい人だかりだった。

いったん見終わって館外に出たところで、篠雅弘館長とばったりお会いした。

篠館長が展示の工夫を見せたいからと、再度、中を案内下さった。

おまけにカタログまでいただいた。

 

あとで新世界の道端に座って食べたたこ焼きがうまかった。

帰ってくると、テレビで天皇が最後の挨拶をしていた。

新世界

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL