Journal FKSK vol.1

15 avril 2019, dimanche

 

塩江ツアーの報告とお礼を兼ねて、しんぶんを即席でつくったらどうだろうと提案したら、小野環さんが即反応してくれた。

あえて時間かけてまとめるより、体験がホッとな状態のまま、かたちにするのがいい、と。

で、高松駅前のカフェに陣取り、みなで記事を手書き、そのまま版下にしてA4の台紙に貼り込んでいく。

適当感がいい。

翌日、小野さんからできあがったものが届いた。

塩江温泉ツアーFKSK新聞

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL