Man’yō-Cafe

2 avril 2019, mardi

 

新元号が万葉集を典拠にしているために、原案作成者として万葉学者の中西進先生がにわかに注目されている。

中西先生は10数年前は京都芸大学長で、ぼくが文化庁芸術家在外研修に出ることを心地よく認めて下さった。

ぼくが学生時代は現象学をやっていて、そこから紆余曲折して美術制作の道に入った歩みにも共感くださっていた。

当時ぼくは、高速道路で壊される風景に対峙する大枝アートプロジェクトをやっていたが、そこで改装した大枝土蔵で「万葉カフェ」を開くことを提案し、中西先生に出演を快諾いただいた。

 

大学から離れたところにある古い土蔵に簾を敷き詰め、水や食べ物、女学生たちの装束も万葉古代に範をとり、中西先生のリードでみなで歌を詠み合った、あの健やかな時間の流れは忘れがたい。

 

万葉カフェ

万葉カフェ

「万葉カフェ」2006年7月25日

 

ポスターをつくった当時の学生・中尾香那は今は電通でアートディレクターとして働く。

その後アーティストやものづくりの道に進んだ当時の学生たち。

ぼくはこの一ヶ月後の2006年初秋にフランスに旅立つ。

 

中西先生に帰国後、ご挨拶にいったら、すでに学長の席を退かれて、意外な俗物が京芸の学長になっていた。

「長」の地位が好きなその俗物は、のちに京都市美術館の名前を企業に売り渡した。

ぼくは中西学長を追い出した芸大の教員たちに幻滅した。

 

新元号の考案者としてNHKが中西先生にインタビューしようとしたが、きっぱり断わられたそうだ。

新元号は発表のやり方が政治ショー化している。それを見抜いての判断だと思う。さすがだ。

 

それはそうと、大枝アートプロジェクトのウェブサイトを置いていた芸大のサブサーバー jupiter が本当に廃止されたようだ。

京都芸大が大枝沓掛にあったときの貴重なアーカイブになるので、引越先を確保しないといけない。

ほかにも「つちのいえ」など、いろんなサイトを置かせてもらっていた。

サーバーの引っ越し、めんどくさい。

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL