Parc des petites inventions

23 mars 2019, lunedi

 

不思議な出会いというのがある。いや、再会といったらいいのか。

23日(土)夕方、崇仁高瀬川保勝会の春の川掃除チラシが届いたというので、柳原銀行記念資料館に取りに行ったら、たまたま吉田寮の学生たちが来ていて紹介された。

資料館職員の木村理恵さんも元吉田寮生で、京大時代は地理学専攻だったという。奇遇である。

(木村さんから、先のチラシにある「世界記録遺産」というのは、地域ではなく特定の歴史資料などに当てられる、と正された。)


吉田寮生たちのなかに『京大新聞』の編集部がいて、最新号と前号をもらった。これも久しぶりだ。

学生時代、京大新聞の広告欄に、当時の岡本道雄総長を批判する過激な猥褻漫画を描いて原稿料をもらったのが、ぼくのヴィジュアルの初ギャラだった。現物はもう残ってないが、クールベやデュシャンを援用した気がする。

 

木村さんは、今資料館でやっている「奪われた骨・奪われた人権——アイヌ民族・琉球民族・部落」という良企画展に、吉田寮のコーナーも設けることを考えたが、うまくいかず断念したという。

反動的な分断が進む現在、吉田寮のように分断線をかき混ぜるボーダーレスなコミュニティ空間を守る意味は小さくない。

吉田寮は京大の中でもマイノリティ。これから取り組んでいく先住民の問題にもつながるところがある。

 

とはいえ、学生時代、造形表現に関心をもたない吉田寮生一般のあいだにあって、ぼくは完全にマイノリティだった。

だからマイノリティのなかのマイノリティ。

それゆえ、吉田寮に特別の郷愁や愛着はないし、さらに芸術と無縁な京大にも母校感覚などない。

関東大震災の難民の孫であるぼくは、今も帰る先のない難民なのだ。

 

帰り道、クマグスクでやっている「カサルーデンス」のDIY探訪記展に立寄った。

「発酵をよむ」展にきてくれたはがみちこさんがメンバーのひとりで、彼女から『カサルーデンスのDIYレシピブック』をいただいた。

マイノリティが生き延びるには、何より工夫と技術しかない、と思っているので、興味深く読んだ。

少し前に大学院生たちとやっていた「くふうの公園」プロジェクトに通じる側面がある。

だがカサルーデンスのDIYはより個人主義的で、コミュニティ形成を志向しているところがちがう。

「くふうの公園」のサイトを見直してみたら、あらためて意義を感じた。

生きることを多少助けはするが、もっとアノニマスで、自己主張もなく、はかなく消えていく小さな工夫の数々。それを造形的なフィルターですくい上げていくこと。

この春、再開することにしよう。

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL