prunier

8 mars 2019, vendredi

 

3月8日は、の13回忌だった。

12年目なので、うっかり勘違いしていた。

父の戒名「心月院梅峰明善居士」は、梅の季節を詠み込んだいい戒名だと想う。

毎年、この時期、庭の梅が咲く。

 

梅

 

先日(3月3日)、盆梅展というのを米原の薬草の里文化センターで見た。

盆梅

「盆」は、自然を玩物化する極東アジアの文化風土に根ざした文化装置だ。

 

盆梅

 

ぼくが愛でるのは、さまざまなものの非意図的で遊戯的な関係性だ。

これは「盆・・・」、なんと言おう。

とりあえず「盆雑」としておこう。

一見偶発的で雑然としているが、複数の必然性が要素をちぐはぐに関係づけていて、それが予期しえぬ美的かつ生態的効果を生んでいる状態、と言ったらいいか。

普通の人間が見向きもしない「雑草」を愛でる感覚でもある。

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL