Reconstruction de la Terrasse de Suujin vol.4

20 Octobre 2018, samedi

 

10月20日(土)〜21日(日)、崇仁テラスの4度目の再設置作業。前回の設置作業は7月30日と31日だった。

 

いつのまにかGoogle Mapの空撮に《崇仁テラス》が映っている。

崇仁テラス

西側の空き地に団地建設工事が始まりかけているから、撮られたのはこの4月だろうか。

 

立命館大学3回生の藤原祥太郎君(8月から保勝会に参加)、京都景観フォーラムの辻野隆雄さんに加え、テラスまわりで展覧会をする芸大院2の毛利愛実子さん(陶磁器)、さらに2時からはむらたちひろさんも手伝いに来てくれたので、20日でがっしりした躯体が完成した。

1年前は躯体は一人でつくった。若い人手があると本当に楽だ。

 

崇仁テラスづくり

午前10時〜11時半、資材を運ぶ。

西側の団地建設現場は、この日は幸いにもコンクリートの搬入がないので、道路が使えて助かる。

崇仁テラスづくり

昼飯前の情景。今回は少し北に寄せ、桜の木がかかるようにした。

崇仁テラスづくり

柱の12mmのボルト穴に虫が巣をつくっている。卵を産みつけたのか。土バチだろうか。

崇仁テラスづくり

崇仁テラスづくり

16時半。この日はここまで。はかどった。

 

21 Octobre 2018, dimanche

 

空き地

崇仁地区はどんどん空き地が増えている。塩小路高瀬川北側にあった古民家もなくなっていた。

terrain vague...

崇仁テラスづくり

前日に構造体ができたが、一部に筋交い(長さ205cm)が足りなかったので、朝早めにいって直す。

あとこの日は足場板をはるだけ。

きれいな水の流れが戻り、小魚(オイカワの稚魚?)の群れがいっぱい。

崇仁テラスづくり崇仁テラスづくり

オオシマザクラの影が、先日草を刈った部分の川面にぴったりはまる。

たえまなく移り変わる光と影、流れる水の音とかたち、そよぐ草花、飛来する鳥たち、ときどきそれらが奇跡的に同期する。

完璧な音楽だ。まったく野外はぜいたくな空間だ。

こうしたことを味わうために、年に三回、テラスをつくる。

Suujin Terrasse est un terrain vague sur la rivièrre comme une ouverture au miracle de l'Être.

 

崇仁テラスづくり

今回は1mほど北に寄せ、桜の木がテラスにおおいかぶさるようにした。

西側の団地建設は急ピッチで進んでおり、もう夏前の光景とはまったくちがう。

 

去年の秋にこのテラスのスケールモデルにした西側の空き地は跡形もない。

変化し続ける風景のなかで、川の上のテラスは定点観測装置でもある。

 

関連する記事
コメント
コメントする