Bois du Sanctuaire shinto subi un dommage du typhon

15 octobre 2018, lundi

 

大学が珍しく求めてきた移転先の崇仁地区のイベントフライヤーを届けてから、先月の台風で大きな被害を受けたという近所の走田神社に寄ってみた。

走田神社

予想以上だった。

走田神社

相当数の木が倒れたようだ。見たこともない風景が広がっていた。

走田神社

木が倒れ込んだのだろうか。

曲がり方をみると、津浪をかぶった東北の村を思い出した。

走田神社

深い森のイメージがあった走田神社の森の大木があちこちでへし折れている。

走田神社

ふだんは森のために向こうを見とおせない場所が一変し、京都縦貫道まで見える。

走田神社

ぼきぼき折れた大木群。

走田神社

はじめて走田神社の奥の森に分け入ったが、そこでもありえない光景が広がっていた。

 

神社のうしろの丘の天辺には、竹林との境界線が溝状に引かれていた。

20年近く住んでいるのに、走田神社はまだぼくには不明なところがある。

 

 

 

 

コメント
コメントする