Symposium "Se lier par la rivière"

29 septembre 2018, samedi

 

台風24号の影響で、午前中、崇仁小内高瀬川の両岸整備の作業(木の伐採)ができなかった。

 

午後3時から、元崇仁小学校のふれあいサロンで「川デツナガル」のシンポジウム。

あまり人は来ないだろうと思っていたら、意外とたくさんの参加者があった。

あとで東九条マダンの人たちの参加が多かったとわかったが。

 

川デツナガルシンポジウム

前半、まちづくりの議論を展開したい中村伸之さんに対し、東九条マダンのヤンソルさんからシンポの目的について異議が出され、後半の司会を担当したぼくが各地域の高瀬川の記憶を聞くことにこだわったので、まとまりの悪いものになってしまった。
 

それでも他所者としては、菊浜の上村隆之さん、東九条マダンの朴実先生、山内政夫さん、崇仁の藤尾まさよさんの川にまつわる昔話を聞けたのは面白かった。また京大建築の博士課程で東九条のまちの形成を研究する学生さんの発言も新鮮だった。

記憶や知識を共有する材料としてもっと取り集めた方がいいと思うが、まちづくりを進めたい山内さんや中村さんは、そんなことはカッタルイのだろう。

進め方や目標とするもの、面白いと思うものに相当ずれがある。

デザインしたポスターやフライヤーが評判いいので、ぼくはデザイン面の貢献に限定しよう。

 

歴史的に七条以南の土地は、京都人にとっては、人が住む土地としてはまともに認識されておらず、河原であり、ごみ捨て場であり、「ゼロ番地」だった。だから為政者側の都合(駅や鉄道、道路の敷設など)によって、高瀬川は頻繁に付け替えられてきた。

だが川は、子どもたちにとっては、裸足で降りて釘などを集めてお金に替えるコモンズであり、ホタルと戯れる空間であり、染め職人の労働場所であった。

そのことが再確認できた。

ついでに大西麻貴さんがまだ芸大のなかに銭湯をつくることをあきらめていないことも。

 

いちのはし

 

シンポジウムのあと、少し時間があったので、塩小路橋をわたって東に進み、さらに南に歩いた。

大正十三年十一月と刻まれた古い小さな橋(いちのはし)が暗い川をまたいでいた。

鴨川運河だ。琵琶湖疏水にかかわっているのに、同じ系列にある鴨川運河のことはまったく知らないし、この辺りに来たこともない。

第1疏水竣工直後の1892年11月に着工し、1894年(明治27年)9月に完成したそうだ。

 

そのまま歩いて東福寺駅まで行き、鴨川をふたたびわたって、午後8時に東九条文庫/マダンセンターについた。

そこで東九条マダンの交流会が開かれており、それに呼ばれたのだ。

東九条マダンはこれまで見たこともないし、どういうものなのかもじつはよく知らない。

ただこの春からの「川デツナガル」の話し合いで、朴先生はもちろん、ヤンソルさんたちには好感をもっている。

マダンセンターの狭い空間には、子どもからお年寄りまで、40人近くがひしめいていた。

 

わかったのは、東九条マダンはただ在日の人たちの集まりではぜんぜんなくて、この土地に住む人と関心を持つ人が集まって、いっしょに祭をつくることを楽しんでいるコミュニティであるということだ。もちろん中心には韓国・朝鮮の文化があるが、日本のものもチャンポンだ。

通常はコミュニティがあってフェスティバルがあるが、ここは逆にフェスティバルのためにコミュニティが毎年形成される。

その出発点には、作曲家である朴実先生のアーティストとしての情熱がある。

第1回マダンを不安なままやりとげたとき、民族文化云々ではない、表現の悦びがあり、ただそれをみなにも味わってもらいたくて20数年間続けてきたという。表現の悦びを第一に動くというのは、同じく表現に軸足を置く者としてよくわかる。

どうりで理屈で動く山内さんや中村さんと合わないわけだ。

 

東九条マダンセンター

天井から水漏れするマダンセンター。上は2階なので、まさかトイレの水?

 

関連する記事
コメント
コメントする