Se lier par la rivière

17 septembre 2018, lundi

 

崇仁高瀬川保勝会・菊浜高瀬川保勝会・東九条マダン実行委員会が地域連携することになった。

長年、部落史に取り組んできた山内政夫さん(柳原銀行記念資料館事務局長)の熱心な働きかけによる。

頼まれて、統一ポスターをデザインすることになった。

 

7月20日に昔描かれた20mもの布絵「川の絵」を東九条マダンで撮影したが()、シワクシャな上に床に広げたものを上から撮っているので、バラバラな絵の画像を整理してつなげて使えるものにするところまでがたいへんだった。

 

継ぎ接ぎの組織ならぬ組織だからしかたない。そういう隙間を埋めてつないで見せるのがデザインの仕事だ。

まとまらない意見に対して、「川デツナガル」ということでゆるやかにつながっておけばいいのではないかと提案して、それがすんなり通った。

 

とはいえ、もう一つ気分がのらない。

「まちづくり」とやらに情熱はないし(ぼくの本業はアートだ)、そもそも崇仁の住民自身が動いているのではなく、山内さんやまちづくり専門家の中村伸之さんが動いているだけという現状に疑問もある。

だが今回、その疑問を脇におき、ぼくとしては純粋な技術提供に徹して、とにかくフライヤーやポスターのデザインをしあげることにした。

 

それでも内容のデータがなかなかそろわなかった。まちづくりに熱心な中村さん・山内さんと、在日の文化表現に熱心な東九条マダンの歩調が合わないこともある。

ぼく自身、あちこちでいわれている「まちづくり」の空疎さや、それに消費される「イベントとしてのアート」に不満がある。

 

ただ、デザインの仕事をしていると、材料の意味に思わぬ発見が伴うことがあって、面白い。

今回使った「川の絵」は、東九条マダン実行委員長のヤン・ソルさんによると、1994年の第2回東九条マダンの際に制作使用されたが、そのときのマダンのテーマが「川」で、また東九条マダンの存続もこのときの盛り上がりが後押ししたそうだ。

 

この秋たちあがる「川デツナガル」というプロジェクトは、まちづくりとやらを無理に進めるのではなく、個人や地域でバラバラだった高瀬川の記憶をつなげて、次なる表現の磁場を生み出すことにまずは注力した方がいい。

「まちづくり」は住民と関係なしに外から外科的に行われる。

それよりも、川の生きた記憶が人と地域を内側からつなぐことの方が大事だ。

 

「川」といっても高瀬川は運河なのだが。

 

川デツナガル

折ってA4のフライヤーのスクリーンショット。

 

印刷通販グラフィックに出したが、データが異様に重く、アップロードに数時間かかった。

・フライヤー A2ポスター変型(210x594mm) 上質90kg 1日納期/41200円

・ポスター B2変型(365x728mm)上質135kg 1日納期/26650円

 

現在のぼくのイラレはCS5だが、つい数カ月前まで10.0.3を使っていた。

別に不自由はなかったし、何よりデータが軽くて済んだ。

今はソフトに多少の便利機能がついたが、それによって何倍もデータが重くなって、保存や送信にやたら時間がかかる。

デジタル技術が進歩しているとはとても思えない。

 

まえにAdobeの営業と喧嘩したのだが、adobe(アドベ)の本来の意味は、砂・粘土・ワラ草など天然素材でつくった日干しレンガ。自然に還り、何度でも再生できるきわめてエコロジカルな材料なのだ。

そのことを社員たちは知らない。Appleの営業マンたちも。

Adobeの創業者がそういうエコロジカルな精神をもっていたかどうかは知らないが、少なくとも今は、それとは正反対の儲けに血眼の資本主義の権化のような会社だ。

 

コメント
コメントする