Repérage_Kishiwada Art Project 2017

3 février 2017

 

3月の「きしわだアートプロジェクト2017:竹xアート > であい」で3月12日(日)に行うワークショップの下見に、愛彩ランドに隣接するフクロウの森(岸和田市三ヶ山町)に行った。

 

当初の企画では、愛彩ランドの芝生地が開催場所になっていた。
だが来てみると、道路を隔てた谷にあるこちらの森の方が魅力的だったので、こちらも使うことを提案した。
去年の7月16日のことだ。以来ごぶさたしていたが、年明けにポスターなどが送られて来て、企画の全体がのみこめた。

ぼくのワークショップの場所はこちらの森だ。


企画を担当する岸和田市文化国際課(マドカホール)の野村さんに案内いただく。

 

 

夏に来たときは緑豊かだったが、ずいぶんすっきりしている。

 

今回、森で何ができるかを確認するため、現場のことがわかる人の同行をお願いしたら、市の丘陵整備課の公文さんと渋川さんが来てくれた。

聞けば、この丘陵一帯は、以前モザイク状に地権が入り組み、放置竹林が広がって荒んでいたそうだ。

それに対処するため、岸和田市は、大阪府のアドブトフォレスト制度を使って、企業といっしょに森林再生に取り組んだ。

参加している企業は、奥(西)から順に、大日本住友製薬株式会社株式会社平田タイル株式会社カナエ

対応する部署が丘陵整備課。再生した森は「フクロウの森」と名づけられている。

フクロウが生息するのは、餌となる生きものが豊かな環境だからだ。

 

すっきり片づいているのは、このエリア担当の大日本住友製薬の社員さんたちが定期的に整備作業を行っているからだ。

いい家族リクリエーションになるのだろう。

 

 丸太橋をわたって尾根の方に上がってみる。

 

 

道はついていないが、なんとか尾根まで上ってみると、尾根に沿って道があった。

 

 

尾根道に土地の境界を表わす古い杭が打たれている。整備事業以前のものらしい。

尾根道を散歩道として整備して、ベンチなど置いて仮休憩所をつくるのはどうか。

 

 

 

伐採した竹を機械で粉砕している。

 

 

あちこちにふんわりした竹粉の丘ができている。

タケノコならぬタケノコナを使う手もあるなと思って、少し持ち帰った。

 

 

伐採した竹は使っていいらしい。これが確認できただけでも大きい。

 

 

今回の一番大きな発見は、池をみつけたこと。

愛彩ランドのまんなかにも池がある。同じようにこちらの辺鄙な池にも噴水をつけたら面白いだろう。

 

 

 

平田タイルが管轄する土地の奥に面白いものが二つあった。

 

 

骨組みだけになった竹の小屋。

 

 

横倒しになりながら、そのまま成長した大木。

枝が水平にのびている。ツリーハウスやブランコなどがすぐつくれそうだ。

いろいろまわりに線をつなぐことも。

 

 

道の駅・愛彩ランドでランチをいただく。

農産物直売所とバイキングスタイルのビュッフェが併設されている。

泉州野菜をふんだんに使ったヘルシーな食事が人気で、いつも大にぎわいという。

 

 

レストランで食べた彩誉という岸和田ブランドの甘いニンジン。買って帰ることにした。

 

ちなみに今回の「きしわだアートプロジェクト」は、国から降りた助成金がもとになってたちあがったそうで、広報物のデザインは、江之子島文化芸術センターの相談窓口を通じてデザイナーにやってもらったそうだ。

あそこの前身は大阪府立現代美術センターだ。今はいろんな行政的サポートも手がけているようだ。
最近の世の中の仕組みが読めてきた。

 

次に来るのは、ワークショップ本番の3月12日になるだろう。

どんな人が何人参加するのか、皆目わからないが、まずは自分が楽しいと思えることが大事。

作業レベルを何段階か用意しよう。

 

 

コメント
コメントする