mettre A sur B

25 juin 2020, vendredi

 

新型コロナウイルスの感染者数がまもなく1000万人を越える。

corona

 

今週から夏日がやってきた。天井のファンを回す。

fan

傘の柄をたたいてつくったランプシェードに風がからまる。

 

この日午後は、総合基礎にジャワ舞踊家の佐久間新さんをお招きして、「水を運ぶ」というワークショップを遠隔でやっていただく。

対面はままならないので、火曜にzoomでいっしょに収録した動画を流すだけだが、自粛している学生たちは、ちゃんと応えてくれたら、水を入れたペットボトルを運ぶだけでダンスが発生しうる事態に立ち会えるはずだ。

 

そのイントロと翌26日にやるぼく自身のワークショップ(exercxiseと呼んでいる)のために、資料や動画をつくる。

梶井基次郎の『檸檬』からただ「置く」という動作を取り出し、それを課題化する。

『檸檬』が書かれた1920年代という、美術が大きくパラダイムシフトした時代をふまえつつ、あえてアカデミックな美術史的導入にした。前日のペットボトル・ダンスとの対比も兼ねて。

レクチャー200626

レクチャー200626

レクチャー200626レクチャー200626

レクチャー200626

 

レクチャー200626

佐久間新さんが、「歩いてもダンス、座ってもダンス」と言った(たしか田中泯も同じようなことを言っていた)のを受けて、

ただ「置く」ことも美術になりうることを伝えたかったのだが、美術史を出すと、ただの「お知識」の世界に振り分けられてしまうだろうか。さまざまジャンルだけでなく、実践praxisと理論Theoriaのあいだも線引きするのがいやで、すべてを地続きにしたいのだが、通じるだろうか。まあ通じなくても、「置く」という視点を配することで、自分が回りの世界をちがう目で見れるようになったので、それでいいのだが。

で、次の課題に落ち着いた。

 

---

総合基礎実技第3 課題「檸檬爆弾はいかが?」
Lesson4 置換:置くこと/置き直すこと
Exercise2「置く」

 

何かを何かの上に置く。
その行為を5 秒間、動画に撮って提出すること。
選んだものとその上下関係についてのコメントも添えること

 

・みなさん自身の「檸檬爆弾」、すなわち「みなさん自身の日常の秩序を変え、新しい視点や関係性を開きうるもの」につながることが望ましい。でもつながらなくても大丈夫。とりあえず、いろいろと「置いてみる」ことから始めよう!
・みなさんの「置く」行為の動画はひとつながりにします。そして、新しい世界の幕開けを予感させるもの(?)として、総合基礎研究室から社会に向けて発信する予定です。

---

 

自分も言葉や体を「置いて」みた。

置く

置く

学生の提出物にあまり過剰な期待はしないでおこう。スマホの縦画面が多いだろう。

そもそもこの手の抽象的な発想は伝わりにくいだろうとはじめからあきらめている。

 

それにしてもこの週は地獄のように忙しかった。

翌27日のTheater E9の"E9 2030"は、公開リハーサルということに落ち着いたので、特別な準備はいらなくなった。

だが、夜も学生の提出作品に目を通してコメントを書く日々があいかわらず続く。

 

petit dessin 200621

21 juin 2020, dimanche

 

昨日、自転車で長岡京から堀川御池のギャラリー@ACUAまで自転車で行った。1時間。

桂川の堤防やまちなかの路地を走ると、プチ旅行気分。

だが夜、両脚がつった。

 

Theater E9のオンライン公開稽古「E9 2030」のサイトが公開された。

何の準備もしていない。

 

とりあえず毎日のお絵描き、再開。

petit dessin
petit dessin #200621

 

堀尾貞治師匠をしのんで。

 

Lecture de "Citron" par Motojirou Kajii

20 juin 2020, samedi

 

・ ・ ・

6月14日(日)

《崇仁テラス》を片づけた翌日曜日、月曜から始まる総合基礎第3課題「檸檬爆弾はいかが?」のために漫画紙芝居をつくる。

遠隔授業にGoogle classroomを使っているので、そこに紐付いたmeetというテレ会議アプリを利用して、一人で画面共有してしゃべり、それを録画して紙芝居にするのだ。

『檸檬』が執筆された1924年頃の京都の古写真をネットで探したりして、手間取った。

同時に自分のアイコンも、ブログを始めた2006年当時の兎人間プルにした。

檸檬を読む1

 

檸檬を読む1

都合11枚の絵をつなぐのにAcrobatでpdfにしたが、Keynoteとかでスライドにした方がよかったかもしれない。

絵も要素足し算式にしたが、いろいろ動かしてもよかったかもしれない。

制作時間が窮屈すぎた。だが絵を描くのは楽しい。イタズラを思いついたときは元気が出る。

こういうマイナーアートばかりやってヘラヘラと生きていけないか。

 

・ ・ ・

6月15日(月)

Unir et Horio

休みない日々、多少の癒やしになればと思い、アゼリア通りのUnirの店で、Brewistaの電熱ケトルを思い切って購入(22,000円!)。

小さな注ぎ口のカーブを見て、いつもヤカンから直接ドリップに注いでいるのが気になった。珈琲くらいの贅沢は許されるだろう。

新ケトルで初めて珈琲を入れていたら、堀尾昭子さんから貞治師匠のカレンダーが届いた。

堀尾師匠が仕事場に貼っていた語録が日めくりになっている。編集は娘さんのゴーアヤさん。

堀尾師匠が近くにいるような気がする。昭子さん、ありがとうございました!

 

・ ・ ・

6月18日(木)

 

翌19日から京芸の施設利用がレベル2に移行、学部長(中原浩大)に三密防止などに努めていると認められれば施設が使えるようになった。

で、入学以来ずっと大学に来れていない新入生が大学に来れるよう、総合基礎の授業計画を深夜までかかって練り直す。

かつてない冒険的な反・授業ができたらと思う。

 

・ ・ ・

6月19日(金)


授業「造形計画2A Gゼミ:水と重力」で、19年前のμG飛行のドキュメントを見せる。

うまくGoogleドライブにアップできず、焦る。

動画や画像、YoutubeやGoogleドライブなどアメリカ系のサービスに依存せずに、自分独自のオンラインストレージに保存するようにできないかな。

ownCloudってどうなんだろう?

 

10年前から数年間、10点以上案内板のデザインで関わった琵琶湖疏水が、竣工130周年で日本遺産に認定された。→

2010年、当時の疏水事務所の岡本所長と案内板づくりに取り組んだときは、周りから理解されなかった。

10年で変わったものだ。

また新しい案内板のデザインの仕事が上下水道局から来ないかな。

その辺のデザイン会社よりいいのをつくる自信はあるのだが。

 

・ ・ ・

6月20日(土)

 

アトリエ2020年6月20日

先週分解した《崇仁テラス》から持ち帰ったテラスの看板がアトリエに。

当分使わないから分解するか。

それにしてもアトリエ、まったく片づいていない。仕事してない証拠だ。

この土日も課題の動画をつくらないといけないし・・・。

 

 

com-position aujourd'hui 200527

27 mai 2020, mercredi

 

本日のコン・ポジション。

 

西山古道

#京都府長岡京市奥海印寺立石 2020年5月27日撮影


長岡京市の西代里山公園(京都縦貫道の建設の代償物)から小泉川沿いの山道を自転車で遡る。

立石橋を渡ってしばらく行くと、小さな鉄橋がある。渡れば柳谷観音に行けるようだ。

西山古道とあった。

光明寺〜善峰寺〜柳谷観音をつなぐ古道だったらしく、荒れていたのを20年ほど前、京おとくに街おこしネットワークの人たちが整備したそうだ。

この看板は、橋を渡らずにまっすぐ渓流沿いの道を進み、善峰寺へ通じる道との出会い付近にあった。(京青の森?)

「ここは西山 森の中。」

ここまでおおまかだと、地図の役割を果たしているとは思えない。

 

それにしても、時の流れが塗り跡からみごとなタッチを浮かび上がらせることはよくある。

 

2年前、熊野古道で見た「屋敷・・・」の看板もよかった。

 

4年前の2016年10月30日、南モロッコの国道沿いのレストランで見た看板も忘れがたい。

Maroc

Le temps comme artiste.

 

toit incertain

4 mai 2020, lundi

 

toit incertain

toit incertain

《toit incertain ふたしかな屋根》2013 前と後ろから