Reconstruction de la Terrasse de Suujin

30 juillet 2018

 

朝9時半、早くも炎天下、崇仁テラスの制作に着手。

手順:

1日目 午前中〜 崇仁テラスに必要な資材を保管所(元崇仁小学校体育館西側)から現場に運ぶ(台車で)

    午後〜 基本構造組立完了

2日目 午前〜 基本構造の補強(足場等)

    午後〜 足場板54枚を躯体の上に載せて固定していく

 

工事現場

隣接する工事現場は、昨秋の空き地は跡形もなく、すでに建物の基礎工事が進んでいる。

工具類運搬のために高瀬川沿いに自分の車を停めていたが、コンクリ搬入トラックのじゃまになるので除けるよう京都市すまいまちづくり課の職員から要請される。

takasegawa

高瀬川草刈

ぼうぼうの草を刈らないと柱をたてるのにじゃまになると思って、先週からひとりで鎌で草刈していたが、この日は昼前から土木事務所から派遣された業者が電気草刈機で草を刈ってくれて、ラッキーだった。

 

テラス制作

テラスの制作は、まず岸辺に平行に8mの角材を置いて長辺の位置を決め、それに垂直に5本の柱材を等間隔に渡すことから始まる。

次に川中に5本の束石付き柱をたて、垂直・鉛直方向に柱材の端をきちっとのせると、制作も峠を越えた感じになる。

 

takasegawa

草の繁茂と並んで、もうひとつ気になっていることがあった。

7月はじめの豪雨で横の補水路に泥がたまって水が流れにくくなり、その結果,本流の水流が増えて、テラスの柱の下が濡れやすくなっていることだった。それで、水の取り入れ口のコンクリのパーツを動かして、補水路の方に分流する水量を増やしてみた。

水理学や水利環境工学を習ったことはないが、美術は万物の科学に通じる。敬愛するダ・ヴィンチは水理学の父でもあった。

うまくいって補水路に流れが戻り、本流は水かさが少し減ってテラスの柱の束石が出てきた。

 

崇仁テラス制作

昼前、崇仁高瀬川保勝会事務局長の中村伸之さん、京都景観フォーラムの辻野隆雄さん、柳原銀行記念資料館事務局長の山内政夫さんが手伝いに来て下さり、能率があがる。

崇仁テラスづくり

本日はここまで。(手前に一辺1.8mの木製巨大曲尺)

 

31 juillet 2018, mardi 

 

この日も朝10時から作業。

崇仁テラスづくり

 

崇仁テラスづくり

この日は、『崇仁発信』の藤尾まさよさん、さらに菊浜高瀬川保勝会会長の上村隆明さんも手伝いに来て下さる。

午前中に躯体構造を完成させる。

 

崇仁テラスづくり

午後、やはり地元の林伊佐雄さんが声を掛けて下さる。

林さんは崇仁鉾保管庫の管理などもされていた地元の代表のひとり。今春、西側の崇仁市営住宅からテラス横の高層団地(楓のまち)に引っ越されたという。

引越先が7階というので、あつかましくも訪ねていって窓からの眺めを見せていただく。

 

もう基礎工事は終わって躯体の建設が始まっている。竣工予定が来年(平成31年)8月下旬だから当たり前か。

左手(南側)が下中南ブロック(地上10階 8棟 96戸)。

奥(西側)が下中北ブロック(地上6階 3棟 25戸)。

 

崇仁市営住宅

 

崇仁テラスづくり

菊浜保勝会で1人がんばる上村隆明会長は、三味線もたしなむ粋な文化人。

インパクトドライバを使うのは初めてという。炎天下でもあり、心配で見ていられない。

 

崇仁テラスづくり

京都市内は気温39℃に達する猛暑だが、川の上だとそれほど暑く感じない。

オオシマザクラの木陰だと、吹く風も気持ちよく自然に人が集まる。

 

ともかくも予定通り、2日間でテラスが完成した。

 

 

3 août 2018 vendredi

 

中村伸之さんが三角の屋根シェードを買ったというので、柱を建てて取り付けてみる。

崇仁テラス

テラスは木造の頑丈なつくりなので、柱などは取り付けやすい。崇仁テラスづくり

しかし屋根シェードは3x3x3m。小さすぎる。家庭的な趣味の世界。

崇仁テラス

作業していると、たまたま藤尾まさよさんが、長岡京市第4中学の人権研修で教職員の人たちを連れて来られた。

崇仁地区のフィールドワークと講演会を頼まれたということだった。

 

 

 

Le canal Takase-gawa est envahi d'herbes

28 juillet 2018 (samedi)

 

30日からの「崇仁テラス」設置にそなえ、現場をチェックしにいくと、草が生い茂り、立入禁止の看板が設置してある。

崇仁団地の建設工事が始まっているので、当然かもしれないが、この状態では、テラスの設置ができない。takasegawa

takasegawatakasegawa

 

鎌で草を刈ることにした。

takasegawa

なかなか追いつかない。

takasegawa

「複数形の世界…」展に出した映像作品《パラ河》に撮った亀がまたいた。

高齢のクサガメ。専門家によるとメスで、頭がやたらでかい。ミドリガメなどの遠来の外来種ではなく、東アジア固有の在来種。

オオシマザクラと並んで、このあたりの高瀬川は、在来種の生きものが自慢できるわけだ。

もっとも伝来種と外来種を厳密に区別することは無意味だろう。このクサガメだって中国あたりから来て定着したのかもしれない。

人間だって、先住民と移民を区別することは無意味だ。

われわれ人間はみな動く大地の他所者。地球のエイリアンなのだ。

 

nettoyage du canal Takasegawa vol.13

mardi 26 juin 2018

 

今日は朝からデザイン作業が続く。

 

(1)「複数形の世界のはじまりに」のウェブサイトの補強

とくに29日の「複数形の散歩」の告知ページのアップとそこへのリンクの工夫。

ふつうに告知できたらいいのだが、人が集まりすぎるとだめになるので、用心深くしないといけない。

 

それにしても共催である会場管理を企画グループ側にすべて委ねるというのは、はじめからアーティストに責任を負わせる姿勢で、のびのびできない。美術館としてはありえない態度だなと思っていたら、東京都美術館は学芸員がイニシャチブをとるまともな美術館ではなく、指定管理者制度によって東京都歴史文化財団という法人が管轄する一文化施設=箱にすぎないのだ。

だから本来の企画や研究より経営や施設管理が優先される。学芸員室は昔の区役所の職員室のごとき殺伐とした空間だ。

いやそもそも財団のページを見たら、管轄する美術館などに「学芸課」がないではないか。管理課と事業推進課などしかない。

東京都美術館の学芸員の人たちから、一般になじみのない現代美術展の枠を守るだけでも必死だと聞いた。

民間導入による「指定管理者制度」という名の経営合理化は、新自由主義の波が美術を守るべき美術館を飲み込んでいることを示している。

1)2006年、ちょうどぼくが文化庁の芸術家在外研修で日本を発つまえの通達式で、当時の河合隼雄長官が、芸術家育成のための在外研修制度の資金を財務省から守るのが必死だと言われたことを思い出す。

2)2016年、神戸のKAVCの指定管理者が代わったとき、展覧会図録やウェブサイトその他、それまでの業績のアーカイブがかき消されたことを思い出す。

 

その東京都美術館という名の展示施設で、今同時期に開催中の「プーシキン美術館展」が7月21日から国立国際美術館に巡回すると今朝の新聞広告で知った。そちらにはたくさんの観客が訪れる。これが経済主導の文化の現実。

 

(2)崇仁高瀬川保勝会の7月7日の川掃除のチラシ。

またしても裏の地域ニュース欄は空白。

印刷会社をプリントパックにすると、上質90kg、片面カラー、100部、2営業日で1500円くらいでできる。

心配になるくらい、安い。

 

18/07/07高瀬川掃除チラシ

 

 

Redirect

dimanche 24 juin 2018

 

プロジェクトのウェブサイトの綴りがまちがっていて(× prural、○ plural)、訂正したものをつくったので、そちらにリンク先を変えてほしいと美術館に頼んだのだが、学芸員たちは担当がちがうとかで、自分でできないらしい。たいした作業ではないのに。

 

分業化が進み、デザインでも展示でもウェブサイトでも、なんでも人にやらせて自分はしない、できないという状態。

専門化は分業体制を生み、効率はあがるのかもしれない。

だがそれで失われるのは、組織全体の柔軟性や機動力、おおらかさ、そして人間本来の全体性だ。

 

京都芸大でも、昔はサーバー管理は宇宙物理の藤原先生が1人でやっていた。そのおかげでぼくもサーバーを自由に使わせてもらえた。だが今は外部委託になり、安全性はあがり個人負担は減ったが、不自由で融通がきかなくなった。

 

少なくとも、ぼくは人に頼らず、何でも自力で全部やってきた。作品制作も理論研究もデザインも。

分業を信じず、自分で何でも融通したいからだ。そもそもシステムに頼りたくない。

美術の世界でも、早く何かの「ユニーク」な専門家になるのがよくて、そういう全人的なことをめざすのは、まれで奇異で愚かなことらしい。だがぼくはそれを選んだ。

 

それはともかく、301リダイレクト というのを覚えた。

.htaccess というファイルをつくってサーバのルートディレクトリに置けばいいのだ。

記述内容は、

Redirect permanent / http://pluralworld.work

 

やってみたら、かんたんに転送設定に成功した。

次のまちがった綴り pruralworld.work へリンクさせると、自動的にpluralworld.workに転送されるようになった。

 

<a href="http://pruralworld.work" target="_blank">「複数形の世界のはじまりに」</a>

 

 

nettoyage du canal Takasegawa vol.12

mardi 22 mai 2018

 

6月2日の高瀬川の川掃除のチラシを出稿。

毎月100部つくってるチラシだから、裏に地元のお年寄りや子供の話なんか載せて、「地域通信」としても使えるものにしたかったが、取材する時間がない。それでオモテ面のみ。先月つくった崇仁高瀬川保勝会のロゴは使えた。

この日ぼくは所用で川掃除に参加できない。

秋の東九条マダンの計画がうまく進むことを祈る。

 

suujin-takasegawa_flyer180602