design pour la publicité du Mémorial du Banque Yanagihara

27 août 2020, jeudi

 

柳原銀行記念資料館から頼まれた今秋の特別展のフライヤーとポスターのデザイン、例によってあれこれと文字訂正が入ったが、ようやくデータをアップした。

同館の特別展のポスターデザインは2017年からなので、これで4回目。

 

柳原銀行記念資料館特別展2020

 

柳原銀行記念資料館特別展2020

 

夏前から解体が進行している元崇仁小学校の戦前の教育を主導した伊東茂光を、昨年に続いて取り上げるとのこと。

特に、伊東の情熱が主軸となった教員コミュニティに照明をあてるときいた。

7月にスライド数十枚を渡され、使用する図版の選択から行うことになった。

しかたなく写真のキャプションもこちらで作成。人権課の役人がチェックする。

 

伊東茂光は京大法学部出身。弁護士志望から被差別部落の小学校の教育改革に心血を注ぐ熱血校長になった。

ぼくは学校教育に関心はなく、そもそも学校がきらいだが、元崇仁小学校が特異な教育内容を持っていたらしいことはわかった。

伊東は晩年、和歌山の山の中に第2の崇仁小学校をつくろうとした。

ブラックマウンテンカレッジもそうだったが、学校をつくるというのは、ある理想をもった個人やコミュニティがよく行き着く手段だ。

教育というのは未来への投資なのだろう。ヨーゼフ・ボイスも教育に熱心で、作品制作と並ぶもうひとつの芸術活動と位置づけていた。

 

教育ビジネスに血眼の理事が大学名を変える京都造形芸術大学が、「京都芸術大学」の名称使用の裁判に勝利した。

京都市立芸術大学の「キョウゲイ」は「有名でない」ので、差し止めには当たらないと裁判官がのたまう。

芸術関係者以外の「一般人」には京芸は知られていないそうだ。

法律・学校・芸術のあいだには深くて暗い河がある。

 

 

la pluie, le toit, la visite guidée

6 juillet 2020, lundi

 

気候変動で梅雨前線が異常停滞し、ものすごい雨量だ。

特に熊本の球磨川の氾濫は、西日本豪雨を想起させる。

もはや日本列島はかつてのそれではない。

知らなかったが、七夕である7月7日は「川の日」でもあるらしい。

 

そんななかでも、総合基礎の授業は淡々と進行する(せねばならない)。

ずっと大学教員の職業意識を持たないで来た人間がカリキュラムの運営委員長とは皮肉なことだ。

家の中に学生に配った檸檬石鹸の余りが散乱している。

最後の課題「屋根を架ける・屋根で繋ぐ」のための総基礎パックの付録をデザインする。

 

総基礎パック

 

学生が全員大学に来れない中でのグループ制作。

どうしたらいいのか?という状況を元気づけるため、東南アジア建築人類学の本から家を運ぶ写真を利用させてもらった。

Roxana Waterson のこの著作、マレーシアに行く前に参考書として購入したのだが、全部読めていない。

だが実際オランアスリの住む村に行って、そこで学んだ手法で資材庫などを一人で建てたので、この運び人のなかに自分がいてもおかしくない、という感覚ではある。

 

建築の先生方は、学生にホームセンターで購入できる木材のリストを送るようだが、やはり製材された商品を前提にものをつくる文明世界は、先住民化が進んでいるぼくには向こう岸化しつつある。

 

・ ・ ・

8 juillet 2020, mercredi

 

7月6,7,8日と悪天候の中、コロナ禍でまだ一度も大学に足を踏み入れたことのない1回生を校内見学させるツアーを計6回行った。

ぼくは全6回すべて引率役だったが、1日2回2時間ずつ、水浸しの校内を歩き回るのはけっこう疲れた。

だが、自粛生活でからだのなまった学生たちには、ぼく以上にきついツアーだったようだ。

20/7/6総基礎ツアー

前半と後半のグループの交代時、入学以来初めて顔を合わせた学生たちが、遠く離れてお互いを見つけ、歓声を上げる。

この距離が学生たちが置かれた困難な状況を象徴している。

ちょっと感動した。

 

construction une baraque pour remiser les matériaux de la Terrasse_4

12-13 juin 2020, vendredi et samedi

 

6月12日(金)

翌日の崇仁テラスの解体にそなえ、壁にポリカ波板を張って資材置き場を完成させる。

 

第2共同浴場の管理者の人から、昨年5月に新幹線高架下でボヤが出たと聞いた。

木材がむき出しだと火の用心が悪いと言われたので、資材はコンパクトにまとめ、上から《見えない大地》で使った防水シートをかぶせることにした。崇仁資材置き場

現場で2枚つなぎにしていたシートを二つに切断する。けっこう重いので、風で飛ぶことはなく、重し兼覆いに使える。

いつもそうだが、あるものを処分するとき、それが生きて機能していたときに想いをはせる。すべて永続するものはない。

 

崇仁資材置き場

雨が降ってきたので、ふき込み方をチェックできる。

もうちょっと屋根が低くてもよかったかもしれない。だが、七条大橋をキレイにする会の資材をこちらに置くことも想定したので、仕方ない。

崇仁資材置き場

七条大橋をキレイにする会の資材はこちらに置くことになった。

作業テーブルの上に、円形ベンチや船型テーブルの部材も置いて、防水シートで隠した状態。

真ん中の支持体は上にモノを載せたときの自重でしっかりするようにした。2x4材に反りが出ていて、自然の樹より立たせるのに難儀した。

崇仁資材置き場

資材搬入前の状態。5月初めに取り組んだ資材置き場の完成状態といえる。

 

・ ・ ・

6月13日(土)

雨のなか、3月末に設置した《崇仁テラス》を撤去する。

崇仁テラス撤去

雨なので協力者は少ないと覚悟し、トヨタのライトエースをレンタカーしていった。

9時半まえから作業開始。総計54本になる足場板のビスを外し始めていると、山内政夫先生、瓜芸のneo高瀬川チーム、七条大橋をキレイにする会の井上茂樹さん、さらに東九条マダンのうらちゃんが来てくれた。

崇仁テラス撤去

崇仁テラス解体

崇仁テラス解体

協力者のなかでも、なないろ電気通信の井上社長と前中由希恵さんが来てくれたのはありがたかった。

七条大橋の会のライトアップの技術担当だが、二人とも職人系なので、口よりさきに手とからだが動き、じつにテキパキしている。

保勝会のメンバーのようにビスの頭をつぶすこともない。

解体しながら組み立て方(じつはぼくの独自開発)を知ろうとする姿勢に、同じ技術屋の血を感じる。

とりわけ前中さんはアシックスのウェブサイトでも取り上げられるファッショナブルな電工女子だ。

「崇仁東九条芸術大学」という地域丸ごと芸大化が進んで、こういう人たちがたくさん輩出すればいいなと思う。

 

 

だがテラスの資材を出来立ての資材置き場にレンタカーで運ぶ途中で問題が起きた。

JR線の高架が高さ2.4mで、荷台に4mの足場板を斜めに載せて通るとき、先がぶつかったのだ。

しっかり計算しておけばよかった。結局、荷台に平積みにし直し、1.5m近く後ろにはみ出しながら、なんとか運び切った。

近距離でよかった。

 

崇仁テラス解体

崇仁テラス解体

崇仁小学校の体育館脇に仮置きしていた七条大橋の会の照明用資材も運び出した。

木枠以外に、小さい部材やコードがけっこうあった。

解体施工の業者も決まり、今月から解体工事の準備に入る。

この場所には2017年秋からお世話になった。体育館は改装だけだが、もう縁を切った方がいい。

さよなら、元崇仁小学校。

 

崇仁テラス解体

崇仁テラス解体

 

崇仁テラス解体

資材搬入完了状態。思い切りコンパクトで安全な感じにまとめた。敷地を管轄する京都市すまいまちづくり課への報告用。

ブルーシートでくるんだ方は七条大橋の会の資材がメインだが、なぞめいた感じなので、表示をつけるよう、井上茂樹さんに頼んだ。

 

とにかくやっと難題から解放された気分だ。

 

《崇仁テラス》は、今後、地域の人からの希望や要請がなければ設営するつもりはない。

高瀬川保勝会は、趣旨はともかく、地域住民とのコミュニケーションが少ないことにずっと違和感があった。

瓜芸の学生たちのように芸術の方がまちの人たちと交流し、まちづくりの方は地域外の人間が来て住民と疎遠なままワイワイやる。

これはおかしい。物置に絵を描いたら、そろそろ手を引くのが賢明だ。

 

neo高瀬舟

瓜芸の奥山愛菜さんたちのneo高瀬舟は、藤尾まさよさんの尽力で、テラス近くの下京区いきいき市民活動センターに仮設置場所を見いだした。窓から高瀬川が見えるのがいい。京都市の助成金もとれたそうだし、まだ学部生ながら彼女らの今後が楽しみだ。

京芸生は生活場所が遠いので、崇仁でこうしたソーシャルアート的な活動のチャンスがない。いや、やる気の問題かな。

 

共同浴場のれん

資材置き場の敷地は崇仁第2共同浴場のもの。

6月初めから、そこにぼくが昨年楽只共同浴場のために描いたのれんがかかっているのに気づいた。

楽只浴場は9月末に閉じたので、のれんは1カ月の命だった。

都総合管理のものになっているから、ぼくにとやかく言う権利はないが、楽只浴場の場所を念頭に描いた地図絵なので、ここで余生を送るのはへんな感じだ。

内のれんの方は別の浴場に使っているという。作者の手から離れた作品は漂流するのだ。

 

それにしてもこの浴場と資材置き場は、JR線の向こうが3年後には京都芸大。しかも高瀬川に接している。

浴場のリデザインや敷地全体のリノベーションをすれば、予想外のアートスペースに化ける可能性がある。

なんでだれも気づかないのか。いや、あくまでterrain vague(あいまいな土地)のままの方がいいのか。

 

nettoyage du canal Takasegawa vol.29

6 juin 2020, samedi

 

2ヶ月ぶりに崇仁高瀬川保勝会の川掃除。みなマスクをつけながら。

崇仁テラス

造形大の奥山さん・黒ちゃん・もっちーら三人組は、モノ物交換市をやめてプロジェクトの経緯をTシャツにしたためて展示。

野外展示にだいぶ慣れたようだ。

崇仁高瀬川保勝会川掃除

今日は水流が少ない。水が少ないと藻がたまりやすい。

崇仁高瀬川保勝会川掃除

《崇仁テラス》周りが子供たちの遊び場所になっている。ザリガニをとる親子、じいさんと孫。

新団地に越してきた人々もようやく川で遊び始めているようだ。

ほったらかしなので、草木がすごく繁っている。

草は南部土木事務所に刈らせるそうだが、このエリアは流れを整備して川自体を「庭」化すればいいと思う。

 

崇仁高瀬川保勝会

川掃除のあと、元崇仁小学校から用具類を引っ越し。

一人でこちらに移設した物置だが、労をねぎらってくれるのは山内政夫さんだけ。

他の人は移設作業の内容も量も想像つかないのだろう。

地域住民でもないので、そもそも彼らが掃除に参加する動機がわからない。山内さんに川掃除を手伝えと言われたから?

いつも飲み物を出してくれるのはありがたいが。

 

それに対して、純粋に楽しいから参加している美大の若者たちはさわやかだ。

崇仁高瀬川保勝会

彼女ら瓜芸3人組は、ヤンソルさんらと東九条でゲリラガーデン風の活動を始めた。

物置の横もさっそく耕して菜っ葉を植えている。

空洞化している高瀬川保勝会と対照的に、彼女らはいい感じで活動を活発化している。

《崇仁テラス》から生まれた新しい動きだ。

Books&Coffee SOLもようやく再開したようで、新しいホームページには「のらんらなん新聞」も掲載されている。

瓜芸3人組がつくった「のらんらなん新聞」第2号 には笑える。

 

《崇仁テラス》は来週6月13日に撤去する。

保勝会から要請があるまでもう再設営はしないでおこう。

 

construction une baraque pour remiser les matériaux de la Terrasse_3

31 mai 2020, dimanche

 

5月29日(金)

夕方、元崇仁小学校のプール脇で、比較的長いまっすぐな樹を入手。

資材庫の桁の樹をそちらに取り換える。

資材庫づくり

やっと4本の桁もすべて一本の樹でまかなえるようになった。

 

・ ・ ・

5月30日(土)

 

屋根をつくる前に、構造をチェック。

すべて太さも曲がり具合もまちまちの自然の樹なので、材木を組むようなわけにはいかない。

 

資材置き場づくり

柱を立てたまま、地面の設置面から高さ3cmのところを切断。少し低くして、屋根の傾斜を確保する。

資材置き場づくり

梁と梁に角材を渡して水平をチェック。ほとんどやり直しなしで水平が出た。

資材置き場づくり

アーチ状に曲がった桁と桁のあいだに垂木をわたす。いろいろ補助材を差しこんでゆがみや高低差を緩和する。

製材された材木を使わず、全体がアーチのままの方がデザインはよかっただろうが、

1)時間がない、2)長い良い樹がない。よってハイブリッド・ブリコラージュを続行。

資材置き場づくり

崇仁小学校の運動場側にあった「ミカエル君」の屋根材のポリカ波板10尺(3030mm)9枚を池田精堂君から横流ししてもらった。

資源(ひとを生かしてくれるもの)は天下の回り物。

それでも足りないので、10尺波板5枚を仕方なく購入。

長さ1600mmに切断して、どんどん屋根をはっていく。

二棟の右棟が幅65cmx7枚、左棟は6枚、重ね部分はひと波かふた波。

 

波板の残り(1430mmx14枚)は壁に使う。だが寸足らずで地面から50cmほど空く。

資材置き場づくり

後ろに樹木の幹があるので、波板が幹に当たる部分を切る必要がある。

やはりこういう不整形の材料と場所でつくるのは時間がかかる。

 

しかし総基礎のレクチャーでも言ったが、屋根ができていくと下に安心できる人間的空間がひろがっていくのは本当だ。

空間を質的に変容させる屋根の力は本当にすごい。

ほんとは自然の樹で曲面の屋根にしたかったが、高瀬川周辺は取り尽くしてもう適当な樹がない。

無償の「高瀬川製材所」はもう在庫切れ、ということだ。

デザインに欲を出すのはあきらめよう。

本日はここまで。

 

・ ・ ・

5月31日(日)

 

昨日の続き。

角材がどうしても足りないので、3m( 35mm角・2985mm)を6本購入(コーナンで1本308円・税別)。

 

資材置き場づくり

左棟も屋根の垂木を組んで載せる。左右が3800mmほどで右棟より少し狭い。

だがぼくの車では4mの角材は運べないので、2mの角材をつないで長くする。

屋根のポリカ波板も途中からブロンズに変わる。

ちぐはぐにかまわず作業を進める。

資材置き場づくり

資材置き場づくり

屋根ができた。だいたい屋根の高さが物置とほぼそろうとは思っていなかった。

台風対策に補強が必要だが。

 

資材置き場づくり

壁には残りのポリカ波板を使うつもりだが、そのために桟木を回さないといけない。

やはり長い材木が運べなかったので、3mの角材をつないで使う。

あいだに樹木の柱を一本立てたのが功を奏した。角材のつなぎの部分をその柱にビス止めして固定。

骨組みがどんどん丈夫になっていくのを感じる。

資材置き場づくり

ポリカ波板をすべてはるところまで行きたかったが、もう薄暗くなってきた。

資材置き場づくり

接いだ材木はみな種類がちがう。本当にありあわせの材料を切張りしている。

資材置き場づくり

天下の新幹線高架下に、ブリコラージュで大きな資材置き場をつくる河原者。

 

次回は壁にポリカ波板をはり接ぐ。天地が60cmほど足りないのをどうするか。

あと一週間ほどで高瀬川保勝会の道具・資材をこちらに移さねばならない。