La préparation insuffisante

26 janvier 2019

 

故郷の家・京都での「高瀬川・つながるシンポジウム」

制作と授業で準備時間がまったくなく、当日の昼前からようやく準備にとりかかる。

京都芸大B地区の河原造園と、東九条高瀬川の氾濫原公園のぞんざいなスケッチ。

esquisse

esquisse

 

プレゼン用に画像など集めるが、新しいMacBook Proのプレビューでファイル表示に問題発生。ファイルが順番通り並ばないのだ。

jpgとpsdとpdfというふうに異なるファイル形式を混在させているためか、それぞれ別のウィンドーが開き、かつファイル名の頭にふった数字の順に並ばない。

外は雪が舞っている。熊本では震度5弱の地震があった。

吹雪のなかを単車を飛ばして、16時開始のところ20分以上遅れて会場到着。

故郷の家・京都の奥のスペースに来場者が30人ほど集まり、すでに山内政夫さんの発表は終わったあとだった。

シンポ190126

会場にはぼくがデザインしたチラシが大きく引き伸ばして掲示されていた。

たぶん柳原銀行記念資料館の稲野さんらの仕事。

 

ほかの発表者がしっかり準備してパワポで発表するところ、「オレタチカワラモノ」と銘打ったぼくは、例の新Macのプレビュー問題であたふたと画像探して提示、話もしどろもどろで途切れて終わる。シンポでの発表とかを自分の仕事と思っていないことが丸出しだ。

 

「河原」を新しい創造的空間のメタファーとするネオ東山文化というのがあるとすれば、それは自然と渡り合って共生する「野生 sauvage」を鍵とする。それがかつての東山文化とのちがいになるだろう。

 

 

Symposium "Se lier par la rivière" 26 jan.2019

12 jan 2019

 

1月26日(土)の「川デツナガル」のシンポジウムについて、連絡がないので、中止かなと思っていたら、やはりやるということで、文字原稿が水曜に中村伸之さんから届いた。

どうも内部の調整に難航していたらしい。

今年は停滞するかも、いや今年で終わるかもしれない気もする。

外部の人間が熱心で、かんじんの地域の人が動かない「まちづくり」。他所者である自分としては引き際を考える。

 

頭が作品制作に向っているので、頼まれたチラシのデザインに時間がかかってしまった。

今回はビジュアル優先でいく。

 

川デツナガルシンポ190126

川デツナガルシンポ190126

 

このシンポジウム、ぼく自身も発表しないといけなくなっているのだが、準備の時間が足りない。

それよりも発酵展との制作との兼ね合いが問題だ。27日から搬入予定なのだ。

 

nettoyage du canal Takasegawa vol.15

21 novembre 2018, mercredi

 

仕事の合間を縫って、12月1日の川掃除のチラシをデザイン、この日、芸大の研究室から無事出稿をはたす。

 

崇仁高瀬川保勝会191121

崇仁高瀬川保勝会191121

11月3日の「川デツナガル」を見ていない人にもわかるように、イベント内容をコンパクトな報告書ふうにまとめた。

 

崇仁高瀬川保勝会が地元の人との交流ができないため、せっかくフライヤーをつくってもどこまで配布してくれるのか。

(地元の人というのは、高齢化して地域のことに関わる気持ちも体力もない人たちのこと。)

外からいくら旗を振っても動かない。

逆に言うと、ぼくがつくるポスターやチラシ、そして《崇仁テラス》やワークショップが、かろうじて実体のない崇仁高瀬川保勝会の顔つきに実体らしきもの(=旗)を与えているだけなのだ。

文字通り、「カバー」としてのデザイン。

ポスターやチラシが外部の人にいい印象を与えているとすれば、それなりに役立ってはいるが、実体のないものに仮の実体を与えているだけとすれば、デザインの根本的意義から考え直さないといけない。

 

pentagone régulier

09 novembre 2018, vendredi

 

造形計画2Bの授業で、久しぶりに「正五角形の空をつくる」をした。

 

pentagon

 

 

 正五角形の神秘。

 対角線どうしが黄金分割しあう。

 そして36°=180°の5分の1という角度の完璧さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pentagon

pentagon

pentagon

正方形20枚でできる半球ドーム。正三角形、正方形、正五角形だけの集合体。

だが、フラードームもどきをつくることが目的ではなく、正五角形の穴を空中に浮かすことが目的。

本来は屋外でやって、正五角形の空を仰ぎ見たかったのだが、雨なのでしかたなく大学会館ホールでやった。

組立時に4mmのベニヤが一部折れてしまったが、なんとかきれいな半球のラインが描けた。

ホールの頭頂に正円の天窓が空いているので、正五角形の穴に内接することを試みた。

が、なかなかむずかしい。でも合う、合わないとやっているのは楽しい。

 

こういう理系的造形、学生たちは興味をもってくれただろうか?

人間を越えた宇宙の造形的神秘。

自分の関心と、学生たちの関心がずれていくことを実感する日々。

 

Charpentier et jardinier

JUGEMテーマ:アート・デザイン

27 octobre 2018, samedi

 

川デツナガル」の準備のために、このところ合間を見て、元崇仁小学校内の高瀬川沿いの雑木・雑草を刈り取っている。

まるで庭師だ。

チェンソーもいいが、ノコギリで立ち木を切るのは快感だ。

元崇仁小学校内高瀬川

立命館大学三回生の藤原祥太郎君が、10月から熱心に手伝ってくれる。

産業社会学部で指導教官が東九条出身のリム・ボンという都市社会学者らしく、東九条のまちづくりを研究テーマにしたという。

芸大生とちがって作業的なことは初めてらしいが、川の流れを変えて水をきれいにする方法を教えたら、学習意欲旺盛でどんどん自分でやり出し、ほとんど毎日のようにやってくる。

崇仁高瀬川保勝会には地元の人は皆無で、芸大も遠いから、ほとんどいつも作業は一人でしているが、若者が手伝ってくれるというのは新鮮な体験だ。教員をしていても、学生を使うのは苦手なのだ。そもそも芸大生はほとんど女子だし。

元崇仁小学校内高瀬川

作業はまるで庭師のような気分。見通しがよくなった。

 

元崇仁小学校内高瀬川

吊るす子供のビニールペインティングは1.2×20m弱。

先日、ハトメをつけたばかり。吊るすには棒を使う。作業は11月1日午後〜2日の二日半。

ここは高瀬川ギャラリーと名づけよう。

川の中に亀を見つけた。あのクサガメの子供だろうか。

 

舟型テーブル

京芸院生の毛利愛実子(陶磁器M2)と山本紗祐里(染織M2)の二人展「透明なすみか」が、24日から崇仁テラスで始まった。

お菓子のケータリングをするというので、テーブルはいらないかと聞くと、ほしいというので、端材と切り出した自然木を脚にして二つの舟型テーブルをつくってやった。大工仕事だ。

段差をつけて自由に重ね合わせもできるようにした。

補強すればベンチに転用できる。石の重りをのせて川に入れたら、文字通り舟になる。まあ彼女らはしないだろうが。

とにかくアトリエで片付かない材木が少し減ったことがめでたい。

 

崇仁テラス

 

「崇仁テラス」は芸術作品ではない。

だが、「川の上に浮ぶつかのまの空き地」という性格は、都市空間のなかでの芸術の場所を象徴しているようにも思える。

都市空間と芸術活動を媒介するVoidとして。