Pour la croisière du Canal Lac Biwa

lundi, 29 janvier 2018

 

インクラインのドラム工場を見学後、上下水道局施設課の上田さんに、四ノ宮船溜まで車で連れていってもらった。

昨年デザインした案内板を見るためだった。

案内板の寄贈者である洛東ロータリークラブとの話がまとまり、昨年11月末に設置されたと聞いたが、忙しくて実見していなかった。

四ノ宮船溜案内板

琵琶湖疏水はいつもこの時期(1〜3月)、清掃のために止水中だ。

四ノ宮船溜案内板

今春から行われる琵琶湖疏水クルーズの停泊所として四ノ宮船溜が使われるということだったが、まだ整備中だ。

水がないので、諸羽トンネルがすっぽりよく見える。

 

四ノ宮船溜案内板

柵がけっこう高い。それに応じるように案内板も高く設置してあった。

子供や女性には見にくいのではないか。

ぼくはあくまで中身のデザインだけで、設置方法については、上下水道局と業者まかせだ。

本当なら柵も案内板の設置もデザインしたいが、上下水道局とはそういう関係ではない。

 

四ノ宮船溜案内板

琵琶湖疏水関連の案内板、これで10枚目になる。

だが、なぜこういう手続きになっているのか、よくわからない。

ぼくはロータリークラブから何も聞いていない。

案内板の除幕式を昨年11月30日にしたそうだが()、デザインしたぼくは招待されてもいない。

招待してほしいわけではまったくないが、手続きがなぞだ。

たぶんデザイン料がゼロであることに関連しているのだろう。

でもまあ、職業的デザイナーではないし、とやかく言うまい。

 

今回使ったのは田村宗立(1846-1918)が疏水工事が終わってまもなく描いた四ノ宮船溜りの水彩画だ。

田村宗立はぼくがつとめる京都芸大の前身・京都府画学校の西宗(西洋画科)で数年間洋画を教えた。

京都府から依頼を受けて、1885-90(明治18-23)年、疏水の工事を写実的な絵で記録した。

学生たちにも手伝いで描かせたといい、固い絵があるのはそのためかもしれないが、個人的に田村宗立の画風は好きでない。

同じ時期に疏水事務所に頼まれて疏水の絵を描いた人物に、河田小龍(1824-98)という日本画家がいる。

小龍の描いた『琵琶湖疏水図誌』の方が絵心があって好きだ。

河田小龍

一番好きな絵の一つにこの第1竪坑の図がある(絵もだが、第1竪坑そのものが好きなのだ)。

 

小龍は、ジョン万次郎(1827-1898)の聞き書きを通じて知ったアメリカの議会制政治などを坂本龍馬に教えたことでも知られるが、その聞き書き『漂巽紀畧』全5巻は傑作だ。

万次郎の話をもとに挿絵を描いているが、言葉からの想像画なので、アザラシや鉄道の絵がぶっとんでいる。

なぞの生物(Seal アザラシ)。車がついて動く小屋の列(Railroad)。

河田小龍

 

河田小龍

疏水事務所から記録画を頼まれたとき、小龍はすでに60歳を越えてなかば隠居の身だった。

だが、彼の絵を見ると、当時最先端の大土木工事だった琵琶湖疏水への好奇心が躍動しているのがわかる。

小龍は、そうとう好奇心の強い知的な人物だったのだろう。

全身アンテナ。思えば、本来の絵描きとはそういうものではないか。

 

130年たったとはいえ、小龍に頼んだのと同じ疏水事務所から頼まれての疏水案内板のデザイン。

断われないのである。

 

 

Symposium pour le plan de l'école des arts de Kyoto

19 janvier 2018 (vendredi)

 

崇仁高瀬川保勝会主催のシンポジウムのチラシが一日早く納品された。

上質90kg、100枚、2日納品コース。

使う写真がスマホで撮られたものらしく、荒さがめだたないよう、色づかいに気を配った。

裏に高瀬川の流路の変遷を載せて、資料的に使えるようにした。

 

高瀬川シンポジウム

 

高瀬川シンポジウム

 

27日のシンポジウムでは、ぼくも「テラス」という京都芸大移転の基本コンセプトと、「崇仁テラス」プロジェクトのことを話さなければならない。

気にかかるのは、保勝会の活動にかんじんの地元住民の参加が少ないことだ。

自分が住んでいる地域のことに関心を持つ人の割合というのは、数%なのだろうか?

ぼく自身、自分が住んでいる長岡京市の市民活動には何も参加していないから、えらそうなことは言えないが。

 

 

Simultanéité

4 novembre 2017 (samedi)

 

「崇仁テラス」が設置延長となったものの、利用方法について、地域の人から具体的な提案はあまり期待できない。

個人的にはいっぱい思いつくが(基本は「空き地」を味わうこと)。

芸大の授業で学生たちにアイデアを募ったら、油画M2の遠藤亜季さんがテラスの上で大きな絵を描きたいと。

still movingの最終日前日でもあり、藤尾まさよさんらがドローンで崇仁のまちを空撮するというので、この日に実行した。

 

suujin_terrace

遠藤さんと友人たちとは別に、近所の親子がテラスで憩っていた。

ただ休む。ぼーとする。これもテラスの正しい使い方。

絵を描く。友人と世間話、芸術談義。これもテラスの正しい使い方。

二つの行為は無縁。ただ「同時」。これがいい。

 

suujin_terrace

すぐ向こうを新幹線やJRが行き交うのが見える。これもすばらしい Simultanéité 。

 

Un « événement » est un fait se produisant à un endroit donné et à un instant donné.

De façon immédiate deux événements sont considérés comme simultanés s'ils sont perçus au même instant. Mais une analyse correcte demande que l'on fasse la distinction entre l'émission d'un signal et sa réception par un observateur. Il s'agit en fait de deux événements et non d'un seul. < https://fr.wikipedia.org/wiki/Simultan%C3%A9it%C3%A9

 

suujin_terrace

構造はじつは花巻で見た高村光太郎の智恵子展望台も参考にしている。

仮設なので、ずっとこちらの方がシンプルだが。

智恵子展望台を引き算して、上にベネチアのテラスを載せて、板のすき間を大きく開けた感じ。

 

suujin-terrace

 

上の世界とは別に、テラスの下は水が流れる。光が水と戯れる。木の葉やゴミが流れ、またひっかかる。

これも「同時」。

 

リアリティを織りなすこうした「同時性」のきらめきを表現の基軸にしたのがフルクサスだ。

塩見允枝子先生の演奏会のチラシのデザインもこの日にできた。

水面は同じ場所の異なる時間を重ねた。

 

思うに、ポエティックなものの根底には、こうした「同時性」の露呈がある。

西田幾多郎は、これを「絶対矛盾的自己同一」と言ったのでなかったか?

 

塩見允枝子演奏会

 

 

nettoyage du canal Takasegawa vol.6

28 octobre 2017, samedi

 

17時から、崇仁船鉾保管庫で柳原銀行記念資料館20周年記念特別展・記念シンポジウム。

登壇者は、山内政夫氏(柳原銀行記念資料館事務局長)・中村伸之氏(ランドスケープアーキテクト)・佐藤知久氏(京都芸大芸術資源研究センター研究員)。

ぼくは司会進行を仰せつかった。

 

昨日出稿した11月4日の川掃除のフライヤー150部がこの日の朝にできあがり、参加者に配布できた。

特急なので、割高とはいえ、印刷会社受難の時代。

 

できたばかりの崇仁テラスの写真を使った。

テラスは月末には撤去するから、川掃除と貴重なシンクロだ。

 

高瀬川をきれいにしよう

 

紛らわしいと言われながら、毎月ずっと同じ集合写真を使っている。

アーカイブの創造的活用?

派手なイベントではないし、地域の古い写真でこれに勝るものがみつからないから。

この写真をちらと見るだけで、また川掃除するんだと日付を見る、そんな定着の仕方がないかと期待して。

日常は同じことが小さく変化することの連続。

 

 

faire une terrace_6

22 octobre 2017, dimanche

 

「漂流するアクアカフェ」vol.7の開催日だったが、午後に大雨・暴風警報が発令されそうだったので、やむなくいったん開催を中止にした。

だが、むらたちひろさんが収録のみでもできないかと提案してきた。

内容が自然・芸術・人間のかかわり合う場所としての「河原」の再考、ゲストが景観デザインの森本幸裕先生、京芸出身の美術家・演出家のやなぎみわさん、京芸の設計チームの一員でもあるRADの榊原充大さんと本間智希さんという得がたい機会だ。

これを逃すと、こういう本質的なテーマで芸大移転を話合うことなどできないと思われた。

とっさに、都合のつく人間で旧崇仁小学校の体育館に集まって非公式なアクアカフェを開ければと、すぐにゲストの方々に連絡をとった。

幸い、4名とも快諾してくれ、「漂流するアクアカフェ」vol.7を時間を早めて13時から行うことになった。

予定していた仮設テラスの上での公開制のものではなく体育館内のものになったが、ギャラリーアクアの藤田瑞穂さんや熊野陽平さん、インターンの廣瀬さん、地元の山内さん、藤尾さん、井上茂樹さんも加わり、少人数ながらかえって密度の高いアクアカフェが開けた。

 

suujin_terrace

 

suujin_terrace

 

drift@KCUA-Cafe_vol.7

まずは大雨のなか、テラスの見学会。

 

 

体育館に戻って、むらたちひろのWS「まちの景色を染める水」のデモンストレーション。

これはよかった。

 

drift@KCUA-Cafe_vol.7

漂流するアクアカフェ vol.7

 

晩夏の京都芸術センターでの建築シンポジウム「かげろう集落」の残骸が配されたなか、「河原」「にわか」「グリーンインフラ」など、変容する風土をふまえた今後のデザインやアートの価値観を示唆するキーワードがたくさん出た。

 

suujin_terrace

 

suujin_terrace

高瀬川沿いの団地(楓のまち)の非常階段にのぼってテラスを見る。

川の西側は空き地で、向こうに柳原銀行記念資料館、崇仁市営住宅、右奥には京都駅ビルが見える。

 

この風景を見て、ようやく自分のやったことが理解できた。

テラスは崇仁の姿を別な仕方で「引き写し」ている。

2015年に崇仁小学校でやったインスタレーション《Tracing Suujin》の新しい展開なのだ。

高瀬川の上に浮ぶつかのまの「空き地 terrain vague」としての「崇仁テラス」。

密かに《Tracing Suujin #2》と命名する。

 

suujin_terrace

この空き地は、来春から地上10階建て(高さ31m)の高層住宅の建設が始まる。

また数年後には京都芸大が西と南に移転してくる。

旧崇仁小学校も取り壊され、京都芸大のキャンパスに変わる。

かつてこの地は、鴨川の氾濫原だった。

人間が地上から消えたあと、また洪水がこの地をおおうだろう。

 

suujin_terrace

このテラスが何かを示すために、にわか仕立てで看板をつくり、桜の木のたもとに置いた。

この桜は2002年の高瀬川の付け替えのときに、地域の思い出として植えられたという。

看板には柳原町歌を一部を替えて配した。

面相筆を買いに行く時間がなく、ヘタなレタリングになった。

 

テラスは、設置期間を10月30日までとして認可してもらっていたので、すぐに解体撤去する予定だった。

だが、山内政夫さんが南部土木事務所に期間延長をかけあって、11月30日まで設置が認められることになった。

藤尾まさよさんも、地域の文化祭で使いたいとか、ドローンでまちの空撮をするときにいっしょに写したいと言われた。

発案も設計も施工も個人でやったが、申請者を崇仁高瀬川保勝会としたことが功を奏した。

地域の人がつくり、設置延長を望んだというかたちになった。

もともと個人的な「作品」のつもりなどなかった。ただつくりたかっただけなのだ。

 

地域の人がこれを自分たちで好きなときにつくり、また片付けることができるようになればいいなと思う。

とはいえ、過疎高齢者の地域だ。結局また自分が率先してやらないといけないだろう。

 

suujin_terrace

看板のうらに、テラス撤去中のサインも書いておいた。崇仁小学校体育館裏を資材置場にしているときに立てる。

 

次の建設作業は、桜咲く春になるだろう。