Où sommes nous ?

18 juillet 2019, jeudi

 

しばらくつちのいえの作業をしていないので、植物が繁茂して丘がすごいことになっている。

どこの国かと思う。

壊された旧大藪家の土壁の土でできた土浮庵が沓掛ジャングルに浮かぶ。

 

この日、深夜、次の高瀬川掃除のチラシを出稿した。

地元の林伊佐雄さん夫妻に取材し、記事らしきものを書いた。

あいかわらず一人で全部やっている。

共通しているのは、見下ろす視線。これは「地面を見上げる」というぼくの活動コンセプトの裏返し。

来週の土日、テラスづくりだ。

 

崇仁高瀬川保勝会チラシ

 

崇仁高瀬川保勝会チラシ

 

Problème de Yoshida-Ryo ou la fin de l'Ecole de Kyoto

14 juillet 2019, dimanche

 

今年4月26日、京大執行部が吉田寮からの立ち退きを求めて、20名の学生を提訴した。

学生を守り育てるべき立場にある大学が、懸命に話し合いを求める寮生たちを足蹴りにして法廷に訴えるとは、なんという暴挙か。

この異常事態は、ひとえに川添信介という副学長個人の偏狭で横柄な所業による。

こいつがテレビでどなっているところを見たが、なんでこういうトランプのような下劣な男を副学長にし、対話を根幹とした京大の基本理念を踏みにじる暴挙を許しているのか。

京大はもう終わったと思っていたら、京大内の少数の教員有志が動きだしていることを知った。

「対話による吉田寮問題解決を求める教員有志の会」が、7月1日に山極総長に要望書を提出した。

 

- - - - -

わたしたち教員有志は、山極総長に対して下記の事項を要請します。

一、吉田寮現棟明け渡し訴訟を直ちに取り下げること。

二、現寮生の新棟への居住移転と旧食堂棟の利用を認めること。

三、管理・運営上の問題については、居住移転により「寮生の安全確保」を図った後に、寮自治会との対話により解決すること。

- - - - -

 

川添を選んだのは山極総長か。山極に英断を望みたいが、副学長が学生を訴えるという異常事態に目を向けないで、外の有名人とのおしゃべりに精出している人間には無理だろうか。

 

7月4日(木)午前11時半から第1回口頭弁論が京都地裁であった。

ぼくは行くことができなかったが、21世紀に吉田寮を活かす元寮生の会のメールニュースでその内容をイライラしながら読んだ。

寮生側は請求棄却を求めた上で、「訴訟は強権の発動で、大学が学生を軽視し、対話を一方的に拒絶している」と陳述したという。

 

尾池元総長ですら、「対話でことを進めるという吉田寮との確約書を引き継がない姿勢に納得できない」と『京都新聞』2019年7月10日付のインタビューで述べている()。

 

次回の口頭弁論は10月7日(月)午後。

弁護団は、これまで京大と吉田寮が積み上げてきた団交確約文の内容を根拠に、京大当局が一方的に提起した請求は合意違反として棄却を求めるとのこと。弁護団と吉田寮自治会は、公判の傍聴を呼び掛けている。

ぼくはまた行けそうにないが、事態の推移を注目していく。

 

・ ・ ・

一方で、7月8日、京大は、凸版印刷と共同で、アートを教育に活かしていくことを発表した。総合生存学館でアートの共同講座を開設し、「アートの素養を生かして社会でのイノベーション(技術革新)をリードする人材の育成を目指す」という()。

土佐尚子教授が取り持ったらしい。

イノベーションとやらの言葉が大学を支配する時代。それとつなげないと企業からお金をとれない。

開発・発展(development)という指向が農耕文明以後の人類を支配し、だれもそこに疑問をもたない。

「生存」を冠しながら、この大学組織は開発中心の価値観の上にのっかっている。

だがアートの根源は、障害者や先住民、縄文人ら、力による領土拡充と無縁な非農耕的世界ともつながっており、それとは正反対の位相にある。イノベーションよりもアナーキーな快楽とつながっているのがアートだ。

土佐尚子教授はアーティストではないと確信する。京大のアートへの視線はまちがっている。

イノベーションなどの価値観にしばられず、自由な知の冒険に駆けた京都学派の学的伝統ははるか昔。

やはり京大は終わっている。

 

En stand-by ou la Poésie concrète

10 juillet 2019, mercredi

 

はやぶさ2が7月11日、リュウグウへの2回目のタッチダウンを行う。

JAXAの広報が充実している。タッチダウン地点付近の地形の3次元的動画(Digital Elevation Map)が見れる。

実行を遅らせたことで、タッチダウン付近の地形の把握は相当精緻になっているだろう。

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20190710_PPTD/

 

・ ・ ・

7月10日の造形計画1Aは、【課題5 Concrete Poetryをつくる(演奏する)】を行った。

詩を作ったことのない学生に、いきなり「具体詩」をつくらせ、制作体験を味わわせる。

そのために前日、ほとんど徹夜で制作条件を練った。

 

[1]1〜5個の素数個(1、2、3、5)のひらがなを紙面空間に配列して具体詩をつくる

 例:「の」「はな」「しかく」「ゆめのなか」

    →1つの単語で(1文字で=「の」だけで)

    →2つの単語で(3〜8文字で)

    →3〜4つの単語で(6〜11文字で)

 

自分でやってみてわかったのだが、ひらがなの単語をランダムにちりばめるだけで、勝手に文字どうしが結びついたり、離れたりして、文らしきものが生成する。

クレーがアルファベットをばらばらと紙面にちらした《詩のはじまり》で示したことは、ひらがなでも生じるのだ。

具体詩の創始者だったオイゲン・ゴムリンガーがクレーの《詩のはじまり》を知っていたかどうかは不明だが、クレーのこの作品こそ、具体詩以前の具体詩といえる。

詩は、ある条件を整えれば、無作為でもできることに気づく(実際には「詩らしきもの」あるいは「詩のはじまり」が。)

実際、たまたま例とした「の」「はな」「しかく」「ゆめのなか」の4つの単語を構成する文字を適当に並べるだけで、詩的な文章が生まれる。これには驚いた。

 

具体詩

 

「ゆめのなかのはなのしかく」(夢の中の花の四角)

「しののめのゆなはかなくか」(東雲の湯女儚くか)

・・・

 

実際、学生たちの試作のなかには、かなりイケてる具体詩ができた。

ネットでの検索が飛躍的に向上した現在、「具体詩」と検索すればすぐに関連画像が見れる時代だから、文字配列の参考にした者もいるだろう。だが、それでも具体詩らしきものがたくさんできたことには驚いた。

もっとも京都や関西に具体詩をやる人は少ないと思うので、単発的な実験に終わる予感はある。

 

漢字を使う課題もつくったが、こちらは今回は「演奏」を取りやめた。

 

10年ほど前にもいくつかサンプル用作品をつくった。

「はい」という作品。孤独な実験だった。

具体詩

 

 

Œuf debout

30 juin 2019, dimanche

 

京芸の日本画を修了した高橋めぐみさんと児島優美さんから、「作品報告会」をするので来てほしいと便りがあり、指定の時間(16:30)に東山区本町のきっさこ和束へ。

高橋さんが修業中の庭師・小川治兵衛先生も来られていて、驚く。

きっさこ和束の2階のレンタルルームで彼女らが見せてくれた作品はそれぞれ一点だけ。

働き出すと、なかなかまとまって制作に取り組む時間はないので、二人で3ヶ月に一度、報告会を開くことにしたそうだ。

芸大を出て、働いたり住む場所が変わったりして、学生時代のように制作ができなくなるのは普通のことだ。

でも彼女らには制作を続けてほしいと思っていた。小川先生もぼくも彼女らの作品を丁寧に見て、丁寧に言葉をつむぐ。

児島高橋作品報告会

 

児島さんのは異なる草の群れを一つの画面に合成した情景画。カンヴァスに顔料や胡粉、クレパスを使って質感豊かに描いている。

高橋さんは、紙張りパネルに卵が一つ立っている絵を胡粉や蜜蝋を用いて描いている。抽象的象徴的な風情。

彼女は卵を立てるのが得意のようで、実際にみんなで卵を立ててみましょうと提案する。

で4人で卵立てに挑戦。高橋さんはさすがにスムーズに立てる。ほかの3人は悪戦苦闘。

だが、しばらくしてぼくも卵を立てることができた。生まれてはじめてだった。

 

卵立てる

 

きっさこ和束は、和束町に住むオーナーの奥さんの和束への想いを込めてつくられた和風喫茶で、空き家になっていたご主人の実家を改装したという。喫茶とレンタルスペースがある。

 

ぼくらが只者でないことを察知したのか、別棟に宿があるので、ごらんになりますか?と聞かれる。

路地の奥に「季楽」という一棟貸しの京町家の宿があった。ここもご実家の一部だったらしい。

相当傷んでいたらしい町屋を大胆に改装している。乃村工芸社が空間デザインを担当したそうだ。

 

季楽

宿という非日常的な空間は、デザインの自由度を高める。和束の風景を移すというコンセプトで、ディスプレイ会社らしい「見せ方」を徹底していて、奥さんは満足げだ。(*→乃村工芸社のサイト

 

きっさこ和束

奥さんが立つ芝生広場は、屋敷の火事あとらしい。相当大きなお屋敷だったのだろう。

たぶん火事が原因で和束に引っ越されたのではないかと推察する。

建物がなくなって光が入って明るくなってよろしいがな、と小川治兵衛先生。

森を見るように町を見られているのではないか。

 

documents

29 juin 2018, samedi

 

4月以降、昨年度(2018年4月〜2019年3月)までにやったアート系の仕事の記録集や報告書が次々届いた。

静岡大学アートマネジメント人材育成のためのワークショップ100〜地域リソースの発掘・連関・創造のために』

助成:文化庁大学における文化芸術推進事業 編集:白井嘉尚、平野雅彦、井原麗奈ほか

A4 110頁 デザイン:秋山克徳 発行:静岡大学 

 

教育学部の白井嘉尚先生の最後の仕事。ぼくは2016年から3年連続で美術実技系のワークショップをやった。

昨年は「水へ/水から」。

平野雅彦先生、井原麗奈先生、一ノ宮由美さんらにもお世話になった。

 

都美術館

『都美セレクショングループ展2018記録集』

編集:田中宏子、田村麗恵、平方正昭

A5 60頁 デザイン:佐伯亮介 発行:東京都美術館 *ダウンロード可能

 

「複数形の世界のはじまりに」というチーム名=展覧会名で展示。

高瀬川上につくる6×8mの「崇仁テラス」を東京都美術館の地下展示室に平行移動し、空間を変形して展覧会をつくった。

 

おもかげおこしふくわらひ パラレル/クロッシング エキジビション3』報告書

企画・執筆・編集:吉原美恵子(徳島県立近代美術館学芸員) 

発行:パラレル/クロッシングエキジビション実行委員会、障害者支援施設シーズ

210x210mm 36頁 デザイン:内村不二子

 

昨年夏の徳島の障害者支援施設でのワークショップ〜秋の徳島県立近代美術館での展示〜2019年1月 京都アートスペースCOJINでの展示がコンパクトにまとめられている。3月には阿南市でもやったが()、ぼくは行けなかった。

 

マダン

『東九条マダン報告書2018』

編集:東九条マダン実行委員会 B5 36頁

 

昨年11月3日に元崇仁小学校と崇仁テラスで行われた東九条マダンの報告書。ぼくは絵を寄稿した。

 

発酵

『発酵をよむ:藤枝守・井上明彦・稲垣智子』記録集

編集デザイン:野口ちとせ A5 18頁+CD 発行:+1art

 

2019年1月30日〜2月16日、+1artギャラリーの企画で開催した「発酵をよむ」展の記録。

発酵音が聴けるCD付き。

50部送ってもらったが、あちこち差し上げてもう10冊しか残っていない。