la Terre sans l'être humain

mardi 8 mai 2018

 

あるとき、ぼくにとって美術は「人間以外のものと仲よくなる術」だとわかった。

いつも人間以外のもの、そして人間以前、人間以後を考えないといけない。

宮澤賢治は、「イギリス海岸」で人間のいない時代のことを想像した。

レヴィ=ストロースは、『悲しき熱帯』で「世界は人間なしで始まり、人間なしで終わる」と述べた。

これは文学的感慨とは無縁の当たり前の真実。

 

200万年以上生存した化石人類はいない。あと100〜200万年以内の人類滅亡は避けられない。せいぜいもって数百万年。

 

だがそのあとも地球と生物の進化は続く。

 

暗い太陽のパラドクス

太陽は誕生以来、少しずつ明るくなっている。

地球ができた頃の太陽は今より30%暗かった。にもかかわらず地球は凍りついていなかった。

理由:現在の数千倍〜数万倍ものCO2による温室効果による。CO2はカンブリア紀でも10〜20倍。

*現在の地球の平均気温=15℃ → 温室効果を引くとー18℃になる

*負のフィードバック:太陽が明るくなるにつれて、温室効果の上昇をとどめる負のフィードバックが働き、地球の温度の急激な上昇や下降を抑制した。

 

二酸化炭素の減少・温度上昇・生物絶滅

だが数億年の単位でみれば、大気中のCO2は減り続け、負のフィードバックが効かなくなる。すると地球の温度は上昇する。

CO2の減少は、光合成をさまたげ、やがて植物は滅びる。水蒸気もなくなっていけば、生物は地上に住めなくなる。

体の大きい多細胞生物は、生存できる環境の幅が狭く、まず多細胞生物がいなくなる。

→ 次に単細胞生物のなかでも真核生物がいなくなる。

→ 最後に残るのは古細菌や真正細菌。それらは初期と同じ好熱菌。

 

パンゲア・ウルティマから海の蒸発へ

プレート理論によれば、2億〜2億 5000 万年後に再び超大陸ができる(パンゲア・ウルティマ)。

その前後、1.5億〜4.5億年後に、地軸の傾きの変化が混沌となり、地球の軸の傾きは 90°傾き始めるかもしれない。

磁気ダイナモ(磁場)は破壊に追い込まれ、大気圏からは揮発性物質が加速して放出されていく。

約 10億年後には、太陽の明るさは現在より10%明るくなる。

これは海洋の暴走蒸発をもたらし、地表の液体はすべて蒸発し、海も消滅する。

プレートテクトニクスは終了し、最後に全体の炭素サイクルも終了する。

遅くとも20億年後までには、地球のすべての生命は絶滅する。

だがその後も地球は、赤色巨星になった太陽に飲み込まれて蒸発するまで、生命なき星として存続する。

今とはまったく別の姿の星として。

 

生命史は地球史の約半分

地球の歴史は約45億年前〜約50億年後のおよそ100億年。

生物の歴史は約40億年前〜約10億年後のおよそ50億年(全地球史の半分)。

現在は地球史全体の大体5分の4が終わったところ。

 

 

mon iPhone est cassé...

samedi 5 mai 2018

 

この日の高瀬川の川掃除には、東九条マダンの人も参加して、にぎやかだった。

ぼくは「複数形の世界」展のために、高瀬川の水中撮影をするつもりだった。

takasegawa

ところが先日29日のアオダイショウに続いて、今日は大きなクサガメがいた。

takasegawa

takasegawa

takasegawa

川底の泥に頭を突っ込んで餌を探す亀

 

それも撮影しようと、デジカメを甲羅に載せたり、水中に沈めたりしているうちに、胸のポケットに無造作に入れていたスマホを水中に落としてしまった。

すぐに気づかず、崇仁小学校内の川掃除のあと、あわてて川の中を探して見つけたが、画面表示部がショートして使えなくなってしまった。

iPhone6sはまだ防水性ではないのだ(iPhone7から耐水性)。

機種交換しか手がないらしい。

 

不注意だった。

 

nettoyage du canal Takasegawa vol.9

samedi, 24 février 2018

 

グラフィックから高瀬川の川掃除チラシの見本が一日早く届いた(3日コースが2日に)。

ところが、送付先の柳原銀行記念資料館には届いていないという。

ヤマト運輸に確かめたら、閉まっていたので、不在通知も残さずに持ち帰ったとのこと。

だが、山内政夫さんに聞けば、展示準備中だったのだ。

幸い、翌日納品された。

しかし資料館の人も忙しいので、どれだけ地域に配布してくれるか疑問。

効果的な配布先など、検討しないといけない。

 

崇仁高瀬川保勝会チラシ180303

 

 

 

disparition et archives

18 février 2018

 

これまでの簡単な作品カタログをつくって提出しないといけなくなり、この丸2日つぶれた。

さらに新しいドメインの取得とサーバーの設定にとまどり、「ほしをみるひと」の作業がおくれている。

 

柳原銀行記念資料館に借りていた資料を返却に行って、空き地の工事が始まっていることを知った。

土地の敷地を画定する薄緑の柵がみな撤去され、地面がむき出しになっていた。

崇仁空き地工事

昨秋、崇仁テラスを撤去したとき、この空き地に入って、ここが消えるだろうことを確認した記憶がある()。

本当にそのときが来たのだ。

ここに新しい高層の崇仁住宅団地が建ち、今の市営団地の人たちが移住してくる。

すぐ横に京都芸大が移転してくる。

 

崇仁空き地工事

工事の敷地がフェンスで囲まれている。

こちらの道路は搬入路になると聞いたが、使わないのだろうか。

それなら、近所に住むお年寄りが散歩に使えるようにもう少し整備したらどうか。

 

工事が始まると、春の崇仁テラスの設置作業がむずかしくなるかもしれないと思っていたが、大丈夫そうだ。

 

「ほしをみるひと」のために丸い大きな黒板をつくろうとして、コーナン吉祥寺店に材木を買いに行く。

ギャラリーアクアでやってる京都芸大の同窓会展にぼくが寄贈した資料が展示されているらしく、それに関するアーカイブのワークショップをするとかで、30分おくれでアクアに着く。

予想通り、参加者は芸術学の二人だけ。

1990年のアートスペース虹の企画展「ノート'90」のDMとそのデザイン資料、ぼくがデザインした『静物』展図録(1990)と、それをコピーしてつくられた滋賀県立近代美術館の『コピーの時代』展の図録(2004)を持参した。後者は企画した学芸員(当時)の尾崎佐智子さんから送呈されたものだ。

 

28年前はまだDTP普及以前で、デザイナーは頭の中の色見本とカッターナイフ一本で仕事ができたことを伝えた。

当時は、写植や活版職人、印刷会社のレタッチ部門の職人とつながっていたことも。

DTPを含めた効率化はそうしたつながりを断ち切った。

効率化は、目的にできるだけスムーズに到達することをめざす。

そのことによって、さまざまな人やモノや場所と関わることで育まれてきた知恵や技術が失われる。

伝わっただろうか。

テクノ資本主義を支配する効率化のイデオロギーが何よりも芸術の敵なのだ。

次年度の授業、「目的のない行為」をテーマにするか。

 

La terre il y a cinq cents millons

samedi, 10 février 2018

 

この日、石牟礼道子さんが亡くなった。

宮澤賢治とともにぼくがもっとも尊敬していた文学者だ。

宮澤賢治もそうだったが、思想も詩も、生きとし生けるものがすべて溶け込んだ言葉の使い方がまったく異次元で、世界的にもっと高く評価されていい作家だった。

 

5億年前の地球を考える。

地球は青い海と茶色い大地の2色だった。

陸地にはまだ一本の植物も生えていない。細菌もいないから、モノが腐るということもない。

上空にオゾン層がまだ形成されていなかったから、地表は強烈な紫外線で殺菌状態にある。

細菌も生息できない完璧な不毛の大地。すばらしい。

 

そもそも太陽風に吹きさらしの地球が、地磁気に守られるようになったのは27億年前。

火星にも金星にも地磁気はない。吹きさらしの惑星だ。

地磁気に守られた地球で、ラン藻による光合成が始まったのもこの頃だ。

当時の地球上の酸素は現在の10万分の1、「酸素はなかった」といえるレベルだ。

22億年前に酸素濃度は急上昇し、現在の1%程度になった。

6億年前に酸素濃度がほぼ現在と同じような状態に達した。

エディアカラ生物群がこのころ出現する。

5.4億年前から例のカンブリア紀(〜4.85億年前)。

だがカンブリアの爆発は海の中の話だ。

陸地にまだわずかの細菌しかいない。

地表にとどく紫外線量が少なくなって、ようやく地衣類が陸上に進出する。

光合成ができる藻類とできない菌類の共生体だが、「地の衣」とはよく言ったものだ。

ごく一部の地が衣をかぶるようになったのは、カンブリア紀の次のオルドビス紀(4.85〜4.44億年前)のころだ。

同時期に節足動物も陸地に足跡を残し始める。

このころはゴンドワナ大陸が北半球から南極まで広がっていた。

 

陸地に進出したかたちのわかる最古の植物としてクックソニアというのが有名だ。

根も葉もなく、先端に胞子嚢がついている緑色の植物。

大阪市立自然史博物館に、カイワレ大根を思わせる復元模型がある。

cooksonia

 

土は、不毛の大地とそこに進出した生命のフュージョン。有機物なしに土はない。

だから地衣類もクックソニアもない5億年前、まだ陸地に土はなかったといえる。

つまり土のまったくない地表が40億年以上あったのだ。

 

そして2.5億年後以降、また超大陸「パンゲア・ウルティマ Pangaea Ultima」ができる。

気候も生態系も今とはまったく異なる地球の姿。

人間以前、人間以後の世界。想像できるか。