On a commencé les travaux de démolition

4 juillet 2020, samedi

 

柳原銀行記念資料館の山内政夫さんから頼まれ、秋の特別展のポスター・フライヤーのデザインの打合せで久しぶりに崇仁へ。

崇仁小学校

こんなに流量の多い高瀬川は初めて見た。

崇仁小学校

崇仁小学校の解体工事が始まっていた。塀も撤去され、フェンスが立てられている。

本当に資材置き場の移設は間一髪で間に合ったのだ。

崇仁小学校

柵越しに見る崇仁小学校のプールの最後の姿。

崇仁団地解体工事

京芸のテラスCが建てられる予定の崇仁市営住宅の解体も始まっていた。

崇仁団地解体工事

崇仁団地解体工事

崇仁新町の廃虚ごしに崇仁市営住宅の最後の姿を見る。

崇仁団地解体工事

高瀬川の痕跡も結局つぶしてしまうようだ。せめてこの上に立つC地区の建物の床に高瀬川の痕跡を埋め込めと言ったのだが。

崇仁団地解体工事

解体工事は市営住宅の敷地の東側半分からはじめ、年内にすべて撤去を終える計画らしい。

崇仁団地解体工事

来年1月から京芸の建設工事が始まる。

 

資材置き場

《崇仁テラス》の資材置き場を見に行く。豪雨で濡れてるかと思ったら、無事だった。

資材置き場

七条大橋をキレイにする会の看板が掛けられていた。

 

管轄するすまいまちづくり課から何の文句も来ないので、資材置き場移設は完全にうまくいったと思われる。

あとは物置にいつ絵を描くかだ。

 

京都市内でコロナ感染のクラスターが発生したらしい()。

来週、1回生たちが初めて京芸に登校してくるのだが、心配だ。

 

jungle

1 juillet 2020, mercredi

 

香港に習近平中華帝国の国家安全法が襲いかかる日。

 

チュートリアルと称する個人面談の合間をぬって、ベンチをつちのいえに運ぶ。つちのいえ

案の定、夏草が生い茂り、ジャングル状態。

大学内にこういう場所があるのは、京芸の沓掛キャンパスぐらいだろう。

だがあと3年後には京芸もこの地から去る。

つちのいえ

つちのいえ

2年前に切り開いた坂道をベンチを持って上がる。進むも振り返るも草の海。

つちのいえ

つちのいえの回りはまだジャングルに覆われていなかった。

来週、総合基礎の1回生が校内見学に来るが、つちのいえを見せるなら、坂道の草を刈らないといけない。

 

 

 

abri secret des enfants

29 juin 2020, dimanche

 

体がなまるので、近所をつかのま散策する。

住宅地を流れる湯谷川は、かつて竹林だった地域の水の動脈だっただろう。

だが看板は別の看板を塗り直してつくった情けない感じのもので、文字の位置がなんともいえない。

湯谷川

竹小屋

西山公園こどもの森で出会ったすべて竹製の小屋。

崇仁・東九条地域にも竹林があればよかったなと思う。資材置き場がもっと楽にできたかもしれない。

 

湯谷川を遡っていると、河岸にヒミツキチがあるのを見つけた。

ヒミツキチ

傘を利用して上にゴザをかぶせ、葉っぱをまき散らして、屋根を仕立ててある。

ヒミツキチ

堤防の石垣や金網、地域資源の竹を利用して空間を仕立てている。

ちょっと頑丈すぎる感じの造作なので、作者は子供ではなく、子供を指導した地域の大人かもしれない。

近所に子供の姿はない。

河陽が丘や美竹台は、半世紀前に山をつぶしてつくられた新興住宅地なので、ヒミツキチをつくれる場所も少ないように思う。

ヒミツキチを子供たちが自由につくれる地域こそ豊かな空間性をもっている。

 

mettre A sur B

25 juin 2020, vendredi

 

新型コロナウイルスの感染者数がまもなく1000万人を越える。

corona

 

今週から夏日がやってきた。天井のファンを回す。

fan

傘の柄をたたいてつくったランプシェードに風がからまる。

 

この日午後は、総合基礎にジャワ舞踊家の佐久間新さんをお招きして、「水を運ぶ」というワークショップを遠隔でやっていただく。

対面はままならないので、火曜にzoomでいっしょに収録した動画を流すだけだが、自粛している学生たちは、ちゃんと応えてくれたら、水を入れたペットボトルを運ぶだけでダンスが発生しうる事態に立ち会えるはずだ。

 

そのイントロと翌26日にやるぼく自身のワークショップ(exercxiseと呼んでいる)のために、資料や動画をつくる。

梶井基次郎の『檸檬』からただ「置く」という動作を取り出し、それを課題化する。

『檸檬』が書かれた1920年代という、美術が大きくパラダイムシフトした時代をふまえつつ、あえてアカデミックな美術史的導入にした。前日のペットボトル・ダンスとの対比も兼ねて。

レクチャー200626

レクチャー200626

レクチャー200626レクチャー200626

レクチャー200626

 

レクチャー200626

佐久間新さんが、「歩いてもダンス、座ってもダンス」と言った(たしか田中泯も同じようなことを言っていた)のを受けて、

ただ「置く」ことも美術になりうることを伝えたかったのだが、美術史を出すと、ただの「お知識」の世界に振り分けられてしまうだろうか。さまざまジャンルだけでなく、実践praxisと理論Theoriaのあいだも線引きするのがいやで、すべてを地続きにしたいのだが、通じるだろうか。まあ通じなくても、「置く」という視点を配することで、自分が回りの世界をちがう目で見れるようになったので、それでいいのだが。

で、次の課題に落ち着いた。

 

---

総合基礎実技第3 課題「檸檬爆弾はいかが?」
Lesson4 置換:置くこと/置き直すこと
Exercise2「置く」

 

何かを何かの上に置く。
その行為を5 秒間、動画に撮って提出すること。
選んだものとその上下関係についてのコメントも添えること

 

・みなさん自身の「檸檬爆弾」、すなわち「みなさん自身の日常の秩序を変え、新しい視点や関係性を開きうるもの」につながることが望ましい。でもつながらなくても大丈夫。とりあえず、いろいろと「置いてみる」ことから始めよう!
・みなさんの「置く」行為の動画はひとつながりにします。そして、新しい世界の幕開けを予感させるもの(?)として、総合基礎研究室から社会に向けて発信する予定です。

---

 

自分も言葉や体を「置いて」みた。

置く

置く

学生の提出物にあまり過剰な期待はしないでおこう。スマホの縦画面が多いだろう。

そもそもこの手の抽象的な発想は伝わりにくいだろうとはじめからあきらめている。

 

それにしてもこの週は地獄のように忙しかった。

翌27日のTheater E9の"E9 2030"は、公開リハーサルということに落ち着いたので、特別な準備はいらなくなった。

だが、夜も学生の提出作品に目を通してコメントを書く日々があいかわらず続く。

 

petit dessin 200621

21 juin 2020, dimanche

 

昨日、自転車で長岡京から堀川御池のギャラリー@ACUAまで自転車で行った。1時間。

桂川の堤防やまちなかの路地を走ると、プチ旅行気分。

だが夜、両脚がつった。

 

Theater E9のオンライン公開稽古「E9 2030」のサイトが公開された。

何の準備もしていない。

 

とりあえず毎日のお絵描き、再開。

petit dessin
petit dessin #200621

 

堀尾貞治師匠をしのんで。