écorcer le camphrier

30 mars 2020, lundi

 

楠

庭の楠にまた肌色のキノコが生えている。2016年にも同じことが起きた。

あのときは庭師の熊谷さん(アートスペース虹の息子さん)が樹木医から聞いたアドバイスだと、樹皮をそっくり剥いでくれた。

今度は自分で調べてやってみようと、京都樹木医会の松本茂さんに連絡を取った。

診断のために写真を送るように言われたので、そうしたが、なかなか返事が来ない。

楠の病気は専門外らしく、樹木医の知り合いにたずねてくださっていたのだ。

わかったのは、「ニクコウヤクタケ」という楠の樹皮によくつくキノコの一種だ。

広がらないうちに取り除いた方がいいと言われたので、自分で樹皮を剥ぐことにした。

 

楠

 

楠

樹幹まで傷つけないように、薄手の左官コテでニクコウヤクタケを削ぐ。

楠

隙間に菌糸や胞子が入り込んでいるのはまちがいないから、はじめから全部除去できないことはわかっている。

 

楠

こんなものかなと思っていると、翌日、樹木医の松本さんからメールが来た。

慎重さも備えた卓見なので、載せておく。
 

--

井上 明彦様

 

樹木医の仲間が調べてくれ、その結果が届きましたのでお知らせします。
着生しているものは、
和名 : ニクコウヤクタケ
学名: Aleurodiscus mirabilis
担子菌門 ハラタケ綱
目名:ベニタケ目
科名:ウロコタケ科
属名:アカコウヤクタケ属

 

ニクコウヤクタケ Aleurodiscus mirabilis (Berk. & M.A. Curtis) Hhn. は、生木のクスノキの幹や枝の樹皮上に生え、小円盤状の通常径5〜8mmほどの背着生で、顕微鏡で胞子を確認するとミカンの房形の胞子など特異な形をしているきのこです。
害が有るか否かについては、ほとんどの文献にも語られていませんが、腐生菌ですので何かを分解して生息していると思われるとの事で、長年観察しておられる方にも害が有のるかどうかはよくわからないとの事です。
クスノキの樹皮、木材でも外樹皮に特化して生き延びている類ではないかという事で、樹皮の更新に一役買っていると言う意見もあります。

以上の事を教えてくれました。


私がこの意見を聞いての考えは、このキノコは、樹皮を分解してそこから栄養を得て生育している。
また、クスノキはこのキノコによって古い樹皮を分解され、新し樹皮を作る必要ができ、その事で活性化が促進されているかもしれません。
ただこれは推測でしかありませんので、確かなことはわかりません。
また、教わった意見から私だったらどのような処置をするか考えました。
先のメールに書いたことと異なりますが、樹勢に異常がない限り幹や太い枝に着生したこのキノコは放置し、細い枝にもこのキノコは着生していれば、除去します。
これは、新しい芽の発生や生長に影響があるのではないかと考えるからです。
だだし、細い枝にもこのキノコは着生していますか。
先端の細い枝に着生していたとしても、除去作業は大変だとは思いますが。
また、幹のこのキノコが増えすぎることがあるかどうかも私にはわかりませんが、その程度というものがあるように思います。

自然界にはわからないことの方が多いと思います。
自然を相手に仕事をしていますと人の寿命は短すぎると思います。
分からないことが分かったことだけで私の命が尽きるような気がします。
あまりにも相手が大きすぎます。
いろいろ試されてみてはいかがでしょうか。
その結果をお教え頂ければありがたいです。
その結果が分かるには時間が掛かると思いますが、樹勢が落ちなければ大丈夫だと思います。
答えにならなくて申し訳ございません。。

 

京都樹木医会 松本 茂

 

---

kusunoki_leaf

新緑の若葉もどんどん出てきていて、楠は元気そうに見える。病んではいないと思いたい。

 

自然と付き合っている人は、人間の一方的な視点の貧しさをよく知っている。

ぼくら真核生物の細胞のなかにあるミトコンドリアも、じつは好気性細菌が細胞内に共生したことが起源であるように、人間も異種の生命たちの共生体なのだ。

自然の中の異種の生き物どうしのつながりは奥深い。

寄生は共生でもありうること。命を個体だけで考えないこと。種だけでも考えないこと。生き物全体の複雑な連鎖で考えること。

新型コロナウイルスという制御できない「自然」の認識にも通じる。

 

les cerisiers et le canal Takasegawa

28 mars 2020, samedi

 

崇仁テラスの大島桜の様子を見に行く。

桜さく崇仁テラス

手前の橋のたもとにも大島桜が植えてあり、ちらほらと咲いている。

桜さく崇仁テラス

テラス横の大島桜はまだこれから。

桜さく崇仁テラス

3月初めに崇仁高瀬川保勝会でつけてまわった「崇仁高瀬川博物館構想」のデモパネル。

中村伸之さんの依頼でぼくが10枚ほどデザインした。この辺りは生き物が豊かということを示す。

実際にここの高瀬川にはカモの家族が棲んでいる。

 

第2浴場の敷地に保勝会の資材置き場をつくる許可が降りたので、5月の連休中につくらないといけない。

6月には崇仁小学校の解体業者も決まるだろうからだ。

 

あらためて現地を裏の高瀬川から見る。

新幹線の高架の下。奥のJR高架の向こうはすぐ崇仁小学校=京都芸大テラスA。

柵の向こうが第2浴場。高瀬川の際に川掃除用具+テラス資材置き場をつくることになる。

 

崇仁第2浴場

左のJR奈良線とJR東海道線・新幹線のあいだに空き地が広がる。

屋形町という地名で、終戦後はバラックが密集していた。

崇仁に関わりだした5年ほど前はアパートが建っていたが、いつのまにか撤去され、通過もできない空き地になっている。

 

第2浴場脇に資材置き場がつくれるなら、いっそ浴場もデザインし直して、芸大と地域のためのアート銭湯にすることをふと思いつく。

 

Theater E9のあごうさとしさんから、10年後の東九条地区の姿を演劇で表現するプロジェクトの一員に誘われ、「井上事件」なるものを引き起こす造形作家の役をふられた。舞台上で何かつくってほしいと頼まれたが、やはり「事件」は不法侵入・不法工作だろうか。

ばかばかしいアイデアが湧いてとまらない。いいかげんに手を引かないと。

 

 

moins les activités humaines, plus active la nature

27 mars 2020, vendredi

 

新型コロナウイルスCOVID-19の感染者数、アメリカが85000人を越え(ジョンズ・ホプキンス大学)、中国とイタリアを抜いて世界最多になった。3月27日昼の時点で、世界の感染者数は53万人以上、死者24000人以上(時事.comニュース)。

原因や対策についてはさまざまな情報が飛び交っているが、外出禁止など人間活動の抑制が招いたことについては、経済面・社会心理面の影響以外の情報はそれほど多くない。

個人的に興味深いのは、大気汚染の減少と自然の勢力回復だ。NASAとESAの大気汚染監視衛星の観測によれば、北京や上海、香港などの各都市でNO2濃度が大幅に減少したという()。

人影が消えたエリアでは、動物たちがのびのびと活動している。休館中のテキサスの水族館をフラミンゴが歩き回り、ふだんは人で埋め尽くされるペルーの海岸は鳥たちで埋め尽くされ、ピューマがサンチアゴの町中を歩き回る(27日の国際放送・オーストラリアABCから)。

ウイルスを人間に媒介するとして野生動物が敵視されているが、野生の自然が人類によって追いつめられて病むとき、人類もまたコントロール不可能な病いに犯されることを今回の事態は示している。

10年ほど前から人間活動が自然環境にもたらすインパクトが科学的に研究されている。(

現在は人間だけでなく、人間、動物、環境の「健康」を同時にとらえるOne Health(ワンヘルス)という考え方が国際的な主流になっている。

この惑星の上ですべては地続きということだ。

 

それにしても春からの総合基礎のテーマを「この惑星の上で」としたのは昨年秋。まさか実際にそういう事態になるとは。

 

●課題テーマ:「この惑星の上で」 
惑星 Planet の語源はギリシア語のプラネテス πλανήτης (さまよう者)。天動説の時代にそう呼ばれた星に私たちは住んでいる。私たちは星とつながっているか。この星の芸術を求めてさまよう者(プラネテス)がここに集い、歩む手がかりを共に探す。

 

世界中でコロナウイルスが引き起こした社会変化へのさまざまな反応が起きている。

自分としては、硬軟とりまぜて人間社会と自然の境界部分に注目していきたい。

 

ヴェネチア

「ひとけのなくなったヴェネチアでは水が澄んで、ヴィトンのカバンが泳いでいる」という記事()。

 

 

com-position aujourd'hui 200326

26 mars 2020, jeudi

 

本日のコン・ポジション。

本日のコンポジション

#長岡天神駅前自転車置き場前にて(撮影:2020年2月14日)

 

 

Enseigne de la terrasse de Suujin

24 mars 2020, mardi

 

崇仁テラス

崇仁テラスの看板が傷んだので、作り直す。文字は面相筆で手書き。

 

ホテル養生

ホテル養生("still moving on the terrace", 2016年)のときにつくった階段の廃材を利用。

端の矩形を対角線で切って、斜めに合わせて三角錐にする。

 

崇仁テラス

高さ125cm、底辺が45cmと60cm。、床板にビス2本で固定。

前の看板はよく倒れたので、今度は倒れないように。

 

崇仁テラス

崇仁テラス

崇仁テラス

崇仁テラス

色は全部塗らず、オモテ、ウラそれぞれ板材をむき出しに。ウラ側に補強材を兼ねて水平に小棚をつける。

絵画的立体。構成主義風デザインだなと思う。

 

崇仁テラス

大島桜の今。次の川掃除(4/4)のころには満開か、散り始めか。

 

崇仁テラス

団地が出来たこの春のテラスの風景は、去年までとはまったくちがう。

崇仁テラス

新幹線が通るのが見える。

芸大B地区ができると、新幹線も見えなくなるだろう。

 

そんなことを思っているあいだに、世界中が新型コロナウィルスでパニック状態だ。

密でない野外の作業場はいい。